FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月額h.m.p (制作2009年/26作)

DMMの月額h.m.pは、月1800円。(お安い!!)
11本以上の視聴で「借り放題プラン」よりお得です。
期限は自動延長ですから、予定の視聴が済んだら解約の手続きをお忘れなく。
2009年のジュン君は夏ごろから少しおなかまわりが気になってまいりますが、
過渡期の体とはそうしたもの。そういう時代もあったね、と笑える日も遠くありません。
でも、どんな変化も受け入れ、すべてを呑み込んでこそ愛です。そう思いません?
引き続き、わたくしのわがままで、書きたくない!と思ったタイトルは省略します。
リンクはつけますので、正式なタイトルはDMM上でご確認くださいませ。
では、まいります。

2009年(26作)
痴女教師 明日花キララ
レポート提出のため、自宅でホットパンツ姿でくつろぐキララ先生のもとを訪れるジュン君。
生徒役です。白いYシャツに赤いタイがかわいい。キララ先生、お茶を入れてくれたのは
いいんですけど、ティーカップに緑茶はないでしょう・・・(悪いのは監督ですがね)
「早速採点するね」とレポートに目を通し始めるも、
突然ジュン君の視線を気にして「どこ見てんのよ!」と怒り出し、
「これしてて」とジュン君にピンクの目隠しを。(カワイイ!)
とたん、採点を放棄し、ジュン君をアノ恐ろしい爪で
嬉しそうにつつきだすキララ先生。(気をつけて!)素で嬉しそうです。
ジュン君に目隠しして好き勝手にしちゃうというシチュエーションは激モエ!(夢です!)
ジュン君、こういう時はカワイイ「やられ声」もいっぱい出してくれますしね。

ただ、もうちょっとみっちり遊びたかったですね。
絶対コス! 雨音レイラ
一人で英語の補習を受けるジュン君。レイラはめがね教師です。
最初の授業風景ではジュン君の手が映るだけ。黄色のシャーペン持ってるのよ。私物かしら。
そして画面がボケてカラミへ。
黒のTバックに黒の網タイツのお尻に顔をめり込ませてすごく匂いをかいじゃうジュン君。
タイツの中に手を入れてぐいぐいお尻をもんじゃうジュン君。
クリトリスをいじりながら背中を舐めるのはもっとして欲しかったわ。
レイラ先生、クンニされてジュン君の頭に足をからめてイキます。
でもジュン君の舌は見えないんだけどね・・・軽くフェラして、
キスしながら素足になって膝裏でジュン君をしごいちゃうレイラ先生。(気をつけて!)
この膝裏ではさむ技を見るといつもひやりとします。
女優の皆さん、くれぐれも皮を挟んで痛がらせないようにしてくださいね。

ファックはバックから。片脚を抱えられてイき、そのまま片脚あげの立位になってまたイク。
ジュン君を椅子に座らせての対面座位では「先生なんかでてる・・・」と指摘されるレイラ先生。
フィニッシュは先生を長机に仰向けにして立って前からガンガン突くジュン君。素晴らしい。
眼鏡に出してお掃除。・・・と、ここまで、お察しの通りジュン君の妄想でした、というオチ。
指示棒でピシピシ机を叩かれて「ダメじゃない!追試でボーっとしてたら留年しちゃうわよ!」
と叱られるジュン君。でも!先生はこっそりパンティの中にローターを仕込んでたんです・・・
LOVE SEXY 麻生香月 (森林君と3Pを2セット)
3Pを2セットとは珍しい。最初はドラマ設定なしのトイプレイです。
今までいちいち書きませんでしたけど、わたくし、ジュン君のアンダーウエアは、
毎回とても楽しみにしているのです。みんなそれぞれとっても素敵で、ハズレなしですよね。
まとまったある一定期間に同じものを何度も目にする機会があることから、
ジュン君は、数枚の「撮影用アンダーウエア」を、
数ヶ月間、密にローテーションさせていると思われます。
ですから、そのデザインによって、撮影時期を推し量ったりもできますし、
何より、サンプル画像での特定に役立つことがあるのです!
男優の顔(特に綺麗な子の顔)はCMになかなか出してもらえませんからね。
さて、今回のVですが、「間違いなく変態だよね・・・」と色っぽく囁くジュン君のパンツは
白い縁取りの黒のバーバリー。左ウエストにブランドマークの騎士が白くプリントされてます。
凛々しく上品。目隠し手錠の香月ちゃんを森林君と結構ハードに責めて放置。
2セット目はミニドラマ。場所は倖田理紗ちゃんの「野外萌え」で使った一軒家スタジオの
デッキテラスです。設定はメイドカフェらしく。ジュン君たちはお客さん。
香月ちゃんがコーヒーを運んで来てつまづき、
ジュン君にコーヒーを浴びせるわ森林君の足を踏むわで、怒った二人に「店長を呼べ!」
といわれ「それだけは」というベタ展開ですが、森林君が気の利いた人でうまく収まってます。
銀のトレイでスカートの中をのぞいたり、激しい指使いで潮を吹かせてトレイに受けたりしたあと、
もうちょっと俺たちに付き合えよ、と室内へ。脱いだはずのパンティをいつのまにかつけてるのは
おかしいでしょ香月ちゃん。ジュン君本番に備えてかペンダントはずしてます。
基本ジュン君は必ずはずしますね。お相手への配慮でしょう。
コーヒーかけられて、演技として「先週買ったばかりの高い服なんだぞ」とヒステリックに
最低発言をしても、こうしてこっそりきちんとお相手に配慮しているジュン君て素敵ですね。
(ナゼ最初からはずしておかないのかとも思いますがwww)
先ほどとはパンツも替えています。CYBERの時と同じデザインで色違い。
こちらは濃いグレイで、これも素敵。すごく似合う。
プレイはちょっとハード目かな・・・クンニの舌使いが映らないのは残念ですが、
香月ちゃん、おもらししまくってイキまくってます。
限界 波多野結衣
サンプル画像の後ろ頭でジュン君を特定しました。(偉い?)
ジュン君グレー地にオレンジと、なにやらウルトラマン的配色の素敵パンツです。
結衣さんは紫のTバックに腿までの黒ストッキングとヒールのみ。
ジュン君、乳首を舐めてあげて、ラビアを開いてそこを凝視。
「私の勃起したクリトリスをべろべろなめて」といわせてからクンニしてあげます。
でもアングル悪いですし、わたくし的には淫語を強要されると萎えるんですよね・・・
言われるのはかまわないんですが。
潮を吹かせた後の指を舐めさせて「こうやってしゃぶりたいものがあるんじゃないの」と。
おねだりさせてからイラマ気味に。両手は背後で拘束です。
ファックではあまりにも簡単に何度もいって見せてしまう結衣さんでした。
快感ゼリー 坂井優羽
誰もいないと思って優羽ちゃんが机オナニーをしてると、教卓の陰からジュン君が見てるんです。
珍しく導入の会話が自然に流れていてそれはとても良かったのですが、
折角ジュン君が、後ろから、下から、前からと、たっぷりクンニしてくれているのに、
全然舌使いを映してくれなくてがっかりです。
またファックでも、例によっていきなり教室にマットが現れてがっかりしました。
ジュン君はもちろん素敵でしたし、優羽ちゃんもいい感じだったので、
それだけに残念なんですね。(これが貧血を起こしそうな醜女との消化物件的プレイであれば
残念に思うより忘れようとするでしょう)
わたくしは、それがドラマの体裁を取る以上は
「セックスを省略しないまともなドラマ」が見たいのね。
だからそんな時に「AVのご都合」を目の当たりにすると萎えるのね。
いつか完璧なAVドラマが見られる日が来てほしいわ・・・

余談ですが、皆様机オナニーってなさったことあります?
わたくし、ぶりっ子するわけじゃなくて、ほんとに、それはないんですよね。
オナニー自体は物心ついたときにはもうしてた感じですけど、もっぱら「手」で、
机は使ったことない。女子校育ちですが、お友達がしてるのを見たこともないです。
ですから、以前、「ONE+GAL2」(月額AVステーション)の成瀬美由さんの発言で、
初めてソレを知り、おどろいたわけです。
そのときは勝手に机の角に対面してやるんだろうと想像したんだけど、
(やっぱり、ほんとかしらっていう気持ちは拭いきれませんでしたね。
だって机って硬くて痛そうじゃない?画的にもマヌケだしね。
ソレを万一誰かに見られでもしたら身の破滅だしね。)
優羽ちゃんは机に座って角をお尻で滑り降りるようにして、してました。
それ、違うんじゃないの?それじゃ刺激されるのはアナルだけでしょwww
片脚上げてするっていうのもあったけど、それも、角じゃなく、辺に平行して、だったし、
どっちにしろ、クリトリスにきちんとあたらないんじゃないの?オナニーとして効率悪そう。
カメラの都合かしら。
実は「机オナニーする女子」ってものが男性の創りあげた幻想に過ぎなかったりしてね。
中出し初体験スーパーイカセFUCK 明日花キララ
キスをして、「ねえ、どうして欲しいか言って。何でも言うこと聞く」
というジュン君の激萌えの囁きでスタートです。

「いっぱいいかせてほしい」というのは応えとしては焦点がボケている感じですが、
たぶんタイトルを意識した発言なのでしょう。
今回のキララの衣装はお嬢さんぽいカットの赤いタータンチェックのワンピース(縁取りは黒)で、
これは好き。髪もちょっとクラシックで素敵。濃いピンクのサテンと黒レースの下着は
可愛いけどアウターには合ってなくて惜しい。
わたくしならこの服には深い緑か臙脂のサテンを合わせますが。
でも、これまでの観察から、ピンク×黒ってジュン君の好きな配色なんじゃないかって
気もするの。そっちメインなら、それにあったアウターにしないとね。
ジュン君、首筋や耳を舐めてくれて、「もっといろんなとこ舐めてあげようか」とも。
服を脱がせ「どこから舐めて欲しい?どこでも舐めてあげる」って言って(キャー)、
胸元から始まって、腋をみっちり舐めてくれます。(そこ好き)
あばらやおなかや内腿にもキスしてくれたあとで、パンティの上からクンニ。
実際は焦れますが、ジュン君のお顔にモザイクがかからない点が価値です。
ほんとにジュン君はかわいい。

パンティ上からクリトリスを指でこすって軽くいかせ、脱がせてじかに顔に乗せ、
もう一度いかせます。ここはジュン君の顔が映らないアングルでしたが。
ジュン君、すっごくおいしい、って何度も言ってくれます。
キララを仰向けにして、指を入れながらもう一度クンニ。またいきます。
気に入らないのは、ジュン君が可愛く「きれいにして」って言って顔をさしだした時、
キララがお客さん的にキスを受けるだけで、ジュン君の口の周りについた自分の分泌物を
まったく舐めてあげないことです。愛がない。(仕事だからって言っちゃあおしまいよね)
フェラは生意気にもジュン君を焦らしておねだりさせるキララ。
ジュン君がちょっとですがイイ声を聞かせてくれます。
ファック中はキララ積極的に動き、10回くらいいって見せます。都合13回ですか。
まあテーマなのでね。真偽を問うのはナンセンスと言うもの。
いいんですよ、ジュン君のファックはいつもながら素敵ですしね。
キララが上になって入れるとき、ちょっとジュン君が身をよじるところは激モエでした。
フィニッシュが近くなったとき、ジュン君がキララの指を含みながらしてくれるのは
妬けたわ。(大丈夫なのかしらアノ爪は・・・)

これはH-1グランプリとかいう自社内ベストプレイ集に収録されてるようです。
あ、中出しはこのプレイではしてません。他でしているかはどうでもいいのでわかりません。
やりすぎ家庭教師 蒼井怜 (大沢君と3P)
3Pとしては非常にイイです。
ジュン君は真面目なお兄ちゃん役で大沢君はちょっとやんちゃな弟役。
怜先生は二人を教えてるんです。3Pはトリのプレイですが、
大沢君のソロに入るちょっと前にもジュン君が出演してますのでご注意。
ジュン君そこでは、満点テストのごほうびに
怜先生の胸にお顔をムギュってされちゃいます。(したい!)
下に手を伸ばすと「あとで」と言われ、しぶしぶながら素直に従うの(真面目だから)。
逆に、弟君は「勉強前にスッキリしないと」って強引に押し切っちゃう。
このキャラの対比は、トリの3Pでもきちんと受け継がれています。
さて、3Pです。二人一緒に小テストをして、
先にできたお兄ちゃんがまた満点だったので、一足お先にごほうびをもらいます。
先生にあっちこっち舐め舐めしてもらっちゃうんですね。(したい!)
ここ、楽しいです。
盛り上がっている二人の前で、眉間にしわを寄せてテストに取り組む弟君。
で、ついに弟君は「集中できない!」とブチ切れ、二人に参加してしまうわけ。
それからは、3Pにはめずらしく、「される女の子が気持ちいい3P」になってます。
ちゃんと二人で同時に、上と下とか、両胸とか、両耳とか、舐めてくれる。
これは当然なようで、意外とあまり見られない光景なんです。
しかも男の子が二人とも可愛い子っていうのはね。(女の子も可愛いしね。)
とりたてて男の子同士でしゃべるわけでもないのに、この二人はコンビネーションがよく、
「別々感」「ギクシャク感」がまったくありません。むしろ一体感がある。
それもめずらしいのよ。楽しめました。
一見、ジュン君が怜先生に舐めてもらった分優遇されているようですが、
大沢君にはれっきとしたソロプレイがあるので、大沢君ファンもご満足のはずです。

絶対コス! 麻生香月
女教師設定。ジュン君は汁男優2人を従え、ぶっかけプレイをリードします。
まあ、目障りですよね・・・しかたないけど・・・
浮気なラブ◆ピーチ 坂井優羽
ジュン君、新婚の夫役です。寝起きシーンのパジャマ姿、朝のキッチンでのYシャツ姿、
ラストの強盗を装った覆面姿と、ジュン君のコスを3種楽しめます。
ストーリーは、新婚一ヶ月の夫が、最近「刺激が欲しい」などと言うくせに
セックスはしてくれない妻の気を引こうと、浮気したふりをして
本気で腹を立てられ(それはそうです)、一計を案じて、今度は強盗を装うというね(笑)。
と言っても、家に押し入って妻が竦んだところで、すぐ正体を明かし、
浮気もウソだったことを告白して、ラブラブ夫婦H、となります。
妻は夫のかねてからのご要望で裸エプロンです(笑)。場所は寝室ですけどね。
ジュン君の強盗コスはチェックのシャツにデニムという普通のオフ服に
口元だけ開いた黒覆面なんですけど、あの特徴的な唇が見えちゃったら
ジュン君を愛してる人にはバレバレですよね。(一目でわかったわ)

妻には背格好とか身体つきとか匂いとかでもわかるだろうしね。
プレイは普通に良かったわ。ハッピーエンドだしね。あ、そうとも言い切れないかな?
夫の浮気に腹を立てた妻が報復の浮気をしたんだったわ。
そのことを夫は知らないの。(それってなんだか・・・)
それはそうと、ジュン君の緑のパンツは一徹君とおそろいじゃない?
誘惑☆小悪魔ドキドキ 瀬尾えみり
わたくし、後述の「小悪魔シズカ」を先に見てましてね、アレだったもので、
これは同じ小悪魔枠ということもあり非常に心配していたのです。でも、大丈夫でした!
普通にかわいいです。ああよかった。
これは体操服プレイですがなかなかよろしいです。ジュン君も無理やりじゃなく乗ってるしね。
ブルマの中に入れてアレコレした指を引き出して舐めてくれちゃうところに
ジュン君の愛を感じる。(映像はなく「ちゅぱっ」ってカワイイ音がするだけなんですが)
フェラの時はジュン君が声を出してくれなくて寂しいんですが、その凄い隆起を見れば、
えみりちゃんが「ちゃんとできている」のは間違いないと思われ。
えみりちゃんの舌使いはみっちりしてて共感できます。
位置を合わせたら、一息に奥まで入れるジュン君が素敵。(ここでイけます)
えみりちゃんもポルチオがイイみたい。奥を突かれるとかわいい悲鳴を上げます。
いいんじゃないの?
あちらとは段違いに、もう全然イイ。
キラ★コレ 明日花キララ
これはタイトルが示すとおり、キララちゃんのファッションも見所らしく、
ジュン君担当パートのキララちゃんは、灰色ベレー・芥子色オーバー・白ボウブラウス・
灰色ツイードショートパンツ・黒地に赤と灰色のアーガイルのハイソックスです。
ブラとパンティは白地に黒の水玉、黒レースです。
ジュン君のセーターは、偶然なのか、キララちゃんのソックスにさりげなくあわせてあげたのか、
青と緑のアーガイルです。このおそろいの仕方、べったりペアルックじゃないところが
おくゆかしくていい感じですが、キララちゃんの服はわたくし的にはNGですのでのれません。
(他人が着てる分にはOKですが)プレイは恋人設定だけに、
ジュン君を膝枕して髪をなでなでする、という激萌えシチュエーションで始まるのですが、
ツイードというごわついた素材(しかもショートパンツ)ではね・・・ジュン君の髪をなでる手つきも、
撫でる、というより掌を反り返らせて申し訳程度にパタパタするだけで。
それに、クンニの時ジュン君が「おいしい」と言ってくれて、
「(口の周りに愛液が)こんなについちゃった・・・」とかわいく顔を差し出してくれるのに、
キララちゃん、ちょっとキスするだけで全くちゃんと舐めないの。(前にもこんなことがあったわ)
パンツの脱がせ方も無神経ですし。(彼女、大きくなってるのもかまわず
ズバッとまっすぐ下げるんですよ・・・そうするとひっかかってからはねあがっちゃうわけよ)
恋人プレイとして細部にいまひとつ愛を感じないと言うか、なんか釈然としないわ・・・
と思ったら次のチャプターでは、もう、とろけるようなデレデレ・ラブラブのキララちゃん。
やればできるんじゃないのよ(怒)。お相手は森林君でした。

森林君て、モテモテなんですよね。実はマキシングの「みっひーチャンネル」で、
吉沢明歩ちゃんが探る様に「好きな男優さんている?」とみひろちゃんに訊いたとき、
「森林さん」と答えてて、ソレを聞いた明歩ちゃんが、安心したように「私もー!」と同調していて
(女ならここにある種の感情の動きを感じ取らざるを得ませんよね)、
「多いですよ森林さんスキだって言う女の子・・・」って言ってたわ。それはわかりますね。
森林君て、(ちょっとごめんなさいね)一見したところ不細工な赤ん坊みたいで引くんだけど、
すぐにその言動から、明るい知性とか包容力とか思慮深い優しさが伝わってきて、そうすると、
綺麗に並んだ歯とか、晴れやかな声とか、目の知的な輝きとかにも気付かされて、
最初ちょっと引いたことなんてすぐに忘れて、素直に、すごくチャーミングだと思えるのよね。
この子はきっといい旦那さん、いいお父さんになるだろうなあって思える。
で、そう思える自分の慧眼さに自分で満足したり(笑)。女優さんたちもみんなそうなんでしょう。
だから、森林君のプレイでキララちゃんがデレデレなのは不思議じゃないし、それはいいの。
ただね。ジュン君との温度差がね。ちょっとっていうかけっこう、悔しいわけね。
絶対コス! 坂井優羽
やったわ!!サンプルになかったけど月額動画で発掘作業中、発見しました!
ジュン君トリで出てました!
こういうことがあるから、月額動画は利用価値が高いんです。
「眠れるジュン君出演作」がまだまだあるかもしれませんよ!皆様がんばりましょう!

さて、コスはチアリーダーとバスケ選手です。
ジュン君て、実際バスケやってたんじゃないかしら。
背が高いし、昔のV(バスケ部の夏合宿)で華麗なシュート見せてくれてますし。
今回はあいにくそういったおいしいシーンはございませんが、プレイは普通にいいです。
筋がくっきり見えちゃう白いアンダースコートの中に手を入れて
イっちゃうんじゃないかってくらい激しくクリトリスを擦ってくれるところが見所かしら。
巨乳カメラ 蒼井怜
ジュン君、監督の役なんです。監督はキョウセイさんですが、
ジュン君がお話の中では監督の役。台詞は白々しい。
コーナーごとにインタビューを装ったシーンがあってそこで聞き役として出るので
声を聴けることそれ自体はいいけど全部チェックしなきゃならないのが面倒。出番は、
S00:19~1:39/3:16~3:50/24:04~24:40/34:03~34:50/54:50~55:56/
1:08:58~1:09:22/1:31:48~1:53:40E です。ジュン君トリで怜にせまられます。
キスも乳首舐めもなしで胸や下をまさぐるだけですぐフェラ、
胸にはさんで(全然ちゃんとはさめてないけど)入れちゃうという大雑把プレイ。
ジュン君ついにお顔みせてくれないんですよ・・・がっかり。会話のうまみもいまひとつだし。
女優さんの顔を下からあおるアングルは残酷だと思います。
美人秘書×監禁調教 明日花キララ (ピエールさんと3P)
ピエールさんとジュン君、うるさく登場。このものっすごいガシャガシャ音は何?
マットに敷いたブルーシートのせい?うるさいわ~・・・大量のローションかオイルでも使うの?
と思ったけど、そういうの何も使わなかったわ。一体何のためだったのか・・・。
あら、キララ足は素爪?意外~!!!手の爪はあんななのに?
でもあの爪でまともな秘書業務は無理ね。(もしかして足でなさるのかしらwww)
今回はビニールのせいでいつもの倍うるさいです。再見不可。
ミラクル美肌 愛内梨花
サンプルには出てないけど、ジュン君「はじめてのおもちゃ」コーナーです。
女優さんのお名前は「リンカ」と読むそうです。毛糸のパンツってわたくし的にはありえませんが。
ペニスをおねだりさせて、入れてあげるのはバイブです。いじわるなジュン君。
本物がほしい、といわせて、じゃあ、とバイブを入れたままフェラさせます。
ほんといじわる。

で、更におねだりさせてやっと入れてあげます。ローターは自分でもたせます。
猛チャージでフィニッシュ。なかなかでなくて大変そうでした・・・。胸・掃除。
で、終わりかと思ったらジュン君クリにローター押し当てていかせます。
ism vol.5 明日花キララ (「中出し初体験」のプレイ収録)
素キララ 明日花キララ (しみけんと3P)
しみけんとホテルで水入らず3Pです。最初にカメラ持ってるのはしみけんだけど、
適宜交代しながら進行。春名えみの「ギャルはH大好き」でのホテル3Pみたいな感じで、
ジュン君もリラックスしてるみたい。場所は某ホテルのロイヤルスイートだそう。
一徹君と七海ちゃんの『怒s』の時みたいにジュン君とキララがさっさと始めちゃって
「俺も仲間に入れてよ~」と言うしみけんに、
キララと顔を見合わせて「ダメだよね」とイジワルを言うジュン君を
「・・・楽しくでしょ。」とおかあさんのようにキビシクたしなめるしみけん(笑)。

これは楽しかったの。キララもいつもよりデレデレ感があって乗ってる感じでした。
(でも、これ以降のキララちゃんのプレイにはどこかやる気のなさを感じますが。)
小悪魔shizuka 姫咲静香 (トイ+ソロ)
こういうときに限ってジュン君の出番が皮肉にも2パート(合計38分)あるんですね・・・
(「こういうとき」がどういうときなのかはお察しください)
しかも腋まで舐めてくれちゃう。全般、なぜか意欲的に取り組んでくれているジュン君です。
自らを鼓舞しているのでしょうか。
入れたとき「中、熱い」と囁いてくれる声は激モエでした。
この環境では「ありがたさも中位なり」といったところですが。
愛の風俗 キララ☆ロワイヤル 明日花キララ
売れっ子キャバ嬢のキララ。本物のキャバ嬢さんは見たことありませんが、いかにも、
という感じです。エメラルドグリーンのドレスなのに髪に飾る花が紅ってどうかと思いますが。
ジュン君はキャバクラに来たお客さんです。黒のスーツに黒革靴、キラキラストライプの
白いYシャツにシルバーグレーのタイとコーディネイトは無難ですが、
上着の下でカフスをはずしてるのが半端でやだ。
ろくな会話もなしで、席で即キララにNGおさわりする困ったお客さん。
ジュン君じゃなかったら単にウザい人ですね。
キララがVIPルームへ誘って、そこで、という流れ。
でも始まっちゃえば設定キャラのウザさなど消し飛んで、いつもの素敵なジュン君です。
というのはドラマ的にはダメなんだけどジュン君が素敵な分にはなんでもいいわたくしです。
というか、最初から「素敵なお客様」のキャラできちんとドラマになってたら良かったんですよ。
ジュン君がお膝の上で横抱きにしてキスしてくれるのは素敵。
キスで氷をやりとりし、お約束で乳首を氷でちょっとなぞってから、
あったかいお口で含んでくれます。この温度差がイイのです。
でも氷プレイはそこまで。
ジュン君が何度も口移しでお酒を飲ませてくれるのが見所と言いたいのですが、
キララが飲み下すことはおろか口に入れてさえいない(バカ)。ちゃんとしていただきたいわ。
せっかくたっぷりクンニしてくれるのにアングル悪すぎて舌は全然見えませんし(無念)。
っていうか中目黒さんのVでジュン君の舌使いが見えたためしがない。
よつんばいにしての指使いが、激しくてちょっといいかな。そのあと潮を吹かせてフェラ。
キララにお酒(水割り風ですがたぶんお茶)を口に含ませたままフェラさせます。
それは気持ちイイの?前から入れて、接合部にお酒垂らしちゃうジュン君。(激モエ!)
ピストンしながら口移し、おっぱいにもかけて舐める。あ、ファック中にぶちっと前編終了です。
開始は前編の1:27:59からで、終了は後編の16:20でした。
これが動画の困るところですね。
なぜ前後編の切れ目はチャプターのキリのいいところにできないのでしょうか。

座位ではしっかり抱きしめあうのが羨ましいです。バックで、前から、とまた接合部にお酒を。
これ、ほんとにお酒を使うとどうなるんでしょうか。
粘膜からアルコールを吸収して酔っ払ったりするのかしら。
それ以前に、アルコールで粘膜が荒れそうね。
見つめながら 愛内梨花 (一徹君と3P)
最初は和風の木のお風呂でトイプレイです。2人でも狭い所に3人。しかもなぜか水着着用。
暑苦しいし冗漫。(ここ、桃咲あいちゃんの「Private」で使ったとこね。アレは良かったわ。)
放置されて一旦終了、場面変わって、和室で寝てる浴衣のリンカにWフェラさせます。
和室だから浴衣は正しいとしてその下に黒い下着をつけさせるセンスがわからない。
最初に白ブリーフで登場するのは一徹君。ソフトイラマです。
ジュン君は抜き身での登場。しっかり立ててきてます。(素敵)
ジュン君がリンカに顔騎フェラ。言動キビシ目。
リンカ膝立ちでジュン君をフェラしながら一徹君にバイブで責められて口がお留守になります。
いくときも放しちゃダメ、とジュン君何度も叱りますが、リンカ全然ダメです。
すっかり下がった一徹君をフェラしながらお尻を突き出し、
ジュン君に入れてもらうようお願いさせられますが
「ここ」と言って「『ここ』じゃないでしょ」と厳しく諭されます。
ジュン君の大きなストライドが素敵。
立ちバック&フェラに移行、片脚も上げられます。できない、というとダメ、と叱られ、
イヤ、と口走るとイヤならやめるよ、と叱られる。ジュン君ずっと叱ってます。
とにかくちょっと責められると全然フェラできなくなる子。
「おいちい」とか「ほちい」とか、言葉がウザい。
ジュン君に叱られるのはいいのですがプレイとしてはビミョウですね。
卒業 明日花キララ
タイトルが示すように、キララちゃんはこれでh.m.pを卒業です。
ジュン君はキララの理想の恋人を体現するプレイを担当。あらあら。
ダメじゃない中目黒さん(わかってない人だなあ・・・)。
理想の恋人役は森林君キャスティングしなきゃ・・・「キラ☆コレ」見てないの?
(↑根に持っている)
キララは年上の男性に優しく包んで欲しいんですって。
(そういう娘は多いけど年上だから愛して守って甘やかしてもらえると思っているのは甘いから。
男の「オトナ度」っていうか「寛容さ」と「慈愛の深さ」は年齢とは全然関係ないから。
元・超年上好きで現役年の差夫婦のわたくしが言うのだから間違いありません。
結局、自分の方が一方的に愛をいっぱいもらいたいと思ってる限り、
相手が誰であれ、絶対満たされることはないのです)
これはどうも、キララが幼い頃から妹のようにかわいがってくれている近所のお兄さんだか
親戚のお兄さんだかに告白H、という設定のようで、
ジュン君の膝枕で、綿棒でお耳掃除をしてもらっているシーンから始まります。
夢のようですね。
でも甘えついでにHに至る展開には、ぐったりさせられました。だからダメだってアドリブは。
ちゃんと脚本書こうよ・・・(ってまさか、書いてコレ・・・?)
衣装もいただけない。少女っぽいおかっぱ頭や白のサンドレスは
いかにも「清純可憐な少女像」のステロタイプだけど、キララ本人に全然似合ってないし、
第一それ、蒼井怜ちゃんのデビュー衣装でしょうが。
(メーカー引退の花道に後輩の衣装を流用させるのって鬼畜・・・。
怜ちゃんにしてもおニューの保証はないけど。)
しかもこの設定・この衣装でいつものデコ爪って・・・監督も女優も何考えてるの?
キャラ作りがほんといいかげんね。やるなら徹底してやるべきだしやれないならやるな、
と言いたい。デコ爪はキララのアイデンティティで、死んでもはずせないっていうなら
あの似非乙女ぶった扮装自体やめたらいい。しつこいけど、似合ってないしね。
別に清楚さだけが女の子らしさじゃないんだから、半端に清純ぶることないのよ!
ド派手な純情娘がいてもいいのよ!「キラ☆コレ」の森林君へのキララのデレデレぶり、
あれこそがここで求められている雰囲気だと思うんですけどね。ソレをプレイに
出してさえくれれば、ハッキリ言ってファッションなんかどうでも良かったんだけど。
な~んかね~・・・自分から誘うくせに、大好きなお兄ちゃんとこうなれて嬉しい、
ずっとこれを夢見てたの、っていう幸福感が全然出てないの。
「不慣れ感」「おどおど感」を出したかったのかもしれないけど、
それが「気がすすまなそう」「不本意そう」に見えちゃってるのが残念でした。
あ、ジュン君が「お兄ちゃん、さわるぞ」って言った声は激モエ。
優しい中にも毅然とした響きがあって、あれはドキッとしました。

ヤリアゲ!! 夢咲ほのか (黒田君たちと4Pトイ+トリで?と3P)
AVユーザーの間には「パケ写差異」「パケ詐欺」という言葉があるようですが、
これはそういう意味ではまったく「差異」も「詐欺」もない、非常に正直な、珍しい例です。
パケでおわかりのように安全基準外ですが、しかし、
あらかじめしっかりとそう覚悟して臨めば、トリの3Pの方は、見所がないこともないです。

トイ4Pの方は例によって出演者任せの出たとこ勝負のせいかしっくりいかず、
ジュン君の存在価値がほとんどないありさまですが
顔出しのない人(中目黒監督だったりして・・・)との3Pでは、その人がカメラ持ってますので、
ほぼジュン君のソロと言っていいくらいみっちりと映ります。しかもなぜかジュン君乗り気味?
複雑な心境ですが・・・。ジュン君、無理やり自分を鼓舞しているのかしら・・・
言動はちょっとSモード。一言で言えば「イジメプレイ」ですかね。
これが、意外にも、わりと見られたんですね。
「イったらダメ」という無理な命令をして、もちろんイかせて叱る、とか。
両腕を取ってのバックでイかせて、イったところでベッドに乱暴に放り出すとか。
いつもより数段女を雑に扱ってる感じがレアでした。
そういうジュン君がまた味わい深くもあり。

乱交×レイプ×妄想セックス 綾瀬ティアラ
安全基準外商品が続きます。こちらはしかしプレイに上記ほどのレア感はなく、消化物件です。
ティアラはジュン君の家庭教師。お洋服が安っぽすぎませんか。毛が薄いですね。
お掃除して、やれやれやっと終わった、と思ったらサービスで?潮を吹かせるジュン君。
インタビューでティアラが「(ペニスより)指でいじられる方がスキ」って発言してるせいかも・・・
十人十色とはいうものの、まったく人それぞれですね・・・
わたくしはペニスの方が段違いにいいけど。(別に指がキライってわけじゃないけど)
だって断然、あたりがヴァギナに優しいじゃない?
まあ施術者にもよるでしょうが。
処女宮~奇跡の純真~ 秋山祥子
安全圏の普通女子です。ジュン君、カメラマン兼任プレイ。
ピアノのそばでパンティをチラっと見せただけで「勃起しちゃった」って
ジュン君に言ってもらってます。悔しい。
指入れしながらたっぷりクンニですが、キスも乳首舐めもなし、フェラは申し訳程度。
こんなのアリなの・・・?と思ううち、
ベッドに寝せてペニスの先端を乳首にこすりつけ、2・3度胸の谷間を往復させながら
「入れたくない?」とジュン君が誘うのですが、笑ってごまかすだけの祥子にムッとしたのか
「くるっとまわってお尻突き出して」と言い渡し、バックでスタート(笑)。
背面騎乗を経て前からフィニッシュ。
一応掃除はしたものの、雰囲気はなんだかしっくりしていなかった印象。
マシュマロリップ 白咲舞
これも撮影しながらのプレイです。カメラにちゅってする舞を「かわい・・・」と詠嘆してスタート。
賛成しかねますが(ブスと言う意味ではなく、アップにしすぎて、昨今流行した鼻がやたら大きく
写ってる子犬のような状態になっていたのでね。まあ、ある意味でかわいいのか・・・)、
でも嬉しいでしょうね、そう言ってもらえたら。キスはたっぷりです。
ジュン君の指を舐め、乳首を舐めますが、舐め方あっさりね。期待ほどでもない。
ジュン君のパンツはTOOTのカラフルなタータン。可愛い!
でも、状況が状況だから、ジュン君あんまり映りません(泣)。
ジュン君のアングルをチェックする目線だけは萌えだけど・・・
あっ、ジュン君唾液のおねだりはやめて!!でも舞さん口がカラカラみたいで全く出ません。
その後「俺の唾液も飲んで・・・」って垂らしてくれたのはすごくうれしいけど
ジュン君肝心のお顔が映ってないって(号泣)。
舞に騎乗させて「そ・そんなに振ったらダメだって」っていうジュン君は激モエ。そんなに上手?
あっ、あきらめきってるとこでジュン君が唾液を垂らしてくれたわ!(46:36)
今度は顔もしっかり。と思ったら唾液じゃなかった。お水?お顔に玉の汗のジュン君はモエ。
バックアングルでジュン君の腰のエクボが(激萌え)。
ファックでいけなかったのか、フィニッシュは舞さんの口と、主に手で。
ああ、危ない・・・。爪、とがらせすぎ。舌苔のお掃除もお忘れなく。
H-1グランプリ (明日花キララ「中出し初体験」より)

以上、26作をご案内いたしました。
遺漏、誤り等あればコメントにてお知らせください。
月額h.m.pはまだまだ続きます。お楽しみに!
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。