FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月額でマドンナなど(制作2009年~2011年/8作)

DMMの月額ドリームchダウンロードTVは 月2000円。お手軽ですね。
13本以上の視聴で「借り放題プラン」よりお得です。
ドリームchの詳細に関しては、2004・5年もの2006年もののページでご確認ください。
ここでは「ダウンロードTV」で収蔵・配信されているVについてお伝えします。
期限は自動延長ですから、予定の視聴が済んだら解約の手続きをお忘れなく。

11月にお知らせしたドリームch紹介ページでは
2009年以降は、2010年の北条さんのV一本のみでしが、
このほど新規発掘作業により、
2009年ものとして3作、2010年ものとして2作、2011年ものとして2作の、
計7作をあらたに加えることができました。これで今回の発掘では
珠玉の名作「不動産レディ 翔田千里」を含む計15作が出土したことになり、
大きな達成感とともに終えることができました。
我がことながら慶賀の至りでございます。
わたくし、「マドンナ」の発掘はこれで大方済んだと自負しております。
しかし、ドリームch内の他メーカーはほぼ手付かずでございます。
必ずや埋もれたジュン君作があるはず。皆様のご協力を切に願いあげますとともに、
今後も鋭意努力してまいる所存です。
(っていうか、すべてのAVメーカーが男優名も公開して、
 DMMがそれで検索できるようにしてさえくれれば、
 こんな苦労しなくて済むし、女性ユーザーは確実に増やせるのにね・・・
 ずっとそう主張してるんですけどね・・・)

そうそう!マドンナの制作の皆様に苦言もあったのでした!
どういうわけか2009年12月発売Vのあたりから、
DMM掲載のサンプル写真が異様に少なくなり、
出演男優がほとんど特定できなくなってしまったのは非常に残念です。
このことにより、多くの女性ユーザーに門戸を閉ざす結果になっていることを
ハッキリ指摘しておきたいと思います。
一体どういう事なのでしょう。それまでのマドンナさんは、多くのサンプル写真で
出演男優をほぼ全員特定できるようにしてくださるありがたいメーカーだったのに。
これでは、ほとんどサンプルとしての意味をなさないと思うのですが。
たとえ男性ユーザーにとって男は邪魔だとしても、
セックスプレイのクオリティを大きく左右するのは男優です。
男性ユーザーだって、どの男優が出ているかによって、
内容が自分好みのプレイかどうかをかなり正確に推し量れるはずです。
ですから、男性ユーザーにとっても、
どの男優が出ているかという情報は有効なはずなのです。
これはマドンナのみならず全てのAVメーカーの方に声を大にして言いたいのですが
仮にも「サンプル」と称するならば、
内容がきちんと推し量れなければサンプルとは呼べません。
出演男優が全員しっかりと特定できる写真を載せていただきたいのです。
1枚ずつで充分ですから。5人の男優が出てるとしても5枚に過ぎないじゃありませんか。
あとの10枚以上は女優さん中心の写真にできるじゃないですか。
是非お考えを改めていただきたいものです。



2009年(3作)

堕ちた万引き妻 高坂保奈美 監督:[Jo]Style
虐げられ、抑圧された生活の中でドMの自分に目覚める女の物語。
ただ、Jo監督の野心が妙なかたちで結実してしまっているので、
まともに全部見るとバカらしくなります。
(特に主人公の自己弁護的で支離滅裂な長いモノローグが不快)
ジュン君の出演パートを上手に拾って見れば、プレイとしてはとってもモエモエです。
女優さんは見やすいし、ジュン君は2シーン+2プレイと出番も多いしね。詳しくはこちら。


堕ちた万引き妻 酒井ちなみ 監督:[Jo]Style
上記と同じ監督とは思えない完成度の高さです(ストーリー的には)www
Jo監督の手になるジュン君出演作の中で、
ドラマとしてはもっとも違和感の少ないVでした。

ジュン君の出番が少ないし役が軽すぎる点が非常に残念だけれども、
ジュン君を真剣に愛する者としては
佳作のチョイ役のほうが駄作の主役よりはるかにましですwww。

専業主婦のちなみは結婚して八年。夫婦仲は円満なのに子供に恵まれず姑に責められて
不妊治療におもむくが、そのあまりの屈辱的な問診や検査ですっかり心が沈みこんでしまう。
一旦家に戻ったものの、午後3時を回ったことに気付き、うつろな気分でスーパーに出かける。
そこで無意識に万引きをし、刑事上がりの万引きGメン・佐伯(笹木さん)の目にとまる。
佐伯は業務はきっちりとこなしながらも、落伍者としての自覚と
人生に目的を見失った空疎感にひそかに苛まれており、
万引きをする人間の抱える心の闇をどこか近しいものに感じている。
佐伯は万引きしたちなみの様子を不審に思い、店を出てもすぐには問い質さず、
インカムで部下に連絡を取り、ひそかに追跡を続ける。
3:19、ジュン君の声です!ジュン君はスーパーの保安員で佐伯の部下です。
ちなみはコンビニに入る。ちなみはそのコンビニでは万引きしない。
しかし店長(佐川さん)はちなみのバッグにこっそりと商品をしのばせ、
ちなみを万引き犯に仕立てて、事務所でレイプする。
この店長はいつもその手口で目をつけた女客をむさぼっているらしい。
佐伯はそれに見入ってしまう。しかし口を犯された後、下も犯されそうになったところで
我に返ってふみこみ、店長に手を引かせる。
礼を言うちなみ。佐伯はスーパーでの万引きには言及せずに去る。
ただ「自分でも何がしたいのかわからずに万引きをする人間は
心の中に救われぬ闇を抱えている気がする」という言葉を残して。
ちなみはその言葉に胸をえぐられる。
ちなみは自宅に戻り、自分のハンドバッグの中からでてきた、憶えのない商品に愕然とする。
自分は万引きしていたのか、と認識すると同時に、
自分はこれまで、今の生活にまったく満足などしていなかったのだ、と唐突に悟る。
その「飢えの自覚」に突き動かされるように猛然とオナニーするちなみ。
いったあとの虚しい倦怠感の中、夫からの電話が入る。
だらだらと服を直しながら出ると「病院、どうだった?」と明るく訊く夫。
「検査結果は2週間後だそうです」とうつろに答えるちなみに
「一緒にいってやれなくてゴメンな。でも母さんが早く孫の顔見せろってうるさくてさ。
不妊治療はタイヘンだと思うけど、やっぱこういうことって女に原因があると思うんだよ」
とここまで聞いて、あまりに罪悪感のない明るく無神経ないいぐさに思わず電話を切る。
すぐに再び呼び出し音が鳴り出すが、ちなみは受話器を取り上げない。
汚らわしいものを見るように電話を見ているだけ。
その後何日たったのか、例のスーパーで、佐伯をみつけ、
彼の目を見て意図的に万引きをするちなみ。店を出る。佐伯は追ってきてくれた。
佐伯に声をかけられると待っていたように「私を罰してください。救ってください」と訴えるちなみ。
佐伯はちなみにはこたえず、インカムで部下(ジュン君33:19)
「しばらく休憩に入る」と連絡をいれる。
「パチンコですか。勝ったらおごってくださいね」と可愛く応答するジュン君。
「ああ。あとはよろしくたのむ」ちなみは佐伯を自宅に招きいれる。からみあうふたり。
それから二人は互いに溺れるように逢瀬を重ねていく。
しかしある日のこと、いつものようにラブホテルで交わった後
「今度はいつ逢えますか」というちなみに「もう逢うのはやめましょう」という佐伯。
「あなたは家庭を壊すことができますか?私には無理だ。だから・・・もう、逢うのはやめましょう」
その日の帰り道、佐伯と連れ立って歩いているちなみを例のコンビニの店長が見咎める。
ちなみの生活は以前にまして無味乾燥な毎日となった。
自分でも自分を危ないと思い始めるちなみ。
そんなとき、どうして調べたのか、ちなみの自宅に電話をかけてくる店長。
謝罪するふりをして佐伯とのことやちなみの夫の職場を知っていることまでちらつかせ、
店に呼び出す。そして、今度こそ思いを遂げようというのだが、
それはかつての楽しみに水を差した佐伯への復讐もかねていた。
店長は佐伯の事も呼び出していたのだった。店長に口を犯されているときに佐伯がやってくる。
しかし意外にもちなみはさして取り乱さない。「佐伯さんよ。この女壊れてるよ。
万引きをすることで興奮してるんだ。今日は邪魔しないでくれよ」「・・・ああ」
ちなみは自分が汚されるところを佐伯に見せ付けることに奇妙な満足感を覚える。
佐伯はそれを察する。佐伯の前で思う存分ちなみをむさぼる店長。
顔を精液で汚されたちなみを、佐伯も犯す。
2:12:10保安課にむかって、スーパーの階段を下りてくる佐伯。
保安課の室内からは部下(ジュン君)の声がかすかに聞こえてくる。
万引き犯を連行した模様。
「奥さん、自分が何したかわかってます?これうちの商品でしょ。
あなた万引きしましたよね。なんでこんなものがここにあるんですか。
もしかしたら奥さん、他にも隠してるかもしれないから、その服、脱いでもらえますか。
身体検査ですよ。早くしてくださいよこっちも忙しいんだから」
そこにいたのはちなみ・・・
「見ている?またあなたが見ているの?・・・あなたが見ているなら、
私は何度でもこれを繰り返す。」と佐伯に向かって独白するちなみ。

下着とパンストになったちなみに「奥さんなかなかイイからだしてますね。
場合によっちゃなかったことにしてあげてもいいですよ。」と抱きつく部下。
「乳首反応してるじゃないですか・・・ほんとはこういう事期待してたんじゃないですか?」
犯されるちなみ。なすすべもなくそれを見つめる佐伯。
・・・という、泥沼にどんどんはまり込むような怖いお話ですがまとまってはいますwww。
ちなみさんの腋毛がすごくいい感じで生えてます。きれいです。
それにジュン君の保安員の制服がもう激モエ。


上司の奥さん 高坂保奈美 監督:ヒフミタツヲ
一見亭主関白な夫に抑圧されているかわいそうな人のようですが、
実は単なるドMなだけの、まったく同情に値しない奥さんの話。
キャラ的には前述の「万引き妻」のホナミさんとかなりかぶってます。
ドラマとしてはこちらの方がよくできてると思いますがジュン君のモエ度はあちらの勝ちかな。
ジュン君は1シーン+2ソロ。夫の部下で、
最初だけいい子ぶりっこであっという間に馬脚を現す卑しい男を演じます。
タイトルはジュン君視点ですが、それはタイトルだけの事ですwww。詳しくはこちら。

2010年(3作)

恩師に犯された若妻 雪見紗弥 監督:ヒフミタツヲ
この人を熟女と呼ぶのはどうなのかなって感じの若い人です。
矯正は無理でもせめてホワイトニングはして欲しい。
S~4:25ジュン君サヤの夫で、元高校の同級生。
夕飯はハンバーグのお皿にご飯・お味噌汁と漬物のみwwwグラスにつめたい緑茶。
テーブルにひじをついて食べるジュン君。できればそれはやめて。
夫は今日同級生の久保田君に会ったこと、担任だった笹木先生もまだおられると聞き
今度一緒に母校に遊びに行こうという話になったことをサヤに告げます。
笹木先生はサヤの憧れの人で、ラブレターを出した事もあったんです。
お風呂で笹木先生を思い出しつつオナニーするサヤ。でもこれはおかしいです。
サヤは久保田君にレイプされたことをものすごく引きずっているはずでしょ?
だったら、久保田君の話が出て、彼と会うことになった事で、もっと動揺するはず。
のんきに笹木先生をネタにオナニーなんかするわけない。
ここは、いつものように夫とお風呂にはいって洗いっこしてても気もそぞろ、
みたいなシーンの方が良かった。だいたい新婚で別々にお風呂入るってあり?
結婚21年目に突入したわたくしでさえ毎日湯女を務めさせられているというのに・・・
(夫婦設定なのにジュン君と一緒にお風呂入れないのって・・・すごい損した気分・・・)
(8:52~10:20)卒業した高校にやってきた二人。咲いているのは桜?
教室に勝手に入って(ありえない・・・www)
出席を取ってふざける夫(ありえない・・・www)。
「俺ちょっと先生呼んでくるわ」って何で最初に職員室に挨拶に行かないのだ。
サヤが教室で待っているとかつてのいじめっ子久保田が。
ここで久保田たち4人組にレイプされた時の回想。
(41:15~43:20)おびえるサヤに「何もしないよ。第一アレは」と久保田が言い訳しようと
したところで笹木先生を連れてジュン君再登場。白々しい談笑。
「先生、俺部室見てくる」と久保田が立ち「俺も」とジュン君も。
(43:57)「いつから?」と訊く久保田。「卒業してすぐ」
「女はこえ~な。俺てっきり笹木だと思った」といわれ、動揺する夫。
寝室で夫婦セックス。笹木先生との関係にこだわる夫を
「しっかり捕まえててくれないとどこかに行っちゃうかもよ」とからかいでごまかす妻。
わたくしこのフレーズ言う女って大っ嫌いなのよね~www。
プレイはルーティン的。潮吹きの後の指の抜き方は少し弾く感じ。
ジュン君の出番は後はラストに1カットだけです。
このあと、久保田がサヤをレイプしてカメラに撮ったのは
久保田の就職をたてにとった笹木先生の命令だったことがわかり、
サヤはその事実を学校で笹木先生に突きつけて犯されます(バカ)。
ジュン君は久保田君の知らせを受けて学校に赴くも既に二人の姿はなく、
サヤは笹木の家に拉致されたあとでした。そこで何をどうされるかは謎。
非常につくりが雑。ヒフミ監督ってVの完成度にむらがありますよね・・・www

ストリップ劇場で舞う母 美原咲子 監督:きとるね川口
ジュン君は美原さんの息子役。ドラマとしては、とても「いい話」なんです。
でも、母と息子が性交するだけの「必然の流れ」が全然ないのよ。
だから親子セックスのシーンは全然のれませんね。そこさえなければほんと「いい話」です。
詳しくはこちら。

増刊激烈美熟女vol.2 北条麻妃1:13:13~1:57:25 監督:伊基公袁
ジュン君の担当は第3話。マキさんはタケシ君のお母さん。
しなやかな体の、きれいなお母さんです。ジュン君はタケシ君のお友達。
ある時、タケシ君の携帯がつながらないため、家電の方にかけるジュン君。
それを取り次いだお母さんは、その声にときめいてしまうんです。実に共感できますねwww
後日また電話があった時、タケシ君は留守なのに、お母さんはそのままジュン君と通話を続け、
ジュン君が彼女のいない童貞だと聞き出すと、テレフォンセックスへと暴走www。
しかし残念なことにというか幸いなことにというか、1:16:30以降はマキさんの一人芝居となり、
ジュン君は声も姿も出なくなりますのでとばして大丈夫です。
1:25:38から、しっかりとかっこかわいいジュン君をごらんください。
その日、息子のタケシ君が出かけたあとで、またもジュン君から電話。
マキさん「タケシはすぐ帰ってくるから」と嘘をついてジュン君を家に呼びつけます。
冷たい麦茶を出されても、ジュン君はマキさんを正視できません。そりゃそうですね、
数日前に、はしたないテレフォンセックスなどしてしまった相手(しかも友達の母親)に
面と向かっているわけですから、きまりが悪くて当然です。
それにマキさんの、舌なめずりの気配というか、今にもとびかかってきそうな物々しい雰囲気に
怯えてもいるのです。このジュン君の怯えた顔がもう、ものすごく可愛らしいのwww
この緊張に耐え切れず、思わず「あの、タケシ君は?」と訊きますと
「当分帰って来ないと思うけど」とにんまりされます。
ぎょっとするジュン君。それを合図に襲い掛かるマキさんwww
いきなりキスされた時のジュン君の激しく戸惑ってる表情が可愛い!
純情童貞君の演技がほんと上手ですね。ジュン君て、こんなにかっこかわいいのに
それが白々しく見えない所がいつもながらすごいですね。

でも、あいにくなことがあるんです。
このV、「劇画的SEXと淫語」、とサブタイトルにあるように、キスやクンニ、ファック時、
画面上に劇画のような効果音のテロップが出るんです。
それがプレイに一層の下品さとバカバカしさを与えてしまうんですね・・・
折角の見やすい女優さんですのに、非常に残念です。(フェラ時はなぜか出ません。)
また、「淫語」方面でもマキさんが熱演してますので、それも萎え要素ですね。
「効果音テロップと淫語」を抜きにして見ても、演出の詰めの甘さが目立ちます。
例えば、キスの時舌を出すことさえおそるおそるで(可愛かったわ)、
性器を初めて目の当たりにした男の子が迷いなく膣に指を入れられるでしょうか。
しかもあんなに巧みに動かせるわけがないwww
そして、マキさんを指でいかせてしまったあとで、今度はペニスを入れようという時
「場所がわかる?ここよ」といった台詞は今更というか、どう考えてもナンセンスですね。
設定をきちんと貫くことと、流れを乱さないことが大事。そうじゃないと萎えます。
でもジュン君ちょうどいい色に焼けて、たくましい胸筋が美しい。
乳首を舐めながらマキさんを見上げる顔がものすごく可愛い。
顔に乗られながら、乳首を触られて、可愛い声をあげて体をびくん、てさせたり、
フェラされて「おかしくなりそう」なんて言うんですよジュン君たら。もーほんとに可愛い!

(でもおかしくなりそうなフェラには見えないのが残念です。一見いやらしいんですけど
がつがつしているようでいまひとつみっちりしてないと言うか、あっけないんですよね、フェラが)
バックでスタートし、背面座位を経て、テーブルに寝そべったマキさんに前から。
内腿にフィニッシュです。全ての体位でイって見せるマキさん。
精液はゼリーのような固さ。素晴らしい・・・マキさんもそれに感嘆して見せるくせに、
夢中で食べちゃうふりしてごまかす(舐めてもいない)のは感心しません。
ジュン君は童貞設定だからなのかどうか、今回はピアスしてません。
Vネックで紺と緑の太いボーダーの半袖。色落ちさせたデニムに白の細いベルト、
パンツは紺系のチェックのトランクス(レア)でした。


2011年(2作)

謎の五十路シンガー 極秘来日AVデビュー!! 新堂綾乃 監督:朝霧浄
わたくしこの監督はこれが初見です。カナで書くと「アサギリジョー」となり、
ジュン君の「オダギリジュン」と非常に酷似したAV的命名法なので(w)
一瞬ジュン君の別名だったりして、など邪推を突っ走らせたのですが、
V中でナレーションしたり女優さんに話しかける人が監督なら、ジュン君とは別人です。
女優さん本体が、せっかく、知的で上品でちゃんときれいなかたなのに、
作り手側があまりに嘘くさい営業用プロフィールを設定し、
それを補強するような馬鹿らしいインタビューをやらせたたあげく、
大根演技しかできないのが当然の素人に、超バカな脚本でドラマをやらせたため、
買った人間が「ま、AVだから」と自分を宥めるしかない代物になってしまっています。
ほんとに綾乃さんはきれいなかたなんです!なのに・・・
せめてドラマでさえなければどれほどマシだったかと思うとつくづく残念です。
あ、ジュン君は息子役でものすごく可愛く爽やかなお支度です。

詳しくはこちら。

人妻温泉ブロガー AVデビュー!! 秋野千尋 監督:朝霧浄
後編7:04~34:09
またまたアサギリジョー監督です。やれやれ。
女優さんは見やすい人です。ほんとに温泉ブロガーかどうかは知りませんしどうでもいいです。
ただ、ジュン君の出演パートは千尋さんのお勧めの温泉ということになっているのですが、
非常に浴室の老朽化が進んでおり(所々浴槽の縁が壊れていたり、
装飾の琴柱灯篭の片脚が壊れてなくなって(w)いたり、壁はカビているし
サッシのパッキンが垂れ下がっていたりして)、まともに営業している宿とは到底思えず、
衛生的に非常に不安な気がwww
(つぶれた温泉旅館をスタジオとして買い取っているのでしょうか?)
それにしても、そういうモノ(足の壊れた灯篭やら垂れたサッシのパッキンやら)を
平気でフレームに入れてしまう監督というのも、おおらかと言うか無神経と言うか
さすがですね。

ジュン君出演シーンは、千尋さんの温泉レポートから。
恐るべき棒読みで「効能」のイントネーションが間違っているのは
AV女優としては全く普通ですからいいのですが(よくはないけど言っても始まらないのでね)、
キス受けが悪いのと情のないフェラはいただけませんね。プレイは浅くルーティン的です。
全裸でウサギの耳をつけて、時代劇に出てくる「おふれ」の木の看板みたいなのを持って、
温泉レポートをする千尋さんを見て「懐かしいですねえ~」ってジュン君が言うけど
何のこと?って思ったら昔そういうTV番組があったらしいです。
「これを懐かしいという人は30代以上です」って監督(?)が。
わたくし46ですけど全く知りませんよ。
ジュン君たらおつむにタオル乗っけちゃってます(爆)。(ある意味見所)
ちょっとおっぱいに触って、乳首を舐めて「こりゃいいわ~」っていうジュン君が
ものすごくオヤジくさいwww(ある意味見所)
で、「これは相当効能ありそうですね。
 最近ちょっと勃起障害で悩んでたんですけど、おかげさまでホラ」
と立ち上がったジュン君のペニスはくっきり上を向いてますwww(ハッキリと見所)
そして「もうちょっとでもっと元気になるんですけど」と充分元気なのにフェラに誘導。
「これは効果ありそうですね」って褒めてくれるけど、
ぜんぜん舌を使わないでかぽかぽさせるだけのフェラに見えて、わたくしは乗れませんね。
横からもなめさせますがダメですね。
「どうですかこれ、良くなってますかね」「良くなってます」と言ってますが、
最初に見せたときより先端が下がってきました。
フェラで萎えさせてどうするwww(ある意味見所)

胸に挟ませますが女優が役に立たないのでもっぱらジュン君が動いてその場をしのぎ、
ここでばかげたウサギ耳をとり、女優をお湯の上で仰向けにして乳首をなめクリに触り
「何でここヌルヌルしてるんですか」とお約束発言でからかい、クンニ。舌見えず。
後ろ向きにしてお尻を突き出させ、指入れ。そのまま浴槽の中にお尻を沈めさせて、
しばらく中で動かして、立たせて片足を浴槽の縁にかけさせ、あらためて指を入れます。
「気持ちよくしてあげるから・・・」と
ほとんど本人にしか聞こえないくらい小さく囁き(激モエ)、

抱きかかえて乳首を吸いながら指を使います。潮を吹いたかどうかは視認できません。
そのあとちょっとフェラ。かなり軟化しているwww「強く吸って・・・」とご指導。
態勢が整って「どうしたい?」ときき「入れたいです」といわせてバックから。
片脚アゲをして浴槽の外にしかれたソープ用マットに仰向けになり「おいで」と誘うジュン君。
騎乗させて、後ろ向きにして、正常位でフィニッシュ。
胸に出し、お掃除させますが、なるべく舌が触らないようにしてる感じが興ざめ。
おなかひっこまないね・・・紅葉はとても綺麗でした。


以上、8作をご案内いたしました。
記載漏れ、誤り等はお知らせください。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。