FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野獣よりも野獣~責め合い、むさぼり合うセックス~

タイトル :小沢アリスE-BODY専属DEBUT

配信開始日: 2011/09/08
商品発売日: 2011/09/13
収録時間 : 118分(HD版:118分)
監督   :南★波王
メーカー :E-BODY
販売形態 :DMM通販(DVDトースターあり・1270円)・単品動画(500円~)・
        iPod / iPhone / iPad(500円)・Android(500円)


素晴らしいです。

画的に。

物凄く野蛮で、美しい。

全編を通して余計な台詞は一切ありません。
でも充分にドラマを感じさせる画。(だから萎える要素はほとんどない)
二人の服・ベッドカバー・室内の色の全てが調和しています。
そこで繰り広げられる眩暈がするほどアグレッシブなフロー。

これです。こういうのを見たかった。


波王監督のVは主にそのドラマ部分で、今までいろいろ不満があったのですが、
いつも「ジュン君を美しく撮る」ということだけは外さないでくれるかたで、
そこがありがたいようなありがた迷惑なような微妙な感じだったのですが、
今回、このVに出会って、何の迷いもなく波王監督を賞賛できることを嬉しく思います。

ジュン君の出演パートは
1:57からの大島さんとの3P、それに続く14:00~41:52のソロ、の2プレイです。

トップの3Pは海辺の大きな岩の前で。曇っていて風があるようです。
デニム、上半身ヌードの男達。
両側から体をまさぐられ、ジュン君のキスから。
白い綿のタンクトップにオイルがたらされ、
垂らされたところから一瞬にして透けていくのはきれい。
またアリスさんの肌の色と乳首の色と肉の質感が素晴らしいんですね。
大島さんのクンニのあと、ジュン君が指で2回いかせて、キスしあってここは終了。

ソロへの導入はものすごく綺麗。映画のワンシーンのよう。
見つめあいキスする二人。
下手な台詞が一切ないことが、ドラマをより美しく完全なものにします。
視聴者はそこに自由にストーリーを与えることができるから。

そう、一言も交わさないのに、
それは「プレイ」ではなく「ドラマ」というべきクオリティに感じられました。
「相手をむさぼりつくしたい」という互いの衝動がつたわってくるような。

獰猛で、執拗。

野獣より野獣な二人。

すごくいい。


ジュン君の美しい攻め顔、激しすぎる愛撫をこらえる苦しげな表情。
悩ましい声も甘いため息も、惜しみなく与えてくれます。

ほとんど残酷なほどのお掃除のあと猛然とキスしに行き、
舌をからませながらフェイドアウト。


ものすごかったわ・・・

何だか言葉が出てこない。ごらんになればわかります。

わたくし、セル版を手に入れるつもりです。

(あ、パッケージセンスは最低だから。そこまで期待しちゃダメwww)
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

まいど~( ・∀・)

気になる作品ですね☆

demiさんの評価は間違いないですから!信頼してますから!もちろん好みの違いはあるかと思いますが。

セル版で。とは相当良かったんですね♪

私もあれこれ観ても“やっぱりこれがいいな~♪”って作品が何作品かありますもん。

ビデオじゃないから擦り切れないし(^^ )

Re: まいど~( ・∀・)

いつもありがとうございます。
やはり反応してくださる方がいると嬉しいわ。
よいVって、ほんとになかなか出会えないのよね。
これは非の打ち所がゼロじゃないけどかなり少ない方(あくまでもわたくし的に)。
「ゼロじゃない」の内訳は、「アリスさんの『イク』の言い方が野卑」
「アリスさんがジュン君の口に指を入れたとき中を乱暴にかき混ぜすぎる」
の2点です。でもそれくらいで済んでる、ということ自体がレアです。
わたくしアリスさんは以前からビジュアル的に結構好きな子だったんですけど、
今までの共演プレイは、これはと思うプレイがなかったのね。
ざっくり言えば、わたくしの好きなタイプの女優は「きれいで嘘よがりしない人」で、
(神谷美雪とか、稲森しほりとか、男性にマグロと不評の藤沢美歩とか、他にも結構いる)
さらに「やんごとない姫的雰囲気」だったり(例・花房愛里)
「天然」がかってたり(例・美上セリ)するとツボ。
ダメなのは、自分を見せたいだけの人、ぶりっこ、嘘よがり、下品な人、
肌や歯並びがきれいじゃない人ですね(ほんとはもっとあるけどキリがないからやめる)。
いい女優(好きな女優)だからプレイが押しなべていいとは言えなくて、
逆に、女優さんはアレなんだけどプレイはイイと言う例もあってね。
難しいですね。だから発掘をやめられないともいえるわけで。
ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。