FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月額S1(制作2009年/23作)

DMMの月額S1は、月3980円。ちょっとお高いですね。
普段でも25本以上視聴できるなら「借り放題プラン」よりお得ですが、
年に一度の半額キャンペーンをご利用になることをお勧めします。
すると、最初のひと月はなんと1990円!
もちろんひと月だけで退会でもOKです。(わたくしはたいていそう)
ご利用にならない手はありませんわよ!
大体いつもお盆の前後に半額キャンペーンをするみたいですね。
わたくし17日にすべりこみ入会しまして、現在家人の目を盗んで鋭意鑑賞中。

期限は自動延長ですから、予定の視聴が済んだら解約の手続きをお忘れなく。


2009年(23作)
無限絶頂!激イカセFUCK  有沢実紗 44:22~58:14~1:20:14

りんねのセックスじっくり見せてあげる 咲美りんね(16:48~42:30)
なかなか良かった。りんねの奉仕の態度や舌使いがいい。
本気でよがってるけど声が出ないタイプで、うるさくないのもいい。
息遣いが激しくなるのと表情の豊かさで「よさ」が確実に伝わります。
ジュン君はザクザク髪、白バンドの緑パンツ(一徹君とおソロ)。
りんねはパフスリーブのブラウスに黒白チェックで黒リボンのショートパンツに、
乙女なピンク+黒リボンのブラパン。髪は前髪ポンパドゥール。
おっぱいをもみもみするときのジュン君の顔が可愛い。クンニたっぷりで嬉しいな、
と思ってたら途中ブツリと切られました(泣)・・・りんねが上になりジュン君にキス、
耳舐めから乳首へ。胴の正中線をなめるなどこの子は「わかって」いますね。
もっとみっちりやらせたかったけど早々にフェラに。
でも、パンツの上から触る時の崇めるかのような表情とか態度が大変良ろしいです。
たっぷりフェラ後、69になり、背面顔騎でいかされる。ジュン君どんな技を・・・?
とにかく舌でいってすぐ入れてもらえるなんてものすごい贅沢!ファック中は、
だっこで下から突き上げられてイキ、バックでイキ。
前から両腕を押さえつけられてむき出しの腋を舐めながらガンガン突いてくれるという
すごいサービスもあり。あ、そうだ。クンニカット以外に不満があるとすれば、
69のときジュン君のペニスを右手でしごきながら、左手をジュン君のお腹に
どっかりついていたのはどうかと思うわ。苦しいでしょそんなことしたら、ジュン君が。
あと舌苔。

隣の誘惑お姉さん 松島かえで 24:00~50:23
酔っ払いのジュン君。カワイイ。「やだ、くさい」「いいじゃんもうがまんできないんだから」
とありがちな始まりですが、ジュン君がリードなのってイイです。
まあフェラ時やわらかそうですが。いいのか酔っ払ってるから。ある意味リアル演出なのか。
(酔っていて柔らかめのペニスでいたすのも気持ちよくて好き。
 おっきな舌が入ってるみたいじゃない?カレ(旦那様)が酔っ払った時は狙い目ですよ。)
とにかくアングルは悪いんだけどやたらクンニしてくれるんだわ・・・
後ろから、前から、指いれしながら。69も2体勢、あとファックの合間。こんなのめずらしい。
あ、潮吹きはなかったわ。でもやさしく指でさぐってくれてたからいい。
ジュン君両膝にキズパワーパッドです。痛々しい・・・

究極の黄金比BODY  麻美ゆま 45:00~1:10:00
AVで非常に良く使われている、どこかのお宅の屋上のお風呂のようなプールです。
ジュン君の黒ビキニに動揺しました。ゆまは極小ひもビキニ。黒ひもで身頃ピンク。
導入コントは激萎え系。プレイは普通にあっさり終了。ねっとり掃除つき。
対ジュン君初お掃除プレイではあります。そのわりには・・・ね。

芸能人×エスワン解禁 月見栞 25:00~56:04
レンタル版で見ると損しますよ。モザイクで何も見えない上いいとこカットしてるし。
ジュン君は久々に「7」のTシャツ。物言いはちょっと上から。
クンニのアングルもまあまあ。ジュン君のよだれがたらっと流れるのがいいです。
潮吹きの後は栞さんがジュン君を舐めますが、これが短いけど結構イイの。
パンツを脱がせて腰骨を舐めたり。腿からあばらまで舐めあげたり。わかってるのね。
もっとみっちりやらせたかったのにフェラはちょっとですぐ69。
前から入れ、片脚上げで1イキ。だっこ座位、後ろ手つきになり倒れこんで2イキ。
騎乗したあとバック。レンタル版はバックからなのでうまみがないわけ。
すぐ前に戻って顔射・掃除。この子にはみっちりやらせたいですね。

新人×ギリモザ 卯月麻衣 (3:00~10:20/11:03~39:10)
4社同時デビューの麻衣さん。ジュン君はそのうち3社のVでお相手してます。
新人のデビューモノでは「初脱ぎコーナー」があるのがお約束ですが、
ここではその進行をジュン君がしてるんです!こういうのめずらしいですね。
全裸になった麻衣さんに「すごい綺麗だよ」といってくれるジュン君の声は録音して
ことあるごとに自分を励ますために使ってください。効果覿面ですよ。

麻衣さんはいかにも育ちのよさげなところがわたくしごのみですが、
プレイでは照れくささからか(なぜかおばさんくさい)笑いが止まらないのと
してるときのお声が大きいのが玉に瑕。ジュン君はものすごく綺麗です。

めぐは潮吹き若奥様 藤浦めぐ(志戸君と3P 52:37~1:21:18)

枕営業 月見栞 50:19~1:18:50

エスワン解禁 佳山三花 7:14~34:10

ギリモザ猥褻痴漢 みひろ 40:45~1:12:04
座っているお客さん数人、という環境の路線バスの中で。
一人つり革につかまっているみひろの背後に立ってお尻におさわりするジュン君。
一番後ろの席に逃げてやりやすい状況を提供するみひろwww。
もちろんすぐにジュン君も隣に座ってあげます。
「こういうの好きなんでしょ。わかるよ・・・」というジュン君の囁きがもう・・・。
引退作のコメントによると、このシーンは実際にバスで路上を走りながら撮影されたそうです。
通報されなくて良かったですね。クンニのアングルはいいのにモザイクが濃くて残念ですね。
乳首を弾きながら「ほんとはきもちよくてしょうがないんでしょ・・・」と言うジュン君。
ラビアにさわりながら乳首を舐めてくれます。「ほら。君も好きなんだこういうこと・・・」
と指を入れるジュン君。全般、ジュン君の囁きにクラクラです。

頭をがっちりつかまれて、イラマ気味に根元まで銜えさせてくれます。
ほお袋を突かれるのは痛くて嫌いです。王様フェラ(女優の股座から覗くアングル)のときは、
前面フリルとギャザーのミニスカートはよろしくないわ。邪魔な布をおえきれないでしょ。
脱がせれば済むことですが着たままがお約束のプレイなら明らかに衣装の選択ミスですね。
ジュン君が右脚を座席にかけたバックのロングショットがことのほか美しいです。
フィニッシュは前から顔に。お掃除のとき顔がジュン君の腿で挟まれるようになるのが素敵。

キス魔な芸能人 月見栞
(キスしながらオナニー1:19:31~1:29:57/黒田君と3P 1:31:47~1:56:50)
オナニーコーナーの導入イメージがジュン君とのキスシーンで、とてもきれいです。
オナニーは「ジュン君に命じられてして見せる」形になっていて、そばにジュン君がいて、
会話とキスを交えて進行しますのでここは飛ばせません。これに続いて3Pです。
3Pの導入イメージは黒田君とのキスシーンで、そのままプレイにフェイドイン。
ジュン君はだいぶしてからそこに参加してくる形。
プレイ中、ほとんど常にどちらかとキスしてます。
Wフェラのあと黒田君と69してるときジュン君がキスしてきて唾液をくれます(1:43頃)
ファックはそのまま黒田君に背面騎乗。対面騎乗になってしばらくしてから、
腰を浮かせて抜いてそのままの姿勢でジュン君が後ろから入れてキスしてくれます。
すごくキレイ。

ここで、黒田君が下から、ジュン君が後ろから、と何度も交代で入れてあげるのが新鮮。
いっそDPだったらもっと贅沢でしたね。黒田君の立位、ジュン君のソファでの対面座位、
黒田君バックを経て前から入れ、ずっとキスしながらおなかにフィニッシュ。
お掃除させてジュン君に交代しますが、1:54:05、ジュン君入れて、
黒田君のお掃除をした栞さんの口になんの躊躇いもなくキスしてくれます。
感動しますね。
ここでもう一度唾液をくれます(1:54:44)。ずっとキスしながら突いてくれて、
キスしながらおなかに出します。この終わり方はいいですね。
丁寧にお掃除し、おなかの精液も掬い取って味わって終了。

栞さん自身も「キスが大好きなので今までで一番気持ちよかったVになった」とコメント。

暴走する肉体ロマン 佳山三花 1:30~22:44
オープニングからジュン君のプレイにフェイドインします。
赤い鉄の階段を下りたところはコンクリート打ちっぱなしの殺風景なガレージ。
そこに銀色のちっちゃな2人乗りのオープンカーがあります。シャッターは下りています。
そこの運転席に身を滑り込ませる三花さん。ほどなくバックミラーに、
階段を下りてくるジュン君の姿が。ここが一番興奮します。

OLびんびん物語 凌辱編 かすみりさ 他 58:00~1:24:50
オープニングで男優がクレジットされてて、一瞬感心しましたけど、
ジュン君の名前が出てないんですけど。それどころか、「Cast」として紹介されてる人が、
誰一人として出てないんですけど。クレジットされてるのは記載順に敬称略で「たぬま・
大島丈・吉村卓・タツ・南佳也・久保田・澤地・鈴木一徹・森林原人」の面々。なんなの?
って思って調べたら、これの前作「誘惑編」のキャストのクレジットをそのまま流用したために
起こったミスだったんですね。こういうことやってるから業界全体がバカにされちゃうんですよ。
前作同様、今回もザック荒井さんと苺原さんの共同監督作です。
きちんとすべきところはきちんとしなさい。
今回のキャストは、出演順に、ソロで戸川夏也さん・ヤマガタさん・ジュン君・しみけん、
5・5乱交で野島さん・クロサワさん(セツネくん)・黒田君・貞松君とあとお一人。
(すみませんお名前がわからなくて。一瞬矢吹君かと思ったけど違うよね・・・)
5人の女優さんは、「エスワン製薬」で新しい勃起促進剤を開発したメンバー。
前作「誘惑編」ではその効能を試すため手近な男性で実験、というお話だったらしいの。
で、今回は、その効き目が強すぎて、勃起がおさまらず、日常生活に被害を受けた消費者に
メンバーの皆さんがいろいろな場所で報復されてしまうというお話です。
ジュン君は会社帰りのりささんをどこかの階段室みたいなところで襲います。
ジュン君たらねえ、ヤクザの人みたいなの(ぷ)。黒地に髑髏と花の絵柄のシャツ。
どこに売ってるのかしらね。「おまえらのせいじゃ。こいや!」ってどこ弁?
ゴメン、にやにやしちゃった。巻き舌がかわいいから。

交わる体液、濃厚セックス かすみりさ 27:49~53:35
黒の花唐草が素敵な白い布張りの大きなソファ。おしっこで汚すのはもったいないな、
と思ったら、思いはみな同じなのか、潮吹きなしでした。(笑)

麻美ゆまの美尻に押しつぶされたい (ピエールさんと3P 1:28:00~1:55:15)

女教師放課後の秘蜜 佳山三花 (3:42~5:53/38:30~41:09/1:33:24~1:55:12)
あの[Jo]Style監督です。今回のジュン君は数学教師・宇崎です。
設定キャラは、安っぽく疲労感漂うセクハラ教師、おまけに卑劣、というところね。(笑)
自分のクラスのイジメ問題を三花に告発されそうになって、彼女を黙らせようと、
生徒を使ってレイプさせるけど、(って言うかこの時点で、なぜレイプすると
女がおとなしく思い通りになると思うのかが素朴に不思議で仕方がないんですけど、
まあ[Jo]Style監督ですから・・・)逆にその生徒を取り込まれたのに気付かず、
休日出勤したとき三花に「私を汚してください」と甘いことをいわれてうかうか乗って、
三花をレイプしたことにされちゃって辞職するハメに。情けないwww
三花さんは今までにないイイ感じの痴女キャラでしたね。結構似合ってる気がしました。
大沢君が生徒で秘密の恋人の拓海を演じます。目隠しされて拘束されてる所、かわいかった。

学校でセックスしよっ 大空かのん 4:16~29:33
ジュン君は回想シーンで登場です。高1の春、放課後の体育準備室で告白してくれます。
「・・・あ・あの・・・さ・・・実は・・・俺・・・大空さんのこと・・・つきあってもらえませんか・・・」
この拙さがモエですね。そして二人はおつきあいの末、ついに初H。
でもあいにく、恋の高揚感がないし、初H設定としてはいろいろありえないフロー。
脱がせ方も含め、AV標準フロー(手抜きバージョン)といったところです。

純心少女 佐伯さき (AV初H 21:15~59:18/トイ 1:04:30~1:16:12)
19歳、経験人数一人、フェラ未体験。カメラの前での「初脱ぎ」は、めずらしく好印象でした。
卑しい媚びや自慢たらしさのない子だなって感じ。心にもない無駄な卑下もなく、
自分を実際以上に思い込んでいるという勘違いもなく、好感度・大です。
わたくしは気に入りました。お尻のぶつぶつさえゆるせるくらいですw。
人生初フェラをへて、AV初Hはジュン君です。前戯はタイヘン良い雰囲気。
たぶんこの子は、「処女ではない」というだけで、経験らしい経験はないと思うんですね、
回数的にも内容的にも。だから愛撫されても、声を出すことなんか思いもよらなくて、
逆に息を止めて顔をしかめて、快感をこらえてしまう。勘違い女子じゃない限り、
はじめはみんなそうだったでしょ?ジュン君を受け入れて痛がる感じなんかほぼ処女です。
っていうか実は処女だったりして。騎乗させますが痛そう。バックをしてみますが、これも痛そう。
ヴァギナが浅いのかもね。奥も練れてない感じだし。ジュン君のも少し柔らかくなってるから
そんなにつらくはないと思うんだけど・・・。前に戻って「何が入ってるの?」と何度訊かれても
ついに言えません。いいんです。それが普通です。フィニッシュは胸に。掃除なし。
感想は「恥ずかしかった。」ということですが、事後の雰囲気は悪くなく、笑顔もあり、
ジュン君にもきちんと「ありがとうございました」といえました。
イメージでおっぱいをもんでるのは一瞬ジュン君かと思いましたが大沢君でしょう。
巻き毛がちらっとみえるし左手の甲にほくろがあったし。
ジュン君はその後トイオナニーの補助をします。っていうかしてあげるんですけどね完全に。
このコーナーでどんどん引いちゃった感じもあるさきちゃん。性的な快感を受け入れる準備が
心身ともに整っていない感じです。いい意味で普通で、このお仕事にはむいてないみたい。
2人目は大沢君です。前戯の間は結構いいんだけど入れるとやっぱり痛そう。
で、顔にかけられて素でぎょっとしていて、「きれいにして」って言われるけど
あまりにも思いがけなかったみたいで、「ぱくってくわえて」って言われても、
舌先でちょろっと舐めるのがやっとみたいでした。感想を聞かれたら「憶えてない・・・」と。
よほど顔射とお掃除がショックだったんでしょうか。この1本を撮って「無理!」と思ったのか、
さきちゃんはどこかに行ってしまったそうです。それもわかる気がする。こういう仕事する子って、
ある意味、「全世界の男は私のもの」「すべての男を魅了したい」って思ってないと
やってられないんじゃないかと思うのね。男うけがすべて、という子じゃないとね。
あるいは、人に見られてどう思われるかはどうでもよくて、とにかくセックスが好き!という子か。
(わたくしはそういうタイプの女優さんが断然好きです)
さきちゃんはいい意味で、「そのどっちでもない普通の子」に近いんでしょうね。
じゃあ一体どういうつもりでこの仕事をやってみる気になったのか。ナゾですね。
寝てるだけでものすごく気持ちよくしてもらってお金がもらえる、とか口説かれたんでしょうか。
世の中そんなに甘くないんですよね。

犯された女教師 音羽レオン(4:27~4:50/13:13~15:04/37:18~1:05:15)
これは冒頭のレオンの独白でドラマとして終わってしまいました(早・・・)。
脚本は雨宮まみさん。彼女のブログのひそかなファンとしてはかなりショック。
レオンは教育実習生です。小学校教員・中学校教員・高校教員の養成課程と免許は
それぞれ別なので、レオンの独白のような「小学校を希望していたのにそれが容れられず、
高校で実習することに」ということ自体ありえないですね。それに実習は、大学の付属校か
自分の母校でするのが普通ですし(レオンの母校は女子高)、実習を断られる人がいるなんて
聞いたことないけど。教科の違う人が担当教官になることもありえないしね。でもここでは
数学の君塚先生(森林君)が国語のレオンの指導をするんです。
こういうこまかいところをないがしろにされると、ドラマにのれなくなっちゃうのよね。
虚構だからこそリアルにきちんとしてないとね。(まあ[Jo]Style監督だけど・・・)
ジュン君は、同じ実習生の金森秦。下心みえみえでレオンに話しかける金森君。
うちとけられないレオン。高校時代に教師にレイプされて以来男性恐怖症なんです。
ここでも君島先生にやられちゃって、でも休まず出てきて(偉い・・・?)保健室で
寝てる(出てきた意味なしw)レオンに、金森君が一服盛るわけ。何の薬か知らないけど。
「聞いたよ、ひどいめにあったんだって?」「なぜそれを」「大丈夫?水持ってきたよ」
と薬入りのグラスを渡し、それをぐいぐい飲むレオン。味が変だとか思わないの?
「可哀相に。男はそういうやつばかりじゃないんだよ。君がかたくなな態度をとるから、むこうも
ムキになっちゃったんじゃないかな」「私が悪いの?(ニヤニヤしちゃだめでしょレオンちゃん)」
「悪くないよ。ただ君も男を受け入れる必要があるってことだよ」というわけでここでもレイプ。
キスしてくる金森君を振り切って逃げようとして腰砕けに。
「安定剤が効いてきたみたいだね。」安定剤ってこうなるの?
「男を怖がらないで。」って薬盛っておいてそういうこといわれてもねwww
「やめて」と口だけ抵抗するレオンに「それは無理だよ」と静かに答えて両手を押さえつけ
「君の存在そのものが男を欲情させるんだよ」まあ。絶賛ですね。
ジュン君に言われたら気分イイでしょうね。かんじゃって惜しかったですね。


犯された芸能人 月見栞 43:30~1:16:03
ジュン君はグラビアカメラマンの小田切センセイです。
撮影が終わったところで栞を食べちゃいます。
栞さんの、白いレースのピンクサテンのブラ、いい色ですね。すごくきれい。
萌えポイントは、潮吹きのとき「ダメだよガマンしちゃ・・・」ってジュン君に叱られるところ。

猥褻痴漢 藤浦めぐ (セツネ君と3P 1:30:23~1:58:34)
みひろの猥褻痴漢で使ったバス。一番後ろの席で居眠りしているめぐ。
二人に挟まれやすいように席の両側を空けて寝ていますw。乗客はバスの中ほどに
ジュン君とセツネ君が座っているほかは、前の方にあと二人だけ。
一人は爆睡、一人はゲーム、という環境。ジュン君がセツネ君に合図して、
二人でうなずきあって襲いにいきます。息を吹きかけるジュン君。膝に触るセツネ君。
はさみをとりだしてじょきじょきとスカートを切っちゃうジュン君。起きないめぐw。
脚を大きく広げられて、クロッチにさわられてやっとお目覚めです。
大声を出そうとしためぐの口をふさぎ「静かにしろ。このバスは誰も助けに来てくれないんだよ」
というセツネ君。助けに来ないなら叫ばせといたってだいじょぶじゃないのw?いいけどね。
きっとうるさいのが嫌いなのねw。レイプはキスからですw。
ジュン君は黒いシャツ。ボトムスはベージュ。サイドラインが素敵です。
二人で乳首にさわりながら耳を舐めてくれます。二人で乳首も舐めてくれます。
お尻をむかれて二人にさわられます。ねとねとの指を舐めさせられます。
セツネ君がめぐをホールドしてジュン君が指を入れながら舐めてくれます。贅沢。
その後潮を吹かせます。Wフェラは二人のペニスで顔をぺちぺちされながら。
でもほお袋を突かれてばかりなのは痛くてやだな。
セツネ君のアナルを舐めさせられます。ジュン君に頭を押さえつけられるの。
次にジュン君のアナルも(わーい)。そのあとの、二人のお尻にはさまれて
アナルを交互に舐める画はなんだか笑えるwww
セツネ君のイラマ、最初の突きでちょっと吐きましたが、がんばって続けます。
その間、ジュン君はずっと胸とクリをさわってあげます。
ジュン君にちゃんとイラマしてもらえないのが残念ですが、
めぐさんあまり奥開かないみたいだし。イラマはきつそうだけど愛撫自体は丁寧だったわねw
ジュン君のファックはもっぱらバックのバリエーションです。ジュン君白いスニーカーがカワイイ。

美しく淫らに燃えるセックス 佳山三花(しみけんと3P 1:08:50~1:47:12)

犯された社長秘書 みひろ(12:06~15:50/40:42~42:21/45:10~1:27:07)
田淵さんがひざまずいて山形さんのズボンを脱がせるシーンが衝撃!(爆)
[Jo]Style監督。脚本は雨宮まみさん。嗤える。冒頭、キルケゴールの引用に噴飯!
(ホラ「絶望は死に至る病」っていうアレよwww)へたにシリアスムードなので、
物語的・演出的破綻の数々が一層滑稽です。内容はひとことで言えば
「おめでたい娘とのんきな悪人たちのうかつ決定戦」って感じかしらwww

オープニングで「佐伯みひろ、旧姓木崎」って出るから、へえ、人妻モノなんだ、
と思ったら違ったwww「木崎」はお父さんの姓で「佐伯」はお母さんの旧姓。
10年前、社内の陰謀で汚職の罪を着せられて自殺したお父さんの恨みを晴らすため、
事件の真相を探ろうと、お母さんの旧姓を名乗って入社、現在24歳で社長秘書、という
みひろさん。採用を検討する時点でバレるわよねえ普通www大きい会社は身上調査するし
(談合事件を起こす程度には大きいわけでしょ?)、だいたい戸籍調べたら一発じゃないwww
特に人身御供にした男のことは親類縁者まで洗い出してあるはずだしね。
現社長の江副(田淵さん)は当時の黒幕なんだけど、みひろの正体に気付いてなかった
ということは何の調査も入れない人間を入社させた(バカ)ということで、
いくらかわいくてもそんな得体の知れない娘を社長秘書にまでしちゃうって、
そんなのんきなひといるわけないw江副君もまあ一応はそれなりにみひろを「怪しい」と思って
隠密同心w・進藤順(ジュン君)に内々にみひろの調査をさせてるんだけどね。
だから戸籍とれば一発だっていってるのに・・・「佐伯みひろはやはりスパイの可能性があると
思います。目的はまだわかりませんが」なんてほんと進藤君ものんきな子で困っちゃうwww
みひろも単身敵地に乗り込んでるわりにはボイスレコーダーもデジカメも持たず盗聴器も
カメラも仕掛けず、何の準備も工作も調査もせずに言われた仕事をこなすだけで
タナボタ的なチャンスをぼけっと待ってるわけよ。ただでさえ10年前の事件よ?
何もしなければ何も出てくるわけないじゃないねwwwそういうとこが「うかつでおめでたい」の。
彼女がすることといったら会社に死んだお父さんの日記持ってきて読むことくらいwww
バカなの?江副が黒幕だってハッキリ書いてあるのよwwwそんな重要なモノを
敵地に持ってきちゃダメでしょwwwって言うかお父さんもねえ・・・
「調べれば私の潔白はわかるはず」とかおめでたいの。さすがにこの娘の父親だからwww
で、何の手も打たずに「追い込まれてしまった」ってwwwそりゃそうでしょうwww
で、「死ななければ家族が守れない」ってなんだか恩着せがましく自殺して、
こんなこと書いた日記をしっかり遺される遺族の身にもなってよねっていうかwww
家族を大切に思ってるお父さんならこんなことはしないですね普通。
でね、資料室長の藤波さん(山形さん)てヒトが定年間際で、自殺した木崎専務の元右腕で、
この人だけはみひろの正体を知ってるのね。みひろとは給湯室でおしゃべりする仲。
紅茶の入れ方に凝っているという設定で「たった一杯の紅茶でも最高の状態で味わいたい」
なんて言ったり、「何事も手順が一番大切だ」なんて比喩的な警鐘を鳴らすんだけど、
まっとうなお茶缶にさえはいってない、あけっぱなしの袋の紅茶を使っちゃうとこが惜しいなwww
それにさましたお湯を使うのは緑茶で、紅茶は沸騰したてのお湯のほうがいいんだけどwww
こんな入れ方では折角の台詞が死ぬわwwwとまあこんな感じで
滑稽感てんこもりのシリアスドラマなんですwww
で、ある日残業しているみひろに進藤君が缶コーヒーを。進藤君の机はみひろの机と同じ部屋に
あるから、同じ秘書室の子なんですかね。話しかける内容は無難だけど、ぽん、と肩に手を
おくのは萎え。セクハラっぽくてうざい。(ここは、一見好青年だけどこういうところで
馬脚をちらっと現す、という巧みな演出ということでw)普通の女はこれでムッとするはずなのに、
みひろは進藤君にちょっと心が傾いちゃうわけwww
男性不信とか言ってるわりに惚れっぽすぎない?wwwここは敵地なのよ?
誰が敵かわからないのよ?ほんとにうかつね・・・そんなみひろを、江副は社長室で手篭めにし、
ごほうびに社長室の鍵をあげます。撒き餌ですね。江副の腹心の進藤君はすでに隠しカメラを
社長室に設置し、重要書類はすべて別室の金庫に移動済みです。そんな中、なぜか今頃、
10年前の事件に関わる帳簿の一部(これが1枚のルーズリーフだってとこが爆笑なんですが)を
みひろに手渡す藤波さん。そしていよいよジュン君の出番です。
「さらに親しくなって目的を探り出せ」、という江副の命令に従い、進藤君はみひろに、
いかにも恋する青年を装って接近。会議の後片付けを手伝いながら、
レイプって言うより強引にせまる感じで始まります。でも、自分も好意をもってる相手に
「好きです」ってキスされるのはいいけど(好意持ってない相手なら殺すわ)、
「今日だけ僕の願いをかなえてくれませんか。もしイヤだったら、今後付きまとったりしないから。
一回くらいいいでしょ」って、ちょっと待ってよなんか間違ってない?ってなるし、あげく
「君もこういうこと嫌いじゃないでしょ。」って言われたら完全に萎えるわね。
この時点で好青年イメージぶち壊し。完全に馬脚を現すっていうか、なんかこいつヤダ、
って感じになって抵抗始めるわよね普通は。みひろはしないけどねwww
そもそも、進藤君はみひろを懐柔して目的をはかせるために色仕掛けをしたはずなのに、
興が乗ったのか調子に乗ったのかイラマしちゃう困った進藤君www
もう何も聞き出せないわwww完全にレイプモードになっちゃって、
もちろんみひろの目的とか聞き出すのも忘れて去るwww
もっとも転んでもただではおきないというのか(転んだ自覚はないようだけどw)
みひろの上着ポッケから盗った紙が、「偶然」例の帳簿の一部だったという展開は
あまりにもご都合主義に過ぎるわwww
普通そんなとこにあるのはコーヒーショップのレシートくらいでしょwww
藤波からみひろがソレをもらったのを進藤が見てて、ソレを手に入れるためって言うなら
レイプでもまあわかるけども、そんな気の利いたシーンないしね。でもそれならそれで、
レイプなんていうコストをかけなくてもポケットの紙くらいとれるでしょうけどねwww
ともあれ、その紙を見て「10年前の事件の帳簿の一部」とすぐわかっちゃう進藤君天才www
で「みひろは10年前の事件の関係者かもしれません。すぐ調査の手配をします」って
ほんとにのんびりやさんね今頃w戸籍取りなさいねw(入社の時提出させるんですよ普通は)
みひろもせめてボイスレコーダーでも持ってればレイプくらいは立証できたかもしれないのにね。
そしたら江副たちを追い込むネタのひとつくらいにはなったかもしれないのにね。
で、後日みひろは素直に社長室に侵入して社長に捕まっちゃっうわけねw。
逃げようとしたら進藤君が。それでレイプした彼に「助けて」だって(爆)。
例の紙とられたの気付いてないの?のんきだなあ・・・で、藤波も捕まって、
ちょっと脅されただけですぐ江副の言いなりになってみひろと番わされちゃうわけ。
それでもみひろは負けないの。今は従順な奴隷としておとなしく江副をフェラする毎日www
ここにいればいつか証拠がつかめる、私は復讐の機会を狙っているんだって自分に言い訳
しながらね。で、相変わらず積極的に何かしてるわけじゃなくてタナボタ待ちなのねwww
本気で復讐したいなら今噛み切っちゃうべきでしょう。まったくどこまでおめでたいんだかwww
で、そんなのんきなことしてる間に例のお父さんの日記もとられて目の前で焼かれちゃって、
「やっとわかった、パパが死んだ理由が。絶望したから。」
というみひろの台詞で首尾一貫させて(爆)エンド。このためだったのね、キルケゴール。
たったこれだけのためにwwwかわいそう、キルケゴールがwww
「どっちがうかつか決定戦」はみひろに軍配ですねwww
もしかしたらこれは「良い子の皆さんは、『幸運が降って来るのを待っているあいだに
悪者たちに不幸にされてしまった』と絶望するひまがあったら、自分でやるべきことを
どんどんやりましょう」という教訓話なのかもしれない。それなら非常に納得できるわ。
ストーリーは全部おいといて、ジュン君の激モエポイントは
クンニのときの「僕の舌を入れてあげるここに・・・」って言う囁き。



以上、23作をご案内いたしました。
遺漏・誤り等はお知らせください。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。