FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月額SOD(制作2011年前半/19作)


DMMの月額SODは、月3980円とお高い。
24本以上の視聴で、なんとか借り放題プランよりお得になるのですが、
幸か不幸かこのチャンネルはジュン君の出演作が多いので、
他年度物件とあわせれば十分ペイはします。わたくしの見過ごし物件も多いはず。
トロイアを発掘したシュリーマンの事績に倣い、お互い、がんばりましょう。

それに、今まで見れば不快になるVの多かったSOD系列メーカーですが、
このページのVには、なんと、「女を陥れるドキュメンタリー風不快V」はありません!
すばらしい!ただし、ウソ設定モノはありますし、AKNRのドラマは相変わらずダメダメですし、
ごく一部を除いてほぼ微妙物件というのが困ったところです。
しかし!名品が少ないチャンネルだからこそ、
最もコストの低い月額動画での視聴をお勧めする次第です。

(月額動画チャンネル群中最高値だとしてもです)

追記としてダストボックスを設けました。
そこは、わたくしが自分をスッキリさせるためだけに書いた、感想の汚物入れのようなものです。
末尾の「続きを読む」をクリックすれば読めてしまいますが、
ほぼ女優さんの悪口に終始しているため、お読みにならないほうがよろしいかと存じます。
ご気分が悪くなられても責任は負いかねます。


2011年6月までにリリースされたもの(19作)

本物双子姉妹 ちはる・みはる (貞松君と2・2)
ダメです。

レア
元N○○ 山形放○局 潮吹きドMアナウンサー 森下愛
(アナウンス中のイタズラ+工藤さんと3P)
森下さんはいかにも元NHK地方局アナという感じ(真偽は定かじゃないけど)。
ほとんどダサいといえるファッションや生真面目な感じの顔つき、言動がね。
ドMなのは間違いない。ぽっちゃりお嬢さんです。
トップは万次郎君で、え?と思ったんですが、あの万次郎君が実に手馴れた感じで
Sをやってるんですね。やはり「Mは両方やれる」という言葉は真実なのですね。
変わってるな、と思ったのはクリをこすられて失禁するという点ですね。
ジュン君は次のコーナー。ニュース原稿を読む森下さんのテーブルの下で
指と電マで性器をイタズラです。顔にぼかしを入れられちゃってます。
クリでも中でも失禁する森下さん。トリ3Pでは、ジュン君のお顔は出ます。
森下さんは黒いヒモで両腿に両手を縛られている状態。ジュン君のプレイとしてレアな点は2つ。
目を無理やり開かせてブス顔にする、というのと、ジュン君のイラマで嘔吐です。
二人で潮をひたすら吹かせますが、その手つきの乱暴なこと。ジュン君にしてもです。
残酷なジュン君は綺麗でしたが。やられたくはないな・・・
あ、2回唾液垂らしてくれます。ソレは嬉しかった。工藤さんの時は上手に視線を外してください。
ジュン君キスなしです。どこも舐めません。それは全くかまいません。今回は。
だってあっちこっちいろいろタイヘンなことになってますからね。長尺でした。

時間が止まる腕時計パート6(3・3バカくさそう)春咲あずみ他 *未見
CMで見ただけなんだけど限りなくバカそうで見るのが怖い。
しかし見ますよいずれはね。

バレないように彼女の親友と 4 桜りお
ダメです。

2010東北○○大学ミスキャンパスグランプリ
美人女子大生が処女のままAVデビュー!西野まお(19歳)

でたでた、処女証明書が(嗤)!家の事情で学費が払えなくなったからAV出たんですって。
そういう時はね、延納願いを出して奨学金を申請しなさいね。
経済学部「みたい」なところで「難しい」大学なんですって。へえそう。あなたにとっては、
ということならそうなんでしょうね。サークルはバスケットですって。意外です。
まんが研究会にしか見えないけど。処女だと言われればそうかもねという気はします。
トップは南君のソロ。キスは舌を使ったことないんですって。
南君、舌を使わない軽いキスのことを「フレンチキス」といってますが違うと思います。
でもAV界では同じミスをしている人が結構いるんですよね、発言を聞いてるとね。
「フレンチキス」=「ディープキス」です。わかりましたか。
指は入れず、クリにさわり、クンニして入れます。ちょっと痛がりますが顔もゆがめずに受けます。
「どこが痛い?」「おなかの中」ときき、南君、即、入りを浅くします。(親切。健気。)
わたくしは入り口でしたけどね痛いのは。掃除なしで終了。「血、でてない?」「でてないです」
というのは自然で良かったかもしれない。アイラインが溶けて狸さんになってる。
ウォータープルーフじゃないとね。どうしてメイクの人がそういう心配りをしてあげないのかしら。
「疲れた?」「(照明が)熱かったです」って言うのもリアル。
そのあと非常にアレなかんじの人をフェラさせられてから、3P。
処女喪失の同じ日に3Pやるって、鬼畜企画ですね。初めてのセックスの時って、
終わったあともしばらくは乳首もアソコもすごくひりひり痛くて、脚を閉じてるのに、
股関節はなんだか開きっぱなしな感じで鈍痛がしてるし、大変だったけどねえ・・・
プロの男優さんにしてもらうと大丈夫なのかしらね。
3Pのリーダーは明らかにジュン君で、言葉かけが大変多いのは良い。愛撫もほとんど
ジュン君がメインで担当しています。またそれを野島さんが一切邪魔していないので、
存在が気にならないのも良い。(ゴメンなさいねwww)
女の子も嘘よがりや無駄喘ぎをしない点は非常に良い。
ローターではじめて声をあげます。ジュン君の指で充分に潮も吹くしWフェラは素直にこなし、
ファックは全く痛がらず気持ちよく受けて、終わって「気持ちよかった・・・」と心底言い、
素の感じて晴れ晴れと笑ったのが印象的。このVの中で一番いい笑顔ではあったわね。
55分近い長尺ですが、それがたいして冗漫な感じもなかったしね。ジュン君が指を入れて
「まとわりついてくる。(入れられるのを、ヴァギナが)待ってたんだね。
(ヴァギナに)歓迎されてる感じがするよ。」
って言ってくれたのはよかったわ・・・
最後もカットのあとでやさしく顔を拭いてくれて「痛くなかった?」ってきいてくれたり。
レアな点はWお掃除かな。ジュン君が始めにフィニッシュして、お掃除なかったから、あら、
と思ったんだけど、野島さんが出してから一緒にお掃除させたのね。
ジュン君たいして萎えてなくて、へえって思ったわ。この女の子はまあよくやったんじゃないの?
でもこのVのあと、もののみごとにキモ系男優とばかり・・・気の毒。

好きなプレイ
芸能人理性を狂わす極上のカラダ 羽田あい
まあ理性を狂わすかどうかは置いとくとして、この女優さんはSOD初の上玉といっていいかも。
言葉の発音がちょっとアバズレている(きもちいぇ~、みたいな発音)のが最悪だけど
手足は長くて綺麗だわ。「観賞用としてちゃんと見られる体」です。
AV女優には珍しく、見苦しいぶつぶつや掻き壊しやDVを疑わせる痣などもないし、
色白でピンク乳首。お顔、ちょっと志戸君に似てない?(ぷ)
でも、これはビジュアル的にはすごく綺麗なプレイだったわ。
最初は椅子に後ろ向きに拘束されてお尻を舐められ、フェラは四つんばいで、
ジュン君が後ずさるのにあわせて床を這わされ、ファックはひたすらバックで責められる。
でも別に全然SMじゃないけど。ジュン君すごく優しいし。

AV Debut 片桐えりりか
ジュン君トップ。墨色のTシャツには白い大小の水紋のような模様。モードっぽい。
デニムは黒、ベルトは白。今日も素敵です。
脱がせた時水平になる程度に立ってるのがなんだか悔しい。
まあ乳首舐めさせてるせいもあるかも。
プレイと言うかお相手はダメです。

夜勤中に居眠りしている看護婦を夜這いしちゃった俺 橘ひなた
からみに入ってしまってからはわりあい見やすかったと思うの。とはいえ、前フリは不快。
疲れているからといってあらゆるところでミスをする仕事ぶりがいらつく。
こういう人間は「すいません」と口ではいっても全然すまないと思っていないのよね。
自分をかわいそうな被害者としてすっかり肯定してしまっていて、
気を張って仕事を遺漏なくやりきらねばという使命感が決定的に欠落しているの。
大体2日2晩ぶっ通しで勤務させるような危険な勤怠を強いる病院などない。
食事の介添えの時に、見かねた患者(ジュン君)が「ここで少し寝ていけば」
と言うのにずうずうしく甘えるひなた。言う方も言う方。一体どれくらい寝かせるつもり?
たかが10分やそこら椅子で転寝して済むものではないでしょ。
結局午前3時の点滴指示も満足に実行できず椅子で居眠りしているひなたを
ジュン君がつまみ食いしてしまうのだけど、ずいぶんいろいろされるまで寝ている、
というかじっと寝ている演技ができているということは、裏を返せば、
よがりのほとんどすべてが嘘、ともいえるわけで、こういう演出をする人間は
本人は気が利いているつもりだろうけどずいぶんバカだと思うわ。
アキノリですので、ここでも女の鼻をジュン君がべろべろ舐めちゃいます。
監督のマイブームもたいがいにしてほしいと思いましたが、
女がジュン君に左の腋を舐められながら自分で自分の右の腋を舐める、
という馬鹿げた行動も、もちろん監督の趣味なのです。だって
コレと全く同じアングルで同じことを、教育実習生の陽菜がやってたもの。
あの時は画的な汚らしさと女が自分ばかりよがろうとするあさましさで
切れそうなほど頭にきたけど、監督の命令だったのね。
今回、ナースステーションに「風邪は鼻から」というコピーの、
鼻のアップのポスターが張ってあり、監督が鼻フェチなのだと確信。
鼻なめはジュン君がやりたくてやっているわけではないのね。よかった。
ジュン君の鼻を舐めてあげるのはいいけど舐められるのはきまりが悪いからね。
大体、こってりファンデーションを塗ってある部位をジュン君に舐めさせるなんて・・・
とんでもないわ。


嫁の妹と 2 JKバージョン 朝倉ことみ
ダメです。

カワイイ契約社員と勤務中に 成瀬ここみ
ジュン君、契約社員の心美を会議中いじる。好きだからとかではなく、劣情からのみ、
という行動。心美は女子正社員にもかるく侮蔑的な扱いを受けており、
ジュン君の扱いもそれと大差ないのが切ない。会議が終わって、「ココ、片付けといて」
と言い捨てて去る女子社員。一人残った心美に「さっきの続きしよう」とジュン君。
キスからの鼻舐めはアキノリだから仕方ない。「バレないように5」でもあずみにしてるし・・・
(陽菜にはしないけどwww)画的に美しくはないし女としては萎えるわね。
ジュン君にするならいいんだけどね。っていうかむしろ積極的にしたいんだけど、
やられるのはなあ・・・乙女としては抵抗があるわね。

レア
処女喪失 花村まほ(20)
この人は本物でしょう。
問題意識を刺激される、非常に特殊なVに仕上がってます。
(制作側に落ち度はほとんど無いですめずらしく。むしろ非常に良心的。)
別記事にしたら3本分になってしまいました。(すみません)詳しくは以下で。
処女たちへの祈り~「処女喪失 花村まほ(20歳)」に学ぶ①~
他山の石と一果の宝玉~「処女喪失 花村まほ(20歳)」に学ぶ②~
因果応報ということ~「処女喪失 花村まほ(20歳)」に学ぶ③~


バレないように彼女の親友と5 春咲あずみ
仲間内で結婚する友人へのプレゼントを決めるために集まった皆さん。
ジュン君が乾杯の音頭取ってるからジュン君のうちって言う設定?みんなで鍋を囲んで、
「旨そう」って、そうは見えないけども。ジュン君はさっきから、キッチンのテーブルで
100円ショップの水彩画キットみたいなのでお絵かきしてるの。丸い厚みのあるプレートに。
時計の文字盤かしら。あずみはジュン君に大学時代に告白したんだけど、その時は
振られたの。ジュン君はあずみの親友のミキとつきあってるわけ。ミキは野暮ったい女で、
ってそれを言ったらあずみだって野暮ったいんだけど(なんですかそのベレーは・・・)、
まああずみのほうがだいぶかわいいわけよ。なんでミキだったのかしらね。
「小田切君に振られてからずっと一人だよ」「あの時あずみを選べばよかった」なんて言って、
みんなが酔っ払って雑魚寝したところでしちゃうわけ。
ドラマ的には釈然としないながらもシリーズ内ではこれでもマシなほうなんだけど・・・
どうしても、場所は他にもあるのに・・・って思っちゃうわね。どうしても今じゃないと、
どうしても今ここで、っていう必然性は全くないから、のれないの。あ、ハナ舐められちゃった。
ジュン君の鼻をなめたいの!自分は舐められなくてイイの!

20歳、性欲、覚醒 前田かおり
わたくしの好きなタイプのキレイなお嬢さん。八重歯なんだけどむき出さないからOK。
骨が出てるのがほんと惜しい。わたくしの脂肪を分けてあげたい。
ジュン君トリ。綺麗です。

憧れの教育実習生とこっそりやっちゃった俺 前田陽菜ほか
苦しい物件。

失禁するほど・・・。やまぐちりく
埴輪のようなスカートが良くお似合いのお子さんですね。わたくしはダメです。
お部屋の外の景色だけは非常にきれいですが日光が過酷です。窓は磨いてください。
ジュン君は真珠です。
(驚いたことに、このVの撮影場所は、
 あの美しい名作「小沢アリスE-BODY専属DEBUT」と同じ場所でした。)


ドラマはプレイは
絶対に手を出してはいけない相手を夜這いしちゃった俺 3 桜花えり
ドラマ最低だけどプレイはイイ、という奇跡のような一本。
前フリドラマがあまりにも不快でそれだけで見る気をなくしてしまうほど。
えりさんは、元ギャル感がただよう娘さん。髪と服は普通。夜、帰宅したとたん「なにこれ」と
うんざりした表情。台所は汚れた食器の山、ちゃぶ台は空いた酒瓶でいっぱい、床は服の山。
怒りをこめて皿を洗い始めると父親が人を連れて帰ってくる。父親は人足の親方風。
「一杯飲んでってくれよきったないところだけどよう」などと客に機嫌よく言っている。
えりを見ると「今度新しく入ったジュン君。」と紹介。ところがえりはあいさつもそこそこに
「おとうさんなんで食器片付けないの?お母さんが死んでから、
いっつも私がやってるんだからね!」と父親に食ってかかる。
知らない人の面前で親に恥をかかせる、こんな娘は人間としてダメです。
ましてジュン君はお父さんの新しい部下じゃありませんか。カッコイイ人だから、
こんな散らかった家を見られたくはなかった、恥ずかしい、という感情は理解できるとしても、
「これは私がだらしないんじゃなくてお父さんのせいなんだ」ということをアピールするために
お父さんを非難するのは自分という女の評価を決定的に地に落としますよ。
だいたい、親元に住まわせてもらって食べさせてもらいながら、学費の面倒も見てもらっている、
いい年をした娘(や息子)が、母を亡くした家庭で主婦役をするのは人として当たり前です。
それをこの言い草。最低ですね。それに、この散らかりようは、
朝片付けて夜帰ってくる間にできあがったものとは到底思えない。
4・5日以上はかけた散らかり具合です。毎日一緒に寝起きしていてこのていたらくなら、
100%娘が悪い!百歩ゆずって、娘がゼミやサークルの合宿などで何日か留守にして
帰ってみたらこんなことになっていた、と考えてやってもいいけど、だとしてもやっぱり
お客様の前でお父さんを罵倒する態度はいいわけのしようがないわね。
で、当のお父さんは娘を軽く無視してちゃぶ台の前に座り、飲み始めます。
娘、ここは皿洗いじゃなくてまずはちゃぶ台の上の片付けでしょ!ほんと気が利かない子ね!
それが済んだらすぐグラスをお出しして!何かおつまみになるようなものを見繕って!
なければ買ってくる!それをこのバカは男二人をほったらかして皿を洗って、
お父さんがトイレに立ったら皿洗いも済んでないのに床の服を雑にたたみ始まるの。
今そんなことするくらいならまとめて奥の部屋にでも入れときなさいよ!何考えてんの?
で、ジュン君も手伝ってくれて。(だってそうせざるを得ないわよねえ)
お父さんが戻ってきたらまた皿洗いに戻るバカ娘。で、そのあと「宿題やって寝る」と言い、
居間とふすまでつながっている奥の「自室」(ふすま開けたまま)でPCを使い始めるがフリーズ。
ちょうどお父さんが転寝を始めたため、えりの様子に気付いたジュン君が「どうしたの」と
声をかけてあげ、状況を見て、それなら、と強制終了して再立ち上げをしただけで
「すご~い、なんでそんなにパソコンに詳しいんですか」というえりには殺意がわきませんか。
お前はパソコンに触るな!とぶちのめしたい。
ジュン君はえりのジーパンのうしろからのぞくパンティで欲情したらしく、
「そういえばえりちゃんてかわいいよね」と何の脈絡もなくバカ発言。何がそういえばなの。
(監督の書いた脚本が悪いと思うことにしようっと)
「お父さんには似てないよね。お母さん似かな」とか
「かわいいなんていわれたことない」というえりに「それは周りの男にみる目がないから」などと
手垢まみれのお世辞を言ってすっかりのぼせたえりをぱくり。
なにもこんな娘を、とうんざりするけど、
始まっちゃえはこれが、本っ当~に意外だけど、良かったわけ。
やり終わったところでお父さんが起き出して、というハラハラ感の中でエンド。
前フリさえなければよかった。腋は舐めるが鼻の穴には執着していなかったのもたすかった。
プレイはみっちりしていて非常に良かったし、女優の声のこらえ具合も良かった。
この前フリで。奇跡の一本というしかない。


中出し◆ナースコール 美咲みゆ
なんか不快。女がカワイ子ぶりながら男をもてあそびいじめるプレイだからかしら。
オープニングではいかにもジュン君と両思いで、ただし、まだ告白はしあっていない、
というような演出をしておいて、いざ2人のシーンになったらこのありさま。
夜中のナースステーションに一人でいるみゆに、入院患者のジュン君が告白、
すると「へえ。私のどこが好きか全部言ってみて」といい(これだけで十分カチンとくる)、
他には?他には?と強要しつついろいろ並べさせて(これが失笑モノなのよ・・・。
「アイドルのような完璧な容姿」(爆)「モデルのようなスタイル」「長くて綺麗な脚、手」
「美しい白い肌」「天使のような笑顔」「天使のように可愛い声」「そのなんともいえないしぐさ」
「なんともいえない甘い香り」「誰にでも優しい性格」とことごとく表面的な点ばかり。
こんなことばかり言われたらどんどんさめてしまいそう)、あげく
「じゃあ、あなたは私のために何ができるの?」とくるの。偉そうね・・・
バン!とカウンターに手をついて「何でもできます!」と断言するジュン君。この男も浅すぎるな。
「じゃ、こっちきて」と手術室に連れ込まれ、拘束されるジュン君。
そしてみゆは自分が普通に声出してしゃべったりよがったりするくせに
ジュン君にだけ「しー!」と何度も言う。しかも質問しといて答えると「しー!」とやるので
ほんとに頭にくるわwww騎乗で生で入れる成り行きだけど、根元に白くゴムのへりが・・・?
最後の中出しも、直前のファックはジュン君が弾ませてやりながらも接合部が見えず、
変だな、と思ったけど、射精後わざわざみゆが手で接合部を見せないようにして
ペニスをヴァギナから抜き取(って見せ)るさまが不自然極まりない。
最後は入れていなかった+出して見せたのは擬似精液、じゃない?
そうしてもらってまで見る必要はないプレイね(特に会話が)www
でも、ジュン君が「しー」って叱られるの前提で、
いつもよりわざといっぱいかわいい声出してくれたから、
なんとか間が持ったわ。(わざとでもやっぱりジュン君の声は萌え!)


好きなプレイ
国民的アイドル、性欲、覚醒 やまぐちりこ 1:12:36~E
構成はともかくとして、プレイはすごく良かった。詳しくはこちら。

軟体すぎる本物新体操選手!
色白だし、乳首はピンクだし、スレンダーだし、体はきれいなのですが、顔と歯並びが。
ジュン君は「軟体電マ」(白黒ストライプ)とトリの「軟体セックス」(黒の千鳥格子)。
パイパンにしておけばいいのに肛門まで毛を生やしている。
新体操をやってるのもほんとっぽいけど、AV素人ではない気がする手馴れ感。
電マでいったらジュン君は退場し、連続フェラ抜きになりました。
トリのプレイはオープニングで使ったピンクの競技用衣装だけど、
それは汁男優に汁をかけられたもののはず。赦せません・・・
ジュン君のプレイが先に撮影されたならいいけど。





以上、19作をご案内いたしました。
遺漏・誤り等はお知らせください。
ダストボックス
ここはわたくしが自分をスッキリさせるためだけに書いた汚物入れのようなものです。
ほぼ女優さんの悪口に終始しているため、お読みになる時はご注意ください。
ご気分が悪くなられても責任は負いかねます。


本物双子姉妹 ちはる・みはる
確かに本物の双子らしいですが、乳首は全く似ていないのがへえ、という感じ。
(妹さんの乳輪は大きいの。)一卵性なのだから、カラダのすべての部位が
コピー状態かと思ったんですけど、そうじゃないんですね。1時間16分もの長尺で、
内容は冗長・冗漫。女の子達になるべくしゃべらせようというせっかくの意図も、
肝心の双子姉妹があまりにもウザイ受け答えしかできないため、逆効果。
相方が貞松君だったため、別々感や置いてきぼり感・ギクシャク感がなかったのが
せめてもの救いですが、会話がどうしようもなくつまらない。
姉のちはるさんはイタイことしかいえないくせにでしゃばるのが困る。
妹・みはるさんは、二人の性格についてきかれると「ちーちゃんは負けず嫌い、
みーちゃんは人懐こくて明るい」と一方的に自分を良く言うことからも
その性悪さがうかがえるというもの。愛想、人懐こさという点では姉の方がましです。
姉の方が背が低く体重があるとのことですが、そう指摘する妹の方が体積はありそうです。

バレないように彼女の親友と 4 桜りお
シリーズ3よりは若干マシだけどやはり小汚いギャル扮装。ここまでやられると、
短い素爪なのはかえって滑稽なものですね。バランス悪くて。役の性格のウザさは
シリーズ3と甲乙つけがたいわ。ジュン君の彼女役(サキ)の女がかなりアレなため、
寝取られて気の毒という気はしませんが、不快な女しか出てこないこの状況がイヤ。
ジュン君が夏服なのに妙な短ブーツに長い白ソックス。ママチャリ二人乗りは超低速走行。
何だか萎え。演出上誉められる点は、クラスの生徒の男女がほぼ同数だったことだけ。
放課後の補習をサボってジュン君と帰ろうとしていたサキに、いっしょに帰ろう、と言うりお。
ハッキリ言ってお邪魔虫なのに、快く仲間に入れてくれたサキをおとしいれて、
まんまとジュン君と二人きりになるんです。こういう道義をわきまえない子ってキライよ。
そしてジュン君をどこぞの階段の上に連れて行き、Hを強要です。
「私とあのことどっちが好き?」と何度も高圧的に尋問。どっちもウザイと言ってやってほしい。
ジュン君は答えない。でも「どっちのお尻が好き?」と言われ「こっち」と言ってしまうのが悔しい。
確かにあのGFはなんですが、だからと言ってこんな女に、
こんなに簡単にやられていいものでしょうか。男子としてなんとかしたい。

AV Debut 片桐えりりか
DVDのメニューが出る前の最初のスポットで、この娘さんの、
「オナニーの時間がキター!!!」というアニメな大声で腰が抜けそうなほど仰天させられた人
(そしてどっと萎えさせられた女性ユーザー)は、決して少なくないんじゃないかしら。
女優は勘違いさん。整形こけし風。髪がうっとおしい。贅肉体型。肌が汚い。色がどす黒く、
あちこちに虫さされのようなものがあるし、腿裏からお尻はぶつぶつだらけ。手が年寄りっぽい。
恥ずかしがりかたが実にウザイ。計算と演技臭ふんぷん。
ニコニコ動画で「スマタギター」などという大バカな真似をしていた娘さんが、
感じる場所を訊かれただけで恥ずかしがるというのは白々しすぎるし、
股間を見せるときの恥ずかしがりようもうそ臭すぎる。
まあ普通なら恥ずかしがって当然ではあるけど。(あきれた剛毛に黒ラビアだしね)
でも、本当にそれを恥じているならこんなとこに出てこれるわけがない。
フェラ中、ジュン君がここも、とペニスを上向きに押さえたのはボールを舐めさせるため
だと思うけど、裏筋しか舐めないため、だめだこりゃ、という感じで69に。
その後、入れることになった時、ぐーでえりりかの脚を開くジュン君。なんなのそのぐーは。
でもそのあと手を組んであげてひざに置くのよね。思わずイジワルしたけど、
いかんいかんって気を取り直した感じ?
ファックの最後では、「もっと。もっとほしい」と言ったくせにそれから10回もピストンしないうちに
「もうだめ。とめて」というのはバカなんじゃないの?
準備してきたキメの台詞なんでしょうけど頭悪すぎ。この台詞は行って見せたあとで、
突きを止めない男に、お願いもうだめ止めて、よすぎて死んじゃう、というように使うのが正しい、
というか使用法としてそれ以外ありえないでしょ。
ただ、射精態勢に入っている男に対し、自分が一足先に行ってしまったからといって
「止めて」というのはかなり身勝手で顰蹙よね。これはまだ射精までに余裕のある男が、
イジワルから、女が行っても止めてくれない時にのみ使うべき言葉で、
まあどんな台詞でもそうだけど、相手と状況を見て適切に使わなければ効力はない、
どころか却って場をぶち壊してしまうので気をつけたいですね。
「もうとまらないよ」とジュン君がまともに受けてあげるのもバカらしい。
相手にしないでもらいたかった。この子はもう今後はカンベンしてほしいわ・・・。

嫁の妹と 2 JKバージョン 朝倉ことみ
嫁はバレーボールのサークル活動に血道を上げていて、家は集会所の様相を呈している。
でも、練習日にわざわざ妹が呼ばれて、出かける姉のかわりに義兄のために夕食の支度、
というのは納得がいかない。普通、妻がお夕飯を準備してから出かけるでしょ?
何日か旅行で留守にするっていう場合ならともかくね。だいたいその「助っ人」(妹)が、
お料理ろくにできないんじゃあお話にならないでしょ。外食の方がましよね。
妹さん、歯並びがものすごい・・・。「一生懸命がんばる」を連発するのがうざい。
たかがお酌と乾杯で異様に盛り上がる二人がうざい。熱意が空回りしたお料理。
真剣にがんばって作ったならそんな結果になどなるはずがないのに。
こんな妹をわざわざ呼ぶ姉などいるはずもない。結婚生活への憧れをブリブリで語る妹。
そんなたわごとを言うひまがあったらまともな食事を作れといいたい。
しかし、そんな義妹に、たまりません、という感じでキスする義兄。(へたるわたくし)
ここでもジュン君は鼻ナメをやる。腋もタップリ目に舐めるし、耳を舐めたり
頭のにおいを激しくかぐとか愛撫が変態じみている。足の指もアナルも。クンニはひたすら吸う。
ずぶりという感じでいきなり指を入れて潮を吹かせ、またクンニ。全般強引で乱暴な雰囲気。
フェラもペニスの匂いのかぎ方が下品で変態じみている。これは監督の指示だと思いますが。
よがりは大騒ぎ。粗暴なほどのファック、また鼻舐め。
「お兄さんの唾液の匂いがする」って・・・どうなの・・・(っていうかあなたに言われたくないのよ)
「幸せ」っていってるからいいのかな・・・だっこ騎乗のあともまた鼻。なんだか画的に・・・
このお相手でこのプレイはキツイわ・・・
変態っぽいのはキライじゃないんだけどやっぱりお相手によるわね。
パンツ初見。バンドはレインボーカラー(上から青・水白・黄・橙・赤)、
身頃は黒で白い縁取りが。白黒ボーダーの長T、デニム。

憧れの教育実習生とこっそりやっちゃった俺 前田陽菜
実習生が担当教諭にセクハラされていたのを生徒のジュン君が
「なにやってるんですか」と見咎め、事なきを得る。
「あのエロジジイがまだいるかもしれないから一緒に帰ろ」と男気を見せるジュン君。帰り道で
「こんなこと突然言ったら驚くかもしれないけど、初めて見たときから先生のことが好きで」
と告白、するのはいいんですが、それでホテルに連れ込むというのはどうなのか。
先生のアパートまで送って「お礼にお茶くらい出させて」と言われて部屋で告白して押し倒す、
というのが正しい。この女はホテルの中に入ってまでダメダメ言っており馬鹿らしい。
しかもキスしてから突然狂ったように貪欲にジュン君をむさぼりだすのが本当に下品。
ジュン君に左の腋を舐められながら自分で自分の右腋を舐める画は非常に汚らしく醜い。
何考えてんの、とぶってやりたくなる。色白の幼児体型ではあり、
おとなしくやられまくって泣いているか、必死に奉仕に徹していれば見られるかもしれないけど、
このプレイはピントがことごとくずれている。フェラのよだれも汚らしい。声がうるさい。

失禁するほど・・・。やまぐちりく
歯と肌さえきれいならたいがいの事は我慢しよう、と日頃決めているのに、ダメでした。
最初のインタビューを見たのが失敗でしたね。野暮ったい顔立ちは元々好みじゃないけど
それだけなら何とか我慢できたと思うんですが、どうにもだめだったのは話し方と内容。
舌が長すぎるのか出しっぱなしにしてかみながらしゃべっているような発音がうざすぎる。
そんな口調で「ガンバリマス!」と言われ、頑張らなくていいです、と心から思ってしまいました。
まあほとんどの女優さんが「がんばります」って言うんですけど、
セックスは「頑張って」するものではありませんし、
「頑張ってしたセックス」など見たくもありません。
だいたい、周囲の人に全部お任せしてただお客さんしてるだけなのに頑張るもないものです。
仕事だろうがプライベートだろうが、セックスは「したくてする」ものであるべきで、
そこに喜びがなければ美しくなんかないし見る価値もない。
このかたはやまぐちりこさんの実の妹さんだそうで、まあ確かに「元××」とか「誰それの何」とか
「ちょっとしたものめずらしさで売る」という姿勢はAVの常道ですから、「姉妹でAV女優」
というのは互いにとってそれなりの付加価値にはなるのかもしれません。しかしだからといって、
こんなに普通のお子さんを、ちょっと儲けられるかも、というだけの安易さでくいものにするように
周囲の大人がよってたかってデビューさせるのはいかがなものか、という気は非常にします。
まともにお勉強してお勤めして一生かけて稼ぐお金と同等かそれ以上の収入が、
たとえほんの数年で手に入るのだとしても、それで幸せになれるほど人生甘くないしね。
まあ、本人が本人の頭で考えて覚悟してやってることなら何も言えることではないのですが、
どうしても「何とかもおだてりゃ木に登る」の典型的実例を見る思いがするのです。
まあそれも、AV業界内ではまったくめずらしくもない、非常によくある現象なんですけどね。
ところで、この言葉はあたかも「ことわざ」のようですがそう古い言葉ではないんですよね。
わたくしが子供のころ放映していた「タイムボカン」というアニメの中の、
オリジナルのフレーズなんですよね。脚本家はどなただったのかしら。
もうことわざの領域ですよね。
真理をついた言葉は人々の心に根付いて残るのですね。



以上、ダストボックスでした。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。