FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃のVanessa Style 6号 ~羽子は善い文使いであるか~

たとえば

よその学校に、好きで好きで仕方ない男の子がいて

ずいぶん長く思いつめてるんだけど自分と似たような状況の女子は大勢いて

声をかけることなんて思いもよらないから

自分を慰めるためだけにその子にヒミツのラブレターを書いちゃったりしてたんだけど、

それもけっこうたまってきちゃったし思いは衰えないしで、

だんだんその子に読んでほしい気もしてきて

でも、住所もわからないから届けられなくて

そんな時に、

自分のクラスに転校してきた子(仮名・羽子)が、

たまたまその男の子と知り合いだとわかって、

お願いすれば手紙を手渡してもらえる、ということになったとき、

どうします?

その羽子さんという転校生のことはまだよくわからないけど、

パッと見、自分とはあまりにも価値観が違いすぎていそうで

到底お付き合いできなそうな子だったら。

最初はそれでも、ほかに手段がないんだから、と、

わらにもすがる思いと勢いでお願いしちゃったんだけど

普段の言動を観察してると、どうもいまひとつ信用できる子の気がしなくて

ほかの用事と一緒にそういえばアレは届けてくれた?ってメールしたら無視されて

相当不安と不審の念が募ってきて、そのことを、ついでがあったときに

羽子と付き合いがあるらしいけどわりと信頼できそうな女子(仮名・桃)に言ったら

羽子がすぐ「いついつのメールなら文字バケしてたんだよ。手紙なら届けたよ」

って速攻でメールを入れてきたのね。

他の人から文字化けを指摘されたことは一度もないけど、ほんとに文字化けしてたなら、

なぜそのとき即、あなたのメールは文字化けしてますって返信しないのかしら

って素朴に不思議に思ったんだけど、その件は「遅くなってごめん」で流され

今また羽子はクラスのみんなに「手紙ならまた届けてあげるよ!なんなら会ってみる?」

って言ってるんだけど

その提言にまたのっかっていいものか 迷ってしまっている

わたくしそんな状態ですの今。



平安時代の姫君たちは、「文使い(ふみづかい=手紙を届けること・人)」をする女房(侍女)を

厳選しました。それは当然だと思うの。ある意味、自分の代理人だから。

自分に忠実で、みめうるわしく、センスがよく、機転が利く侍女でないと。

粗忽者ではいけません。大事な手紙を汚したり失くしたりするようでは困ります。

勝手に中を読んじゃう無礼者ではなおさらいけない。
(平安の御世は女房たちがこぞって参加し、姫君と共に一丸となって
 姫君の恋を成就させるべく必勝ラブレターの製作に当たっていたわけですが、
 もちろん「見ないで」と言われればあえて踏み込むことはなかったでしょう)

ましてそれを悪用するような人非人はもってのほか。

自分の全幅の信頼が置ける侍女でないと、

自分の魂をこめたというべきラブレターなんか託せないわよね。



で、Vanessa Styleなんですけどね。

2月25日発売の6号、アマゾンで予約購入しました。(だってレジに出せないもん)

昨日届きました。でも夫がいたから、速攻でクロゼットに隠して、

今日、夫と息子を送り出してからやっと見たの。

2011年11月25日発売の3号では、ジュン君1ページでした。見開きですらなかった。

でも今回は4ページ。ジュン君、綺麗です。とても綺麗。パンツも可愛いわ。

記事タイトルは「絶頂フレーズ Premium」

彼とのキスやペッティングの写真(16カット)に

「彼の言葉」がちりばめられているのですが

ジュン君が自分の気持ちで撮影中に言った言葉なのか

ライターが記事のために書いた言葉なのかはまったくわかりませんし

第一それをジュン君の息遣いと共にジュン君の肉声で聴けるわけではないので

かえって欲求不満が高まるわね・・・
(言葉としてはごくごく単純でありがちなモノです。
 「ずっとこうしたかった」っていうのは良かったけど。
 あの声で言われたらいっちゃうわね。)

と思ったら

記事の末尾に

読者モデル募集 ですって。心臓止まるかと思ったわ。以下記事抜粋。

あなたも「絶頂フレーズ Premium」に出演してみませんか?
人気AV男優と共演できるチャンスです。
我こそは!という方は、氏名、年齢、住所、職業、意気込みを明記し、
顔のアップの写真と、全身がわかる写真を添付しご応募ください。
尚、顔出しなどは考慮して撮影します。
※小田切ジュンさんへのファンレターは編集部宛に送っていただければ
 ご本人にお渡しします。


ですって。

どういうことなの?!

「絶頂フレーズ Premium」って、ずっとジュン君が担当していくコーナーなの?!
(問い合わせ中。返答があったら発表します。)

ジュン君がお相手なら出たい!
でもそれにはダイエットが必要ですのですぐにというわけには参りませんわ。
(で、ぐずぐずしてるうちにきっと死んじゃうwww)
あ、全身脂肪吸引という手もあるわね。
(で、失敗して死んじゃうwww)
無駄に見ず知らずの医者をもうけさせるくらいなら
そのお金をそのままジュン君にあげたほうがいいわ。
と、妄想は果てしなく暴走するのでした。


それにしても、雑誌って、ずいぶんコスト高ですよね。

DMM月額動画ですと、たとえばh.m.pなら、このブログで紹介してるだけでも120本以上あり、
600円分に換算すれば40本以上見られるということになります。

記事は確かに「最新のジュン君映像」ではあるでしょう。

AVは撮影からリリースがほぼ4ヶ月といいますから、
発売日に手に入れてみたとしてもそれは「4ヶ月前のジュン君」ですが
この雑誌は「せいぜいひと月以内のジュン君」のようですしね。

でも、「最新」という意味では、女性向けAVサイトPeach Joyの「ジュン君なう」なら
オンタイムだったし、だいいち無料でしたよね。
(3月1日にはPeach Joyでジュン君が出演するオリジナル作品が配信されるんですってね。
 1980円の月額見放題で。もちろん買います。楽しみだけど不安でもあるわ。
 わたくしツイッターもできないのにちゃっかり質問はしたの。没覚悟で
 自分でもどうなのよって思うことを結構きいちゃったからやっぱり没かもwww)

コストと実用性という観点からならやっぱり月額動画でAVを観るのが一番ですわ。

インタビュー記事だって、ほんとにジュン君がそう言ったのか、
ほんとに言ったとしてそれは本音なのか、わからないじゃない?
証明なんかできないし、結局は自分がそれを信じるか信じないかなのよね。

信じられるかどうかは、ほかの記事とか、広告も含めた雑誌全体の印象とか、

ユーザー対応のありようにかかってるわけなんだけど

それがちょっと・・・信用しきれない感じなの。あくまでわたくし的にだけど。
(だから取り上げてもらうこと自体、
 ありがたいようなありがた迷惑なような複雑な心境なのよね・・・
 でも載ってれば絶対買っちゃうんだけどね・・・)

ま、今はともかく、問い合わせへの対応を待ちますわ。

文使いをしてくれるのは本当にありがたいんですけどね・・・

ほんとに粗相なく届けてもらえるならね。

こちらは信じて託すしかないわけでね。

だってほかに窓口が全然ないんだから。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

私は余裕でレジに出しましたよ(^-^;)

まぁ息子達の本と一緒に…カモフラージュでね。でもアホ店員が袋に入れる時思いっきり前面に“キス上手な女になる”の文字が…レジ行列だったからさすがに恥ずかしくなりました…

子連れでなんちゅう特集の雑誌を(^-^;)って気分でした。


読者モデルのやつ!私も心臓が(゜ロ゜屮)屮☆

私、身の程知らずになって真剣に考えてしまった…

Re: よこりんさんへ

ね~考えるわよね~絶対!
でも問題は興行主が本当に信頼できるところなのかってことよ・・・
だいたい募集に住所・氏名って絶対に必要なものとは思えないのよ。
ハンドル名とメールアドレスで便宜的には充分なはずじゃない?
なのに住所・氏名を要求する。なんかもうこの時点で、
ほんとに読者モデルのプライバシーを尊重してくれるとは思えなくなっちゃうのよ。
下手に住所・氏名を握られたら大変なことになっちゃうような気がして仕方ない。
そこがクリアされなかったらわたくしできないわ。
だいたい住所氏名なんかより、健康状態のほうがよっぽど重要じゃない?
指定の病院で所定の検査をしていただきます、
みたいなことが書かれてれば信用もする気になるけど。
とにかく、ジュン君が得体の知れない読者モデルに病気をうつされることだけは
断固避けてもらいたいわ。(性病に限らずですね)
なんかもう、雑誌全体を眺めて、これはちょっとどうなのよって気持ちが強いの。
せめて誠実なユーザー対応をしてくれればまだしもなんだけど、
今回の問い合わせに対しても、相変わらずなしのつぶてだしね。

でも
とりあえずダイエットはするわwww(前にもそう決心した気がするけど・・・)
新宿とかでニアミスするかもしれない日のためにも!
(去年の2月に行ったきりなんだけどねwww)
ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。