FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITA BREVIS~花の命はみじかくて~

タイトル:初撮り 新人 ピュア・アラウンド 真木彩花
発売日 :2009/11/13
収録時間:120分
監督  :カッツォ佐藤
メーカー: 百花美人
レーベル: 百花美人
販売形態:DMM通販・マーケットプレイス単品動画(200円~)
     ・ビデオ再生対応iPod / iPhone / iPad(200円~)
     ・Android(200円~)ケータイ動画(380円)


ジュン君の最初のキスから、涙が止まりませんでした。
感動とか名作とか、そういう言葉では言い表したくない。
このVでのジュン君のプレイは、わたくしにとって、きわめて特別な、そう、

神聖なものです。



真木彩花さん、32歳。
育ちの良い、おっとりした乙女がそのまま時を過ごしたような、可憐できれいな人です。
白いキャミソールに、淡いクリーム色の、フリルをあしらったオーガンディのブラウス、
それに良く似合うゴールドと半透明の白い石のネックレス、
レモン色のセミタイトなスカート、白いパンプス。髪はフェミニンなセミショート。
明るく柔らかい印象の、上品で控えめなお支度です。
質問に、小さな声で、言葉少なに、しかし丁寧に答える。言葉遣いも物腰も上品です。
男性経験は、長くお付き合いをしていた12歳年上のかた一人きり。
そのかたと3年前にお別れしてからはひとり。
その間、どなたとも性交渉はなかったそうです。
(身持ちが堅く、男性が気安く声をかけてくるような場所に出入りしない人なら、
 たとえ美人でもそれはありうることです。)

AVを1000本も見れば、
単体女優がデビューするときには、芸名以外にも
サイズ年齢学歴経歴境遇等、あらゆることが、
女優としての営業用プロフィールとして設定されてしまうらしい、
ということぐらいわかります。
(一般人の感覚ではこれは「偽装」「詐称」というべきですが、
 それがこうまでまかり通っているさまを目の当たりにした人なら誰でも、
 そう指摘するのが虚しくなるでしょう。)

でも、この彩花さんというかたの場合、
それがあまりにも違和感がなくて、とても「設定」「虚像」だとは思えなくて・・・
いえ、虚像でもいいんです。ただ・・・
なんというか、わたくしの境遇と少々重なってしまったたために、
わたくしが勝手に感情移入しすぎてしまって・・・せつなくなるんです。もちろん、
わたくしはこんなに可愛らしくもなくおっとりもしてません。
もっと憎々しいです。(白雪姫の継母のようにwww)
でも、一人の人に自分の人生でもっとも美しい季節を捧げて、
その愛を見失ったという点では共通しているので・・・
彩花さんは関係を清算されてお一人になる道を選び、
わたくしは踏みとどまっていまだに夫に繋がれている。
でももしわたくしが夫と別れることを選んでいたら。
わたくしにはなんだか彩花さんが、(たとえ容貌・性格はまったく違っても、)
パラレルワールドのもう一人の自分のように思えたのです。

かつて彩花さんがお付き合いしていたかたは彩花さんの先生か上司でもありましょうか。
もしかしたら妻帯者であったかもしれません。
多分二十歳前後で見初められておつきあいが始まり、それがそのまま29歳まで続いた。
言い換えれば29歳で終わらせたということで、
これには大変に重く深い意味を感じさせられます。

彼女の話によれば、彼との性生活は実に無味乾燥。
第三金曜日が「セックスする日」と決まっていて、
きちんとベッドにコンドームやティッシュを用意して、
順番に一人ずつお風呂に入り(哀しい)、では、という感じで始まるそうです。
愛撫の手順もきっちり決まっていて、イレギュラーなことは一切ないそうです。
フェラチオはおろか、お相手のペニスに触ったこともないそうです。
こんなに哀しい、さびしい、残酷な性生活ってあるでしょうか。
そういうことを、訊かれたことに言葉少なに答える形で
あくまでも淡々と語る彩花さんに、胸をつかれます。

彩花さんは、自分が件の年上の男性の「お気に入り」であると言う自覚はあっても
「愛されている」という実感は持てなかったと思います。
二人の間で、セックスは完全に単なる(男のためだけの)排泄作業に成り下がっていた。
自分は都合の良い小奇麗なオナホールに過ぎない。それでも、
その人を自分が愛していると思えるなら耐えられたでしょう(というか耐えるしかない)。

女は、自分の中に相手への愛がもうどこにもないことに気づいてしまった時、
男を捨てるのです。
(夫婦間であっても、結婚という形を維持しつつ家族であり続けながら、
 男としては捨てられてしまっている夫はかなりの数にのぼると思いますね。)

29歳と言う年齢は、
シンデレラの12時の鐘よりシビアに彩花さんの心の中に警鐘を鳴らしたはずです。

折角人並み以上に美しく生まれついたのに、
今となっては「不実でつまらない男」としか思えない人によって、
人生の花と言うべき季節をいたずらに拘束され無駄に消費された、
その無念はいかばかりでしょうか。

未来をながめても、
このまま、この人のもとで死蔵され、朽ち果てていくだけの自分しか見えないとしたら。

29歳、今なら間に合うかもしれない、今しかない。

そう思って、そのかたとの関係を終らせたのではないかと思うのです。

一人になって、清々と息をしながら日々を送り、
でも、あっという間に30の大台に乗って1年たち2年たち、何も起こらない。
彩花さんは気付く。
一人はとても楽であること。
自分には誰かと関係する気力がないこと。

だって彩花さんは既に知ってしまったのです、
ハッピーエンドの先には砂漠のような日常もありうることを。
別の誰かともう一度ハッピーエンドの先の砂漠化を再現するために、何かしたい、
とは思えないのでしょう。
女にとって、30代で人と付き合うということは、
結婚や出産を常に視野に入れつつ、短時間で人生の決断を迫られることを意味します。
そんな気力はない。

じゃあ軽く「男と遊ぶ」だけならいいかというと、
真面目に生きてきた女には「遊ぶ」ための方法論からしてまったく分からないし
「遊んでくれそうな男」というイメージには生理的嫌悪感もある。
世間一般の男のセックステクニックがどれほどのものかはわからないけど、
例えば「出会い系」なんかでは、「知的で上品で思いやり深くて上手な人」など
引き当てられるわけがないと思う。
得体の知れない男に下手に関わられたら大変ですものね。
くっつくのはわりと簡単でも、別れるのはものすごく難しい。
相手がまともな男じゃなければ尚更です。
これ以上、無駄に不快な思いはしたくない。
自力で生活することはちっとも難しくはない、むしろ気楽で快適。
だから男なんて不要、と悟れれば完全に楽になれるのだけど、
でも、捨てられないものがある。

それはたぶん「花のいのち」。

32歳なんですよ。
年とともに若さに代わる新たな魅力を蓄えていくという言葉は
どこか嘘くさく非現実的だけど、
若さそのものが砂時計の砂のように刻々と落ちて失われていく実感は、
はっきりと現実の重みを持って女を圧迫し、脅迫します。
自分の若さと美しさをとどめることができないなら、
せめて記録したいと思う女は多いでしょう。
自分のために、自分のヌードを絵に残したり写真に撮ってもらったりする若い女性達は
少なくありません。でも、それでは不十分なんです。


乙女の本懐は、自分の花のいのちを愛する人に惜しんでもらうことだから。

それは本来、
恋愛というハードで遠大な道を踏破してやっと手にできるご褒美です。
その道を行く気力が、今の自分に出るだろうか、という不安。

でも、恋は自分の意志や準備とは関係なく、「見舞われるもの」「おちるもの」で、
一種の天災です。おちてしまえば大変も何もない。行けるところまで行くだけです。
でもそれは来るかもしれないし、来ないかもしれないもの。
そんな偶然をぼんやり待っているうちに完全におばあさんになってしまうかもしれない。
その焦燥感は、どれほど烈しいものだったでしょう。

それに、自分が女の体を持って生まれた以上は、
女の体が享受できる分の快楽は享受したいと考えるのは欲張りでもなんでもない。
当然だと思う。
望むだけなら誰もがそう望むはずです。

女にとってほんとに幸せな気持ちのいいセックスは
「何をされるか」より「誰にされるか」です。
「愛する人に愛されること」以上の快楽なんかない。
そんなこと、彩花さんだってきっと百も承知でしょう。問題は、
そんな人が、自分がまだ美しいうちに現れてくれるのかわからない、ということです。

もし、恋愛感情はもてなくても、生理的に好感をもてる男性が、
技術的にハイレベルな体の快楽を保証してくれるとしたら。
そして自分の若さを記録にとどめることができたら。
この2つの望みを同時に実現できるツールとしてAVが提供されたら、
ふと乗ってしまう人がいてもわたくしは責められない。

それによって、少なくない見ず知らずの人々(スタッフや視聴者)に見られてしまう、
しかも、身近な人々にこの振る舞いが知られないとは限らない(それは
普通に生きている女にとって社会的な死を意味するくらいのおおごとです)、
という想像を絶するデメリットはあっても、
自分の体に備わった喜びがどんなものかもわからないまま死ぬよりはずっといい、
と彩花さんが判断したならば、だれがそれを責められるでしょう。
お金なんか問題じゃないんです。だって彩花さんは自分の人生に対して、
もらえるお金なんかでは贖えないほどの犠牲を払うんですから。
それでも、この体験で得られる「快楽の記憶」が、
これから先の自分をひそかに慰め、支えてくれたらいい。
彩花さんは、そう思ったんじゃないか、と思うんです。

彩花さんにとって、
これは自分の若さという「花」を悼む葬送の儀式だったのではないかと。



最初はインタビューです。彩花さんも声が小さいけれど、監督はそれに輪をかけて
ほとんど聞き取れないくらいの小声でのやりとりです。

カメラの前で、服を脱ぐよう指示され、素直に脱ぎますが、
非常な緊張とはずかしさのあまり、動きはぎくしゃくして呼吸をするのも苦しそうです。
単に脱いで裸体をさらすだけならまだよかったのですが、水色のブラとパンティになった時、
監督の指示で、ソファーに座らされ、脚をM字に開いた姿勢をとらされるのが、
AVではお約束とはいえ気の毒すぎて見ていられません。
普通の姿勢になることが許され、ブラをとるように指示されます。
パンティ1枚って、ある意味、全裸よりきまりが悪い気がします。
それでも、脚を閉じて普通の姿勢で座っていられる分、若干気が楽かもしれません。
背を丸めて無様にきまり悪がることもなく、
きれいな姿勢でしずかに座っている彩花さんが誇らしい。

そこに最初のお相手であるジュン君が、普通に着衣で登場します。
グレイと黒のボーダーの上に黒のTシャツを重ね、サイドラインのあるベージュのボトムス。
ジュン君、素敵です。(上が白ならもっと良かった)
だからこそ、こんなパンティ1枚の姿でお会いしたくはなかった。

彩花さんも一目見てハッとしたみたいです。
「はじめまして」とジュン君にご挨拶されて、
自分の格好も忘れてぼうっとしたように会釈する彩花さん。
なのにジュン君たらことさらに「おっぱい見えちゃってますけど」などとからかう。意地悪ね。
そうでした、という感じでとても恥ずかしそうに笑って両手で胸を隠す彩花さん。
しかしきっぱりと「ハイ(見えちゃってます)」とお返事します。けなげです。
「笑顔、かわいいですね」と言ってくれるジュン君。
返答に困りながらも「ありがとうございます」と何とか答えると
「隠しちゃダメですよ」と言われ、素直に手を膝におろす彩花さん。
「胸もすごいきれいだし」と褒めてくれるジュン君ですが、どう答えようもないし、
それで今の自分の格好のいたたまれなさがなくなるわけではないですよね。
彩花さんのためには、ジュン君もセミヌードのほうが親切だったと思います。
「もうずいぶん男性に触られてないんですか」「触られてないです」
「もったいないですね。自分で触るだけ」「自分で触ります」
「どんな感じで触るんですか」「・・・撫でる感じ」
ここで、「ちなみに、いい物を持ってきたんですけど」
と言ってジュン君が取り出すのは小さい「電マ」です。

月に一度くらい、女友達とお酒を飲んだ後は、寝る前に自分の体に触る事もあるけれど
触っているうちに眠ってしまうことが多いとインタビューで言っていた彩花さん。
アダルトトイの類は使ったことがないそうで、その戸惑う様は演技とは思えません。
彼との性生活や現在の状況を考えると、監督も本人も言及はしませんでしたが、
もしかしたら「いく」という感覚がわからないのでは、とさえ思えてきます。
わたくし自身はトイは苦手で、というのは気持ち良さよりも、その興ざめな電動音のせいで
情けなさときまり悪さが先に立つからで、だからこのパートは残念な気がしたのですが、
もし彩花さんが「いったことがない」状況なら、「いく」というのがどういう感覚なのか、
また、お相手がいなくても、自分に技術がなくても、簡単にいけるツールがあるんですよ、
ということを同時に教えてあげるのはいいことなのかもしれません。

戸惑い、ためらいながらも指示に素直に応じる彩花さん。
12歳年上の彼にもずっとそんな感じだったのでしょう。それが痛々しいです。
息を止め、顔をしかめて必死で初めての刺激をこらえる彩花さん。
肩を抱きかかえるようにして胸に回されたジュン君の手にしがみついて「いき」ます。

その後、衣服をあらためて、セックスプレイです。
杢グレイのスリップ型のホームドレスの下に白いキャミソール、下着は白です。
ジュン君は上を脱いだ状態。

ジュン君との会話の中で、かつてのお相手との性生活が語られます。
驚き呆れるジュン君。騎士道精神を刺激されたのではないでしょうか。

「キス、好きですか?」とジュン君に訊かれて
(一人としかしてないのにキス一般について好きか嫌いかなど答えられようはずもないけど)、
小首を傾げて少し考え、
「(彼と)ラブラブだったころは(キスも)楽しいと思いました・・・」
と小さな声で答える。

わたくしはそれを聞いて泣きました。

「キスしていいですか」と静かに言われて、一旦はハイ、と答えたものの、
見詰め合う間合いで「すごく下手っていうかあの・・・」
と突然うろたえだす彩花さんが可憐でもあるけれど痛々しい。
「全然いいんです。キスはうまいへたじゃなくて気持ちなんです」と返すジュン君も
どこか叱るような口調。そう言われてハッとしたように
半端な笑みを消して「はい」と真面目な顔になる彩花さん。
ゆっくりと彩花さんに顔を寄せて、キスをするジュン君。
その姿はたとえようもなく美しいです。神々しいほどに。


普段のきちんとした生活ぶりが全身の肌の美しさにあらわれているような彩花さん。
体はとても敏感で、キスの後に首筋を愛撫されただけで、
もう快楽を受け入れる領域がオーバーフローしている感じです。

彩花さんは、快楽をこらえてしまうタイプのようで、
声にして発散させずに息を止め、顔をしかめてがまんします。
今までしてもらったことのない、思いがけない場所への丁寧な愛撫に対して、
逃げ気味に体を硬くしながらも、ものすごく感じてるのが伝わってきます。
ほとんど苦しそうです。それでも、ジュン君は手を緩めることなく、
濃厚な愛撫で快楽を与え続けます。


与えられる愛撫が一段落して、今度は彩花さんが愛撫をする番に。
ジュン君にされた愛撫の余韻で朦朧としながらも、そっと乳首に舌を触れる彩花さん。
立ち上がってズボンを脱ぐジュン君。青い下着で彩花さんの前に。
ジュン君に促されて、下着の上から股間に触ります。うっとりしてます。
また促されて、下着を下ろします。ジュン君の態勢はほぼ整っています。
フェラチオはおろか、触れることすらさせられずにいた彩花さんにとっては
初めてしみじみ目にするペニスであったはずです。
ジュン君の前にひざまずいてペニスに見入る彩花さん。
その、少し怯えたような、恍惚と畏敬の表情。

尊いものを包むように両手で触れます。そっと口にします。
どうしていいかわからないようですが、彩花さんの従順さ、素直さ、真面目さは伝わってきます。
ジュン君が69に誘うと、受けるだけでいっぱいいっぱいになってしまいます。

ジュン君の体を迎え入れる時、半分だけで、もう限界、という感じでしたが、
ジュン君はひるむことなく、慎重にゆっくり奥を開いていき、全長を沈ませて揺すります。
彩花さん、内蔵をえぐられる感じを初めて味わったんじゃないでしょうか。
とても苦しそうです。甲も足の指も丸めてこらえています。
座っても苦しそうで、ジュン君が仰向けになり彩花さんを乗せます。
彩花さん自身が深さを調整できるようにするためでしょう。
充分になじませてから、後ろ手を突いた姿勢で(多分初めて)中でいきます。
体を前にたおさせて抱きかかえて下から突き上げる時は、ジュン君だいぶ加減しています。
四つんばいにさせて後ろから突くときも、力をセーブしているように見えます。
でも彩花さん的にはもう体に力が入らなくて、頭をつけて突っ伏したいのに、
そうするとあまりにも奥まで来過ぎるから腕で突っ張って背中をのけぞらせてしまうの、
わかります。苦悶と快楽の境目がもう見えないんでしょ。
お尻をつぶして平らになったところに上からぴったりかぶさって、
腕を回して抱きしめながら突いてくれるジュン君。
そのまま側臥に移行して、彩花さん、いきます。
そしてもう一度前から。
彩花さんにすれば、前戯ですら耐えられないほどであったのに、
体をつないでからは、それとは比べ物にならないほどの感覚に襲われたことでしょう。
怒涛の中でもみくちゃにされている木の葉の気分であったのではないでしょうか。

ジュン君の汗のしずくが彩花さんの体に落ちて、
みぞおちに小さな水溜りを作っています。
彩花さん、何度も追い上げられてはいき、いったまま降りてこられなくなっています。
最後には痙攣が。
その余波は、胸に精液を浴びてペニスを素直にお掃除したあとになっても去らない。


こんな風に死にたいと思いました。

まるで義憤と使命感に駆られたかのように彩花さんを力強く導くジュン君の姿が
かつてこれほど頼もしく、また神々しく美しく見えたことはありませんでした。






このあと、彩花さんはもう一人の男優さんとプレイします。
そしてこのVの後、同じ監督でもう一本撮って「真木彩花」の名前はAV界から消えます。
彩花さんにとってこれらの体験がどういうものであったか、
わたくしごときに推し量ることはできません。でも

現在の彩花さんが、どのような形であれ、平穏と安寧のうちにあって、
楽しく充実した日々を送られている事を祈願してやみません。







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。