FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVSTでNEXT GROUP(制作2005年/28作)

いろいろな意味で衝撃の問題作が目白押しのNEXT GROUP。
貴女の愛の力が試される時です。どんどんまいりますよ。


2005年(28作)

Miss  椎名泉 他(ソムリエ) 3:20-27:15
ジュン君はワインバーのお客。ソムリエのお姉さん、ジュン君に、
「どんなワインがありますか」って訊かれて、
「赤と白とロゼです」って答えて終わりでした。(爆)
口の中で舌で転がすように味わってください、こう・・・って舌の動きを見せて、
それにむらむらしたジュン君が襲い掛かっちゃうというなりゆきですが、
このお姉さんじゃちょっと無理があります。

浅草ローズ 白鳥るり・小泉まな S~30:07
ジュン君ボーズちゃんになりました!役名はフジオ。「腐れホスト」です。(って
星谷さんがそう言ったのよ。でもほんと、いかにもホストっぽい衣装よね。
お安そうなダークスーツに白シャツの大きな襟を出して着てます。つけめんの人みたい。
ホンモノのホストの人達ってやっぱりそういう格好なの?)結婚をえさに、
まなからお金をしぼりとる悪いカレシなんです。1千万円必要だから、と、
ヌードダンサーをやめてソープかAVに転職するよう、まなを促します。でも、
まなの事務所の社長(星谷さん)に「まなを自分のものにしたかったらこの場で指つめろ!」
とすごまれ「スイマセンでした!」と脱兎のごとく逃げていきます。素直だフジオ・・・
だって社長にそういうことを言う権限ないじゃない?っていうか、なんで指つめるの?
脅すなら、まなちゃんと別れなかったら殺しちゃうよ、って言えば済むじゃないね。
へんなの。ま、ビンス監督だから仕方ないか。
こうして「腐れホスト」(笑)の魔手から所属タレントを守った星谷社長、
「なぜこんなに私を」というまなに、伝説のストリッパー浅草ローズ(白鳥るり)の話を
聞かせるのでした、というお話。ところで、ジュン君のヘア、星谷さんとおそろいね。(ぷ。)
最後にビンス監督のストリッパー達への賛美がつづられてますが、文法崩壊、
実にしかたのない駄文でげんなりです。この駄文のせいで評価が普通から最悪に落ちました。

天使降臨 紅音ほたる(ファンの男3:00~6:00/
  ジロウ先生撮影24:27~27:56/ジロウ先生55:45~1:24:22/~E)
あずまやから湖を眺めるほたるに声をかけるジュン君。
ほたる、田舎高校生のような髪に白いドレスがどうしようもなくミスマッチですね。
悪いのはビンス監督のセンスですが。
「すみません、タレントのほたるさんですよね」「ええ」
「あなたの素敵なおっぱいを揉ませていただけませんか」(爆)「え、なぜ?」(爆)
「僕あなたの大ファンなんです。」「そう、だったらいいわ」え、いいの?(爆)
私もどこかでジュン君みつけたら「大ファンなのでフェラさせてください」って言おうっと。
(引かれたら即「嘘です」って言ってとりあえず握手してもらってメルアド渡そうっと)
でも、これはほたるの夢だったの。夢と現実が区別できなくなっちゃった子のお話。
ビンス監督ですので、凝っているつもりで独りよがりがすぎるため、支離滅裂です。
ジュン君はカメラマンのジロウ先生としても登場し、撮影シーンとセックスシーンがあります。
右目でファインダーをのぞくジュン君は左目もしっかり開けてます。いいのかしら。
アップは、残念ながらジュン君いけてません。
(わたくしの愛は不滅ですが、いけてないものはいけてないの)

あの微妙な第二門歯が結構見えるんだけど、やっぱりどうなってるのか
わからないなあ・・・やたら細くてとんがってるように見えるけど根元が見えないの。
だからそういう形の歯なのか曲がって生えててそう見えるのかわかんないわけ。でも
あの隙間が、ジュン君の笑顔を永久歯の生え揃わない子みたいにあどけなく見せるのよね。
(もう自分でも全く救い様のないあばたもえくぼ状態なのでどうかほっといて下さい)
ファックシーンはジュン君普通にかっこいいので安心してください。
体はすごく綺麗です。台詞は無視してください。

共演はほたるちゃんのマネージャーに星谷さん、ファンクラブ会長に奥さん、会員にあべさん。
ジュン君はじめ4人の男優の皆さんは、ラストシーンで、
ほたるちゃんを拉致してきた風の一味としても登場。何が現実で何が妄想で何が夢なのか。
このストーリーを合理化するのは無理ですね。

性*犯罪 (ハルカ)48:12~1:07:23
ジュン君のお相手はしっかりした感じの女子大生。ジュン君にハルカと呼ばれます。
黒髪で爪も普通、派手なところもなく、真面目そうでスッキリしたタイプ。
笑わなければまあ普通に見られますが、歯並びに問題があるので笑うと終わります。
ある雨の日、帰宅駅で雨が降っていて困っていると、見知らぬ好青年(ジュン君)が
透明ビニール傘を差し出してくれて(俺すぐ近くだからこれ持ってきなよ、
気にしないでいいよ、100円ショップの傘だからあげるよ、とか言った模様)、
さっと去っていきます。このシーン、かわいいのすごく。女の子なら誰でも、
こんな出会いを夢見たりするんじゃないかしら。1回はオナニーのネタにしてそう(笑)。

で、しばらくして、また雨の日に駅の近くで偶然遭い、今度はハルカから声をかける。
ハルカは借りた傘を差していて、彼はもうすこしまともな傘をさしてます。グレイの。
あの時はありがとうございました、みたいな会話から、お付き合いを始める二人。
こういうのいいわ~純愛路線。しだいに彼の部屋にも行くようになります。
彼は写真の専門学校に行っており、夢はもちろんプロカメラマン、ということで、
ハルカのスナップショットをポツポツ撮りだす。サークルの仲間とホームページを作っていて
「街で見かけたきれいなカノジョ」というコーナーに載せたい、などと言って
女の自己顕示欲をくすぐるわけ。ハルカも嬉しそうに撮られてます。すると
さらにふみこんで「俺さ、最近ヌードも勉強してて・・・できたらモデルになって欲しいんだよ」
と言われ、さすがに強硬に拒否すると、彼も唐突に強硬な態度に。
君子豹変して、半レイプ的に行為に及びながら随所で撮影。
抵抗できないのは合意でも気持ちいいせいでもなく彼が怖いから、っていう感じはリアル。
終わった後「ネットオークションに出せば高く売れるんだから」と一言。ハルカ絶望。
「もう人の親切が信じられなくなりました」で終了。始まりがモエだっただけに
後味が悪いですね。でもコレって、ちゃんと訴えれば勝てるんじゃないの?
それに、犯罪としてはコストかけすぎよね。偶然の出会いを演出して、時間をかけて
わざわざつきあうほどの手間に見合うほどには儲からないんじゃないの?
ただ、微妙容姿の女を狙うっていうのは、目の付け所としてはいいかもね。
自分では「ブスだ」って自覚してるつもりでも、
他人から「カワイイ」「キレイ」って言われちゃうと「そうかな」って思っちゃうのは
女の共通の性ですよね。どんなにブスでも、どこかで「私も捨てたものではない」って
思ってるのよね女は。もちろんコンプレックスは山積みなんだけど、それでもね。
だから、ベタ誉めして、写真撮らせてください、から始まれば、
いつの間にか脱がされちゃってやられちゃう普通女子はいるかもね。
あら?それは普通のAVスカウト?

痴女引越センター 2 黒月あき 他 1:06:01~1:27:53E
路上で引っ越しやさんのチラシをジュン君に渡し、
「離れていても、ずっと友達だかんな!」と走り去るサンキュー高田さん。
彼を見送りながら滝のような涙を流すジュン君。(笑)星飛雄馬みたい。レアだわ・・・

プレイは萎えです。すみません。

人妻背徳紀行 1:4:16~1:58 
ジュン君はAV撮影隊の男優君です。レイプ設定で女湯で女優さんを待ち伏せていた
ジュン君ともう一人の男優が、一般の女を間違って襲ってしまい、「せっかくだから」と
結局そのメンバーで撮影しちゃう、というプレイですが、かなりキツイお相手な上、
他のプレイとコラージュになっていて出番がまとまっておらず、延々つき合わされます。
最後の20分程度、3×3もあります。非常に苦しいです。
ジュン君のピアスからしてオリジナル版の撮影は2003年ごろかな・・・

ワーキング娘。2 緒方花 他 59:36~1:26:12
コレは楽しい。AVに出てみたい花ちゃんはゲイバーでバイトしてる女子。
できれば楽しそうだけど、女の子が雇ってもらえるんですかね。
ありえなそうですけどまあそこはスルー。彼女の職場に、監督とジュン君が潜入!
ジュン君モテモテです!ママやお客さんがいい!(みなさん女装はしてません。)
演技かホンモノの人々なのかはわかりませんけど楽しい雰囲気。
ジュン君「ゲイ」の皆さんに大人気で、「可愛いわね・・・」「いくつなの?」「ノンケなの?」
と盛んにお声をかけられます。「ノンケ」とは、同性愛志向でない男の子、という意味。
二人連れの常連さんに「つきあってるんですか?」と質問するジュン君。
「もちろん。(あなたも仲間に)はいる?いいわよ全然。」って言われて
「まだちょっとボクには早いかな」って応えるのがほんとにカワイイ。
ジュン君このとき風邪声なの。鼻にかかってかすれた声。こんなときは、
お仕事なんかさせないで、ねんねさせて甘やかしたいですね。

後日、お店が休みの日に、ママに内緒でお店でAV撮影することに。
鍵は花ちゃんがママから預かっているとのこと。嘘っぽいですね~。
ジュン君のお洋服もおんなじだし同じ日じゃない?でも風邪声ひどくなってる?
花ちゃんは出っ歯ですが愛想がいいスレンダーさんです。ご要望で、ジュン君がSモードで
責めてあげます。目隠し・手縛り。トイもつかっちゃいますけど。
手が足りないのか、へんなおじさんがバイブを使うのを手伝ってますけど。
このVの最大の見所はジュン君の風邪声が聞けるっていう事でしょうね。
微熱もあるのかしら。そういう時はあちらも熱くなってて気持ちイイのよね。
(って何て鬼畜なわたくし・・・)

プレイにはいるあたりからどんどんひどくなってますね声。心配やらモエやら。(鬼畜・・・)
ジュン君風邪声なのに「こうしてほしかったんだろ?」とか責め口調でがんばってるのが
すごくいじらしい感じ。今回のジュン君、言葉もキビシ目ですし、何度も寸止めしたりして
イジワルなんです。淫語強要はスキじゃないんだけど、ジュン君に「ダメ」って言われるたび
イきそうになっちゃう。花ちゃん、うるさめの割には受けが巧みなので、いいとおもいます。
いかにも蒸れてそうなやわらかいペニスを出して花ちゃんの顔をペちぺちするジュン君。
「どんなにおいがする?」と訊かれて「すっぱい・・・」と応える花ちゃん。
かぎた~い!!(笑)
1年半後に共演した鈴江紋奈ちゃんには「なんですっぱくないんだろう・・・」って
言われてるんだけど。この時代には生々しいにおいがしたのかしら・・・
シャワー浴びてからのタイムラグもあるでしょうけどね。いずれにしろかぎたい。
ファック中、お約束的に「来ないはずのママが現れて」叱られてしまいます。
ママさんが途中で茶々を入れるのが笑えもしますが萎えでもありますね。
ご不快でしょうが、ファック中はほっといてあげてください。

人妻の里 
プレイが全部コラージュだから不便でしょうがない。切りようがないのね。
モザイクも濃くて大きいです。これは「ぬくもり温泉癒しの湯2」と「3」を
それぞれ短く編集して収録。ほぼ同じ脚本を、キャストと場所と演出を変えて撮ってるの。
ジュン君は出版社の新入社員。某温泉で原稿執筆中の「先生」のもとへ、
明日の締め切りに間に合うように先輩と共に「原稿の取り立て」に来ました。
そこで偶然、旅行にやってきた人妻3人組と知り合って、という筋立て。
どちらも、ソロと3×3があります。後半は3Pも。露天風呂の中で緑の山野をバックに
全身を濡らしているジュン君は激萌えですが、全裸にネクタイだけつけてるのが萎えです。
しかも結び方長すぎだしね。お相手も結構キツイわ。
あ、でもジュン君があごだけちょっとおひげのばしてるの。あれにさわりたい。

ビキニ★ティーチャー 水島忍 他 1:24~/8:38~14:10/15:30~33:03
お話はナンセンスですが、水島先生のコーディネイトはAVにはめずらしく正しいです。
真面目そうで少女っぽさの残るこぎれいなお顔にメガネ、白地ストライプシャツに
まっとうな丈の(AV的な馬鹿げたミニでない)グレイのタイトスカート、
肌色ストッキングにローヒールの黒パンプスです。そして何が正しいかって、
外側は地味でもパンティは女の子らしく甘いピーチピンクなところ。だってちょっとは
かわいくしたいですものね。それに、ちょっと冒険してTバックというのも実に正しい。
タイトスカートだと、パンティの形がすけるから、という理由でTバックを正当化しやすいんです。
で、なぜビキニかというとですね。
水島先生って授業がどヘタなの。誰も聞いてない。先生、うんざりして授業を中止した後、
トイレで、鏡をつくづくと眺めながら「やっぱり私って教師に向いてないんじゃ」と
説得力のある棒読み口調で独白。うん、絶対無理よね、と誰もが力強く同意してしまうでしょう。
するとそこに、めがねをかけたデブオタ変態のコスプレのような天使が降臨し、
黙って赤いひもビキニを水島先生に授けて消えます。
水島先生は天啓に打たれ、そのビキニをつけて教室に戻ったのでした!
一歩はいったとたんに、騒然としていた教室は水を打ったよう。(当たり前ですよ・・・)
というわけ。で、そのまま生徒たちにやられちゃうんです。
さっきの天使が生徒としてその場にいました。だまされやすい水島先生(笑)。
ジュン君は教室で先生にイタズラしたあとソロです。

痴女タクシードライバー 2 0:49~2:05/34:43~40:51/50:36~1:26:57
女性のタクシードライバーを取材、という設定のお話です。三人の女性ドライバーは全員プロの
AV女優さん。一応ドライバーコスですが、短すぎるスカートのため、ガーターが丸出しに
なっているのが実にマヌケで無様です。男の人的にはOKなの?これで?
ジュン君はAD役。開始早々あらわれる、赤黒ボーダーのセーターを着ている子がジュン君。
大きくほつれて穴が開いているのは、「そういうデザイン」なの?
しかし、何度も言いますが、過去の試行錯誤が現在の美しさを作るのです!
これ、撮影は冬みたいです。ジュン君が話す時息が見えるから。
トップはタカさんとあんりさん。と言っても、伝説の加藤鷹さんではありません。
ジュン君は一人で二人をお相手します。
背の高いほうがれいかさん、低い方がみほさん。
みほさん、39分過ぎから、勝手にもりあがるジュン君とれいかさんに腹を立てて退座して
しまいます。あとを追う監督一行。残されたジュン君とれいかさんは、そんな周囲の状況は
全く意に介さずおしゃべりを続けていちゃいちゃしているのですが、監督一行と共に
戻ってきたみほさんがそれを見て「ずるい」と言って二人に参加、逆3Pとなります。
ジュン君が女性二人に舐められる時のヤラレ声がカワイイのと、
れいかさんがジュン君の腋と喉仏を舐めてくれるのが見所ですが、
全体、女性陣の声かけが粗暴で知性と品位が感じられず、
よがり声が大きすぎる点も興ざめです。

1時間6分過ぎかられいかさんが離脱し、AD役の中沢君を襲う。
中沢君て大沢信司くんじゃないですよ。「バスケ部の夏合宿」では部長役で
あおばさんに告白された人です。ジュン君達のプレイと交代で映るのでここは切れないの。
でも、中沢君て、スーツ着たら全く普通のサラリーマンに見える人です。体もきれいだし
イヤミがまったくない、あっさりしたプレーンなルックスの人なので、邪魔にはなりません。
こういうヒトはスパイか歯医者さんになればいいと思うんですが。非常に感心なことに
エンドクレジットがあり、男優名はもちろんスタッフ名まで明記です。監督はMISTさん。
「決して」が「結して」になってたし、周到な作りとはお世辞にもいえませんが、
エンドクレジットだけは感心しました。

母の年ほどの管理人さんだけど麻生水穂(1:05~1:50/23:13~23:47/56:10~E)
ジュン君は3姉妹の経営するマンションに住んでるんです。お相手は長姉・水穂さん、
50代ですか。きれいですね。上品系です。見城美恵子さんに似てる。
知的で歯のきれいな上品な人。体もきれい。白くきれいな肌、ふっくらした乳房、
ピンクの乳首。服もAVにしてはおとなしめですしね。彼女にほのかな憧れを抱いていた
ジュン君、風邪を引いて水穂さんに看病されて、ますます思いを強めちゃいます。
で、回復して、お部屋に体温計を返しにいったところで・・・というね。良かったです。
水穂さんのおかげで、四十路のわたくしにも生きる希望がわきました。
次姉は「小料理屋さおり」の竹内早織さんで、お相手は小塚君です。末の妹のお相手は
サンキュー高田さん。高田さんは浪人役なんですけど、合格発表を見に行って、
エレベーターから「落ちたよお~」と泣きながら出てきてでんぐり返しをします。
森光子さんへのオマージュでしょうか。

恥祭り 2 9:49~21:20/42:45/
ドラマ仕立てなんです。アダルト用品メーカーN社が舞台。
ジュン君はそこの営業マンなんです。会議では一番後ろの、一番カメラよりの席です。
台詞はありません。社長の東北弁はネイティブみたいですね。売り上げ激減の危機は
モニター部女子の開発不足、社員旅行の場で女子を開発しよう!ということで温泉へ。
大広間の宴席、ジュン君はかなり上座。壇上からみて右側の上から3番目あたり。
座が乱れ、セクハラ宴会になっているところで、
ジュン君は真っ赤になって強姦フェラされてます(9:49)。
ジュン君たちはその場を逃れ、お部屋にもどって水入らずです。ソロがあってよかった。
ここはジュン君カメラマン兼任。アングルをチェックする目線が萌え。言葉もイイのよ。
「もういきそう」「何度でもいけるんだったらいいよイって」とか。
「いっちゃったの?・・・もっともっとするよ・・・いい?」とか、ああん、もう、言われたい!
勢いよく胸射(生入れ外だし風・良いフィニッシュです)、掃除なしですが、
女の子が「気持ちよかった・・・幸せ・・・」というのがリアルです。
その後、宴席に戻り、先ほどのパートナーを含む3人の女に痴女られるジュン君。
ラストシーンははじめの会議室、売上げ新記録達成で、次回の旅行は海外!
と社長がぶち上げ、営業一同万歳斉唱の中終了。
とはいえN社ネタで海外に社員旅行する話は作られていません。(と思います)
太平洋横断エロネタクイズの本戦は出ているけど、アレは別企画だしね。
年末リリースの大恥祭りも結局同じ宿です。

痴女コーチ テニススクール編 宮良ちせ 他 10:30~14:45~50:25
激萎えナンセンスコメディ。ジュン君を含む異様な3人組は、ウィンブルドンで
シャラポワに会うためテニスを始めたのですが、ダメダメなので、
テニススクールの娘さんたちに教えを請うわけです。台詞回しは全員最低です。
皆さんシャラポワを意識してノーブラ(笑)。ジュン君を担当するのは宮良ちせさん。
フォームをみてあげてただけなのに「脚が張ってるわ。マッサージしてあげる」と
チープな保養所風の個室に連れ込み、「先に私をマッサージして」って話が逆(天誅)。
でも素直に従うジュン君。脚をマッサージさせられ、爪先から舐めさせられ(ジュン君の顔が
画面から切れてます)、乳首も舐めさせられて(このあたりからカメラマンを兼任するジュン君)、
キス。肌コンディションが最悪なのでアップは残酷です。この人のウエアは卵色のシャツに
白いプリーツスカート、白のアンダースコートと無難なものですが、なぜかその下に
巨大な黒のパンツをはいてしまっています(爆)。幼稚園児がお絵かきしたみたいな
ピンクのお花が一列に刺繍されたもので、パンティというよりパンツというべき重厚さ。
ありえない!(笑)アンダースコートの下はシンプルなソングが妥当な気がしますがね。
コーディネイト的には白か卵色、せいぜいシャーベットオレンジというところですか。
さて、びっくしりちゃうのはその先で、四つんばいで指を入れられたあと、
アナルにも指が入っちゃうんです。洗浄してるんでしょうね?で、そのあとトイが出ちゃって、
それがローターとアナルバイブなの(笑)。そのあとはジュン君を足で。で、脱がせて手で。
ジュン君のパンツは黒のトランクス。(ベンゼン環の模様?)そして舐めずに入れちゃいました。
終盤、ジュン君が前から入れてからはローター併用です。モザイク濃厚。

COS-DOLL 紅音ほたる 23:48~44:30
メガネの女教師のほたるちゃん、追試を受けるジュン君。答案を渡して、
「よくできました。でも私を満足させないと卒業できないわよ」と誘惑されて、という流れ。
どうしたんでしょうか。ほたるちゃんが驚くべき大根で、フローは超退屈。
おかしい。ほたるちゃんできる子なのに・・・(もちろんジュン君だって)。アングルは悪いし。
教室にありえない安毛布敷いちゃうし。さすがビンス監督。
見所はジュン君が答案に書いたほたるちゃんの似顔絵くらいですか・・・
ものすごいです。レアとしか言いようがない。


エリートコールガール 水月マリア 他 4:48~29:03
え?エリート?エリートの意味わかってらっしゃるの?と暴れたくなるような内容。
大嘘設定や安っぽい衣装や完全に間違ったコーディネイト等は何とか我慢もしましょう。
でも、この顔と歯並びでジュン君に噛んだ苺の口移しをするのだけは絶対ダメ!!
ジュン君からおねだりしてますが、そういうことは断固慎んでください。

バックで攻めるジュン君がしっかり映ってて、そこは嬉しいです。
でも、そのあとの、まりあさんの随喜の涙は白々しすぎました。
終わった後「すごかったあ~」と監督がまりあさんをおだてあげ
ジュン君も追随するのがことのほか不快です。
「感無量ですよ。気持ちよかった」って、ものすごく嘘っぽく言うの。萎えます。
パッケージ、まりあさんが裏表全部担当してるのね。写真だとぼろが出てないわね。
赤ブラも白ストッキングも黒い安ドレスから見えてないしね。

女王蜘蛛  麻布レオナ 53:45~1:16:55/1:25:28~1:25:52
ボンデージに身を包んだ女主人、「レオナ様」。スゴイ貫禄ですね。
3ヶ月前に「超肉体美熟女」(AVステーション)でジュン君と共演した時より
だいぶみっちりお肉が付いてますけど、決して醜くなってはいないところがさすがですね。
役柄としては痩せてるよりこの体型の方が合ってますし、いいんじゃないでしょうか。
二人の下僕はヒダカさん(茶髪の方)と片桐りんさん(ピアスの方)。
片桐さんはアリスJAPAN最古の出土品である「ぶっかけ女子校生」(天衣みつ主演)で
ジュン君と共演。女の子みたいなお名前ですが「顔がコワイから名前は可愛くしたくって」
とのこと(笑)。ヒダカさんって、お顔は何度も拝見してましたけどこれを見て初めてお名前が
わかりました。これより4ヶ月前に「Privateあい」(AVステーション)で共演して、
ジュン君と一緒にあいちゃんの手作りカレーを食べてますよね。7ヵ月後には青山ゆかりさんの
「しあわせくずし」でも共演してますしね。お二方ともレイプ系がお得意。だからって
捕まえた若者達への口の利き方や態度がどうしようもなく粗暴で下品になるのは興ざめでした。
あれでは女主人の格が疑われます。言葉といえばレオナ様の台詞も。
「カリスマチックなパワーを持つ若者たちのエキスが欲しいわ。私の子宮中枢をたっぷりと
潤してくれる、エロスなエキスをお願いね」・・・子宮中枢って・・・(嗤)、エロスな、っていう用法も
おかしいですね。ずっとこの調子です。「淫乱誘発剤」とかね。普通に「催淫剤」って言ったらダメ
なの?そうかと思うとジュン君が登場してからは突如「~かい?~じゃないか」といった、
ヤクザの姐さん風な品のない語り口になる。キャラが一貫してないの。
まあビンス監督だから、なにもかもしかたないんでしょうけどね。
最初に拉致されたのは大沢君です。役名は「IT界の風雲児イリエモン」です。
二人の下僕と女中(坂下さん)の3Pをはさんで、ジュン君が拉致されてきます。
役名は「カリスマホストの一条」です。一条さんが怒ってなきゃいいですね。ほぼソロ。
下僕のお二人は前戯の一部に参加しただけで、あとはジュン君のフィニッシュのあとで
順番にファック。ラストシーンは累々たる屍を満足げに眺めるレオナ様の図。
ジュン君も一番左で転がってます。パンツが一人だけグレイなのが画的にちょっと惜しい。

おばあちゃんの性教育 小泉ニナ・石倉久子・森文乃(6:42~32:52)
コレは、ドラマとドキュメンタリーの2本立ての作り。
タイトルを見て怯えきってしまいましたが、ジュン君がお相手するのは
石倉さんの孫娘・ニナちゃん(普通にカワイイ)で、カップルの普通Hです。ああよかった。
ドラマでは石倉さんが主役。台詞回しは一応老女っぽくしてますが、
言葉をきかなければ外貌もプレイも別に見苦しくはなく、老女というより普通に熟女です。
むしろましなほうの。大塚君がお相手を務めます。
すごかったのはドキュメンタリー部分。フィーチャーされているのは森文乃さん。
がんばっておしゃれしてますが、これはもうハッキリと老女。
60歳とかおっしゃってますが違うでしょう。にもかかわらずやる気十分。
元演歌歌手で、大沼監督が「歌ってください」と余計なことを言ったので、
演歌アレルギーのわたくしは死ぬかと思いましたが、
「セックスは上がってからが良いんです!中出しできるから!」
と明るく力強く断言する森さんには、素直に、頭が下がりました。
これから来る閉経と老いにおびえて死にたくなっている四十路の女にとって、
その言葉は、どんなに大きなはげましとなったことでしょう。

だからって早く上がりたいとは思えませんが。(そこまでは悟りきれない・・・)

サマーガールズ 松嶋やや他 53:03~11:55/1:37:23~1:57:07E
舞台は沖縄。いい天気です。ジュン君は黒地にグレイの花綱模様の海パン。
だぼっとした膝丈のやつです。ボードは黄色。ジュン君を含むビミョウな3人組は、
モテ男をめざしてこれからサーフィンに挑むところ。もちろん初心者。
無謀に挑んで玉砕し、浜で落ち込んでいると、3人の女子サーファーが来て教えてくれることに。
ジュン君のお相手は松嶋ややちゃん。脱衣バレー部のキャプテンしてた子ですね。よかった。
浜での練習シーンは激萎えですし海でのサーフィンシーンはまったくありませんが、
とにかく彼女たちの指導のおかげで「上達した」ということになって、浜で一休み。
このときジュン君がかえるちゃんみたいにしゃがんでるのが可愛くて笑えます。すると、
おもむろにややちゃんが「カラダがべたべたしてキモチワルイからシャワー浴びてくる」と言って
「じゃあ俺も」と二人で消えるわけです。
シャワールームの曇りガラスの外に貼り付くようにして中をうかがうジュン君を挑発するように、
ややはガラスにカラダを押し付けたりなどし、裸で出てきて「みてたでしょう~」と嬉しそうに言う。
タオルを巻いて「いこ」と部屋に誘います。
ジュン君にキスして「舌柔らかいね。きもちいい」って。そうでしょ?そう見えますもん。
ジュン君の耳を舐め、乳首をなめたあと今度はジュン君に責められて、乳首でいっちゃうやや。
その後、なかなか巧みなフェラを見せてくれます。
ジュン君の、感極まって「入れたい・・・」と苦しげに言う声がかわいい。
ファックはワイルドでとてもイイです。
胸に出してお掃除なしですが、終わった後、
手をつないでテラスに出て、テラスのテーブルに貝殻でハートマークを作り、キスして終了です。
貝殻のくだりは唐突でハズカシすぎですが、プレイは良かったと思います。

ノーパンポイントガード(オープニング・8:00・40:45~1:04:20・1:22:00~) 須藤鈴華 他
例によって明智さんのおバカストーリーです。脱衣バスケ部モノ。コーチは金子さん。
ジュン君はトリオ・ザ・バスケッツの一員で、男優はほかに大塚君と、え?辻丸さん?
ここでもジュン君の華麗なシュートを楽しめます。
大塚君のプレイはSモードです。ジュン君はセクハラレッスンみたいな。
「敵に何をされても動じない精神力が大事」とかいってプレイに持ち込むわけだけど、
もう余計なバカ台詞やめて黙ってやることやってよって感じ。
まあジュン君も言いたくて言ってるわけじゃないから仕方ないけど。
衣装は「テニススクール」の時と同じ、グレイのラインの入った黒の上下。
残念。バスケットウエアのジュン君が見たかったのに。
胸出し・掃除ナシですが抱擁でラブラブエンド。辻丸さんは飛ばしました。すみません。
最後、試合のシーンで女子達がノーパンになり、びっくりしたトリオを下すというラストです。
ボール持ってとことこ走っちゃいます。
「やっぱりドリブルしないんだね・・・」というジュン君の台詞と
「ドリブルしようよ~」という金子先生の泣き声でエンド。

集団熟女の逆レイプで昇天 56:06~1:25:00E
三人の熟女に三人の男優が弄ばれる趣向。でも、1対1じゃないんです。
1人の男が三人の熟女にいいようにされる、が3セット。
それぞれメインの女優さんは決まっているようですが、すべて3人がかりで攻めます。
ハッキリ言って、楽しいです。
30代友田真希、40代中山水穂、50代岡由里子というフォーメーション。
第一犠牲者は神崎君で友田さんメイン。2番手はサンキュー高田さんでメインは岡さん。
で、トリがいよいよジュン君なの。端的に言って、イイ!!買いです!!
導入の岡さんが上手なのよ。すごく楽しいの。しばらくしたら友田さんがやってきて、
ジュン君が素の感じであわてるとこもカワイイ。
最後に来るのが中山さんで、
彼女がメインで絡む、っていうか中山さんは一方的にしていただくおいしい役よね。
最後なんて、ジュン君のありがたいペニスを拍手打って拝んでたわ(笑)。
岡さんがイイわね~・・・品があってお茶目でカワイイ。
でも岡さん、とうとうジュン君の絶品クンニ味わえなかったのよね。
岡さんはファック時間も一番短かったのよね。彼女メインにしてほしかったなあ・・・
頭が良くて配慮のある人だから。・・・最後、クタクタになって寝ているジュン君を
単独で襲いにいく岡さん。悲鳴をあげるジュン君。ガンバレ岡さん!

太平洋横断エロネタクイズ国内予選 1:48:31~1:57:10
司会は例によって星谷さん。全国600名(ウソ)の中から書類審査で選ばれた50名が
しのぎを削り、優勝者はマンハッタンでイケメンスターと一夜を過ごせるそうです。
ジュン君かと思ったら違ったのでどうでもいいです。
1次予選○×クイズ予選通過者は10名。たった2問で10名になりました(笑)。
それから、ぐったりするようなナンセンス競技が続き、そのたびに、一人ずつ脱落。
脱落者の罰ゲームがからみ、という構成です。最終競技に残ったのは5名。
「男運競争」です。海の中から男優を捕まえて本部席に行き男の帽子の中の指示実行。
青山ちえりさん、走りはダントツでビリ。
これでちえりが脱落し、罰ゲームがジュン君とラブラブファックって全然罰じゃないし(怒)。
「ここまで残った努力にむくいるため」だそうで。ちえりののろさ、わざとじゃないの?
ジュン君は「ちゅらりてぃ」の時の海パン。かわいい。ジュン君はすごく優しい。
ちえりは照れているのか引き気味。カットされすぎていてプレイに見所はない。舌技ゼロ。
しかも出番10分ないし・・・このビデオはコレで終了。それって・・・
この競技の上位4名は「海外決勝編」で争うらしいですが本当にもうどうでもいいです。

義母 5 2:34/10:24/14:30~36:10 
義母役の大塚美希さんはそれほど年はいってないと思います。
展開はバカらしいけど、ひどいのはこんなもんじゃないから。
義息・ジュン君の留守中、彼の部屋に侵入し、枕に頬ずりして匂いをかいじゃって、
彼のベッドで悶々としちゃうのは共感できますね(笑)。ここで
「ずるいよ、ジュン君みたいな息子って・・・お父さんはあんなに普通なのに」(爆)
なんていうんですよこの義母は。ココは笑えました。で、
「ジュン君としてみた~い」と思いっきり詠嘆したのをジュン君に聞かれちゃうんです(笑)。
「ちがうのこれは・・・ちがうのよ」と取り繕おうとするけど、すぐに無理があることを悟り
「ごめんなさい。」という義母はかわいい。でも「私、ジュン君であらぬ妄想をしてました」は蛇足。
「俺も母さんで自慰したことあるよ」って慰め?てくれるジュン君。
で、みつめあって義母からジュン君にキスして始まっちゃうんだけど、
このなりゆきはすごくヤダし、違うと思う。
ここは面目をなくしてしおれている義母を息子が押すべき流れでしょ!
なんでAVってすぐこうやって迷走しちゃうんだろ・・・
「ぼくら親子なのに、いいのかな」「血がつながってないから」って会話はほんとヤダ。
そんなくだらないエクスキューズするくらいならお父さんのことを説明しろといいたい。
お父さん、この話では亡くなってるとは言われてないんです。
死んでればいいってもんでもないですけど。
ところで、大塚さんお尻・・・
ねえ、時々すごくこんな風にぶつぶつの人がいるけど、なんなの?にきびなの?

スカートめくりでGO!! 2 (あみ)50:55~1:26:29E D980
ジュン君はカメラマン兼任プレイです。
ジュン君はスカートめくりはしません。
お相手については苦しくてコメントできません。地獄の35分でした。
貧乏くさい畳部屋に布団。飛行機の轟音。別の部屋から女のよがり声、男の話し声。
この安アパートのような建物が丸ごと撮影所なの?
ジュン君はピンクのポロシャツ、黒のハーフパンツ。
ペンダントつけてるわ、みひろの淫口のやつ。
ジュン君肩と腕が真っ赤に焼けてる。背中はそうでもない。ああ、キレイな体。
すごいウエストが締まってる。精液、すっごいとんだわ~・・・1メートルくらい。
残りもびゅうびゅう顎に出たしね。掃除ないのがかえって救い。

紋舞らん博士のHな人体実験
(3:46~どろどろぽっきー/11:12~黄身キャッチ/16:02~クンニ/24:58~36:18フェラ・手)
ジュン君は被験者としてらん博士に捕らえられている模様。
パンツ一枚の姿で椅子に座らされています。パンツは白でおなかのヘリが2重になってて
内側のゴムが細く赤く見えているやつです。サイドにも細く赤いライン。なかなか素敵です。
どこかでみましたが、今思い出せません。
催淫剤をからめたポッキーを博士に口移しされるのが実に気持ち悪いなあ・・・
ゼリー状のものをやり取りするキスにはエロスを感じるけど、
こういうガリガリ噛まなきゃいけないものはバカみたい。
それにあの白い粘液がいかにもマズそうだし。吐きそう。らんもジュン君もえらいね。
黄身のキャッチボールも始めました。これ、「たんぽぽ」で役所広司と黒田福美がやってたわ。
あっちはかなり続いて、福美がイッちゃってつぶしちゃうんだけど、
こちらは黄身がもったのは1往復のみで。ジュン君の2投目ですでに潰れてます。下手。
で、つぶれても黄身のだらだらをやりとりします。おえ。
かなり高級品を使っても多少の生臭さはあるはず。それを思うともう、ほんとに吐きそうです。
ジュン君は黄身と共にどろどろのらんの唾液を飲まされ、嚥下の音も痛々しい。
やっと終わった・・・と思ったら控えの黄身がまだ2個も!!誰か助けて!!
2球目はらんから。これはかなり続き、らんが「あああん」というよがり声とともにつぶして、
そのだらだらを舐めあって終わります。3球目は出番なし。ああよかった。
殻座付いたままなので余計気持ち悪い。ちゃんと取りなさいよAD。
っていうか、もう、こういうプレイはゴメンですね。する人がかわいそう。
そのあとは博士をジュン君がクンニでいかせます。
さんざん気持ちの悪いものを口にしたあとでまたこんな・・・苛酷過ぎます。
でも、激しく悶えても逃がさず責めあげていくジュン君は激萌えで、こんなことされたら
どんなに不感症の女と言えどもこらえるのは無理、という感じなのですが、
博士のいきっぷりがあまりにも大げさでうそ臭すぎ、興をそがれるのが非常に残念です。
次はジュン君が博士に口と手でいかされるのですが、難航しました。
ファックはなしです。やれやれ・・・
全体として苦行の様相を呈していて、見ていてひどくつらいものがありました。

ふぁーすとLOVE!!星乃しずく
(41:01~54:14/57:14~1:27:10/1:39:23~1:42:30)
ジュン君フェラ指導とトイとセックスで3プレイ。大活躍ですが・・・お得かどうかは微妙。
フェラ指導は「オアシス」と似たフローで。監督も同じ。あっちはかなりよかったけど
でもこっちはなんか女優がどんよりしてる。反応が悪いって言うか。出る、と言うタイミングが
全くわからないらしく、ジュン君が顔に出しにかかってるのに口の中に入れ続けようとして
もみあいみたいになってて、嗤っちゃいました。出した後「しごいて」と言われたのに無視して、
掃除と言う意味でなくまたまったく同じようにかぽかぽ咥えてます。
ジュン君、取り上げるようにひっこぬきます。・・・この子、鈍い。
続けて初バイブ。ジュン君しずくをいかせるとこでしたが、「もうダメ、おしっこが漏れちゃう」
と言って起き上がり、ジュン君の手を無理に引かせて強制終了させます。
「漏れそうだったんだ。してくれたらよかったのに」と言うジュン君。
「そんな恥ずかしいことできないです」というしずく。「気持ちよかった?」「ちょっとだけ」
「ちょっとだけだ・・・」がっかりだわねジュン君。始まる前「こわい」というしずくに
「大丈夫。すっごくきもちいいから」って太鼓判押したのにね。
ジュン君のTシャツは「ジュリエットアイズ」の時と同じ。
下はバスケ部のときのトリコロールのハーフパンツ。
しずくの体操服の下はスポーツブラで、コレは正しい。珍しいことです。
ジュン君、お肌のコンディションが、めずらしくちょっと不調?
耳や乳首を舐めさせて「上手」「ああ気持ちいい・・・」と誉めてくれるけど上滑り感が。
クンニも丁寧ですが、ファックが浅い気がする。ジュン君は盛り立てようとしてるんだけど、
全般、女優が乗ってこない感じです。終了後のインタビューでは
「Hはプライベートのほうがいい」「大変だった」「今回はつらかった」とさんざん。
監督的には結構気持ちよかったという言葉を引き出したかったのでしょうが、
誘導しても乗ってきませんでした。むいてないんですよ。
30分ほど特典映像が入ってます。ジュン君、ちょっとだけ映ります。しずくに挨拶に来る所。
AV業界は新人女優のほうが売れっ子男優より上位なの?一応単体だから?
それにしても、偉そうなしずく。

熱帯ヌーディスト 佐藤るり(ソロと3P) 3:33~20:12/1:06:51~
通しドラマでした。るりは大学生。るりのお部屋でBFの柳井君(不可能物件)とHして、
「私を南の島に連れてって!」とおねだりです。
すごいですね。誰でもいいんですね。ある意味尊敬に値するわね。
柳井君、けなげにも「じゃあ俺、今金ないからバイトして作るわ!数日待っててくれるか?」
と言って帰っていきますが、いったい数日でどれほどのお金が作れると言うのでしょうか。
予算数万円の貧乏旅行ならお庭でピクニックでもしていたほうがマシでは。
(訂正。ジュン君とならどこへでも行きます。ジュン君となら、ですが。←しつこい)
そこへジュン君登場!「柳井とすれ違ったけど」と不審げなジュン君を
「ノート借りに来ただけよ、妬いてるの?ねえキスして」とごまかし
柳井君としたそのままのカラダでジュン君といたすというとんでもないるりさん。
役の上とわかっててもすごく嫌悪感がある。汚い。あまつさえ「このベッド湿ってないか?」
と訊くジュン君に「気のせいだよ」としゃあしゃあと押し通す図太さ。天誅モノですね。
「るりのおっぱい、とろけさして」っていうおねだりはかわいいけど、
(文法的には「とろかして」だけど)
それで柳井君と間接キスさせられるジュン君はどうなるのです。
胸に出して掃除なし。るりさん、ジュン君にも南の島行きをねだるんです。
どういうキャラなの!?ジュン君はお金持ち設定らしく「なんだそんなことか、いいよ」
と快諾。「それより、キッチンかして」といってジュン君はオレンジをスクイーズ。
カクテルを作ってくれるのよ!キャ~!オレンジ切る方向が違うけどそんなことかまわないわ。
バカるりはジュン君のカクテルがやってきたときにはぐーぐー寝ています。
「冷蔵庫においしいカクテルがあるよ!それを飲めば南の島にいけるかも?」とメモを残して
帰るジュン君。(つっこまないで下さい)で、夜中におきだしたるりはそれを飲むんです。
そしたら、あら?ここは南の島!というファンタジー的展開。(嗤)
るりはそこで、カメラマンにモデルとしてスカウトされ、
夢のような3日間を過ごすのですが、目覚めると自分のベッド。
かたわらには必死の形相の柳井君とジュン君。「ここはどこ?」というるりを
「何バカなこと言ってんだ」「3日も寝てたんだぞ!」と口々に叱る二人。
カクテルのせいで3日間昏睡したってことでしょうか。何を入れたんだか(笑)。
しかも3日も昏睡してたのに病院にも運んでない非情な男たち(笑)
「それよりやっぱりお前二股かけてたんだな!今日こそハッキリしてもらうぞ!」と迫る二人に
「わかった~・・・じゃあとりあえず」と二人に順番にキスしてから
「二人で一個ずつおっぱい舐めて」としゃあしゃあと二人を手玉に取るるり。ここで3Pです。
3日のまず食わずで寝ていて体も洗ってないことは無視しろってことですね。
ジュン君が先にバックで入れて、続けてソロで前からフィニッシュ、顔出し。
終わって「どっちにするんだ!」「ええ~?」と言っている時新たな訪問者。
「紹介します!私のカレシです!」で終了。カレシは南の島の夢に出てきたカメラマンです。
これ、キャストがよければ女の子にも出せるVになると思いますよ。
でも、断固シャワーは適切なタイミングで使わせてくださいね。
あと、目覚めは3日後である必要はないんじゃないですか?翌日の夕方くらいで充分。
わたくし的にはジュン君はカメラマン役がいいわ。
2人のBFはキレイどころを適当に見繕って。(←どうでもいい)
「南の島」のシーンはバリ島だそうです。ジュン君は出ませんが、風景はきれいでした。
10作目のメモリアルアルバムとして、るりさん大満足だそうです。よかったわね。

大恥祭り 42:02~1:00:41
N社の忘年会。スイカが出てるんですけど・・・
ジュン君はすっごい上座ですよ。2番席。1番席はあひる、という未見女優。
座は乱れますが、ジュン君はパーティーピープルじゃないので、ご乱行はなく、
ゴハンを食べてるところやバイブ実験をお行儀よく見てるところがちょっと映るだけです。
4組目の脱走カップルがジュン君で、女優名は不明。でも、キスしただけで、
というか部屋に入ったとき既に大きくなってる模様。こういうの嬉しいですよね女は。
キスの後すぐフェラになり、吸い付いてるのが気持ちいいとか先っちょがやばいとか、
ジュン君たらかわいいこと言ってくれます。

触られて、何で濡れてるの、ってきかれて「(ジュン君が)おっきくなってたから・・・」
っていう女優には共感できますね。この人は他にも
「男の人の浴衣がはだけているのも色っぽくてイイ」といった共感できる発言が。
ジュン君はちょっとイジワルで、でもとっても積極的で、すごく良かったわ。
フェラさせながら指を入れて、69をして(ジュン君が上からのしかかってくれるので
ことのほか良い)、するとジュン君が「あーもう我慢できない」と独り言のように言って、
来るのかと思ったら乳首を吸ってくれて、キスしてくれて、
じっと見つめて指を舐めながらぐいぐい入ってきてくれます。
これ、いいですね。これだけで買いです。

そのあと3組の脱走組の絡みと合間の宴会風景で終了。
また変態森下女史(スキ!www)がキモ男を集団レイプしてます。
柳井君・沢井君は悪乗り参加してますがジュン君はそれを遠巻きに眺めてます。
最後の宴会風景でのび太さんが犠牲者として投入され、
けりを入れに行った星谷さんも襲われました。翌日の社長の砂風呂シーンで終了。
(ジュン君がしてた部屋、「スカートめくりで2」の部屋だわ。カーテン同じ。
リリースはあちらのほうが1ヶ月早いけど、撮影、同じ日?だってあちらでお相手したあみさん、
この宴会にも出てるけど、同じ下着着てるもの。まあ、同日だろうが別の日だろうが
どっちにしろ下着を替えないのは女子として間違っている気がしますけどね)

集団痴女バス 2 1:08:22~1:26:13 松下ゆうか他
松下ゆうか先生と4人の女生徒が乗っているスクールバス。課外授業にお出かけです。
視聴覚授業の暗闇でしたことあるがらがら声のれん、グランドでしたことある杏里、
保育園で見せっこをしたririco、14歳初体験のあひる、というメンバー。
殺風景な海にお出かけし、目についた男(もちろん男優)を拾い食いしつつ進む皆さん。
縁側の老夫婦のようなほのぼのムードで砂浜に座っていた宮崎さんとジュン君は、
当然のように拉致されてしまいました。
ジュン君は上は黒T、下は白地にレインボーカラーの細縞チェックのハーフパンツ。
「素人さん」という設定なので「プライバシー保護」のためにかぶせられる緑の仮面が、
昔の子供向け忍者ドラマみたいです。結構似合います。
ジュン君をメインで痴女るのはririco(上)とあひる(下)。あ、れんが乗っちゃった。
ジュン君なかなかいけなかったけどお尻にたっぷりゼリーを。
お姉さんの甘い誘惑7」(AVST)で共演したゆうかせんせいですが今回はノータッチでしたね。
でもこんなにしゃべれる人だとは思いませんでした。

以上、28作をご案内いたしました。
遺漏・誤りはお知らせください。
NEXT GROUPはまだまだ続きます。お楽しみに!
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。