FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからキライよSOD・2010後編

月額SOD協賛メーカーら2010年にリリースされたVのうち、
長文の批判と非難にならざるをえなかったものをまとめました。
ご気分の悪くなりそうな方は速やかにこのページを離脱してください。



身長182cm内田真由×身長135cm江川小春 究極の身長差Wアクメ
げてもの。それ以上言いようがない。
メイン女優は内田さんという身長182センチのひとで、
巨人特有の歯並びが若干の違和感があるものの個体で見ればAVの中では綺麗な部類。
綺麗に支度をして、ジュン君が相手をすれば、ダイナミックでゴージャスなプレイに
なったかもしれないけど、あいにく凸凹4Pという珍獣見世物大会みたいなプレイで撃沈。
内田さんにはわざと背の低い男優さん(ありていにいって見やすくはない)があてがわれ、
ジュン君の相手は江川小春さんという小さい人。
(今、人として言ってはいけないことを言わないようにするので精一杯のわたくし)
プレイは2カップルのシンクロ展開。ジュン君が小春を人形のように扱うのはいいとしても
抱き上げてのキスもちっとも美しくない。逆さに抱いてのクンニも。でもこのペアはまだましで、
気の毒なのは内田さん。ジュン君が小春さんにしてるようなことを、
内田さんは相手男優にしなければならないわけ。女が男優抱き上げてってなによ・・・
女がジュン君以上の力技を強要されるのがほんとに痛々しかった。
小春さんのことも、ジュン君からそのまま渡されて逆さ抱っこして、2人でクンニするの。
なんかもううんざり。どこに目をやっても画的にグロテスク。

起きているのは俺と女友達だけ、周りには酔い潰れた友人たち、さてどうする?
ジュン君トリ。女の嘘よがりがウザイ。ブス度は低いけど歯並びも気になるわ。
ジュン君のパイン柄ハーフパンツがパジャマっぽい。男2人女3人で女の部屋で飲み会。
いかにも冷えてなさそうな箱入り缶ビールをジョッキで飲むのが異様。
こういう時は樽で買うものじゃないの?話題からして同じゼミの連中らしい。
とはいえこの連中のバカ丸出しな、てにをはさえも怪しい貧しい会話を聞いていると、
心底無駄な大学が増えすぎていると思うわね。
大学は学問研究の場で、そういう志がない者が行くところではないんだから。
モラトリアムはフリーターをしながらでもやってなさい、と言いたいわ。
旧帝大と2・3の私学以外は全廃して、丁稚奉公や職人の徒弟制度を復活したら?
ジュン君以外の男は太ったオタク風。服も秋冬もので、真夏仕様のジュン君とはえらい違い。
ジュン君とサヤはなくなった酒を買出しに行かされ、
戻ってみるとみんな酔いつぶれて寝ているというありさま。
ベランダに出て「シュウカツはどう?」とジュン君に訊くサヤ。
「全然だめだよ。たぶん田舎に帰って家の仕事を手伝うことになると思う・・・」
「おうちは何をしてるの?」「ん?煎餅屋」(!)ここ新鮮ですね、煎餅屋のジュン君。
「彼女と結婚は?」「ないな。3年付き合ったけど幼稚でさ・・・別れると思う。サヤは?」
「私も別れちゃった」というわけでなんとなくHする二人。まったくわからない・・・

一億円のバスト 仁科百華
一目見て、これはひどい、と思ったわたくし。
肌はキレイ。おっぱいは大きい。でもこのはちきれそうな顔は・・・
良く言って田舎の普通女子。(今理性を総動員してこの表現にとどめた)
でも顔以上に不快だったのは
「自分はアイドル」という思い込みとソレを鼻にかけた態度。
自覚のないブスの典型で、女子には憎悪されるタイプね。
プレイは面白くもなんともない。ただただ見苦しく腹立たしい。
なのにジュン君たら、「その辺にいる子とは全然違う」とか言うのよ!
「姿勢がいいね。育ちがいいのかな」とも言ってたわ。いいわけないでしょう。
「一億円のバスト」と言うタイトルは胸に一億の保険をかけたということなんですって。
どういう査定を受けるの?素朴に不思議。本人は掛け金さえ知らないんですってwww。
きっとどういうときに保険金が下りるかも知らないのね。まあ信憑性はゼロだわね。
そのくせ自信たっぷりで「一億円かけていただきました」は笑止千万。
他の巨乳女優に比べて取り立てて優れているようには思えないわ。
また、この腹でウエスト58とはずうずうしいにもほどがある。
レビューでは可愛いという高評価の男が多くて仰天し、男女間の美観に関する深い溝を実感。
もちろん「ドブス」という評価もあり正気の男がいることは確認できたけど少数派ね。
夫は幸いにも「正気」の部類らしく、「この顔では立たない」と激怒、
ここに至るまでに夫の許容範囲外の物件が続いてしまったベースもあって、ついに
TSUTAYA DISCASでのAVレンタルをやめさせられる事態に発展。それは別にいいわ。
だってDMMで出演作を調べさせてもらっていてTSUTAYA DISCASで借りるなんて
やはり道義的に間違っているものね!ジュン君とはDMMで会うからいいわ。
それにしても、10年の下半期デビューで既に369タイトルとはすごい。(2012年2月3日現在)
巨乳ブスはやはり非モテ男にはツボと見えます。
そういう人達には、セックスの質はボディパーツで決まるのではなく
全体の流れで決まるんだってことがきっとわからないのよね、実際にやってないから。

元ミスマ○ジン 芸能人ほしのあすか AV Debut
この人はよくわからない。
見た目は発育不良のコドモのよう。胸は全くない。やせこけたからだ。肌の質は悪そう。
くすんでいて、所々にかさぶたのあとが。手足、尻から腿の後ろはもちろん、なぜかへそ下にも。
なんなの?歯並びも悪く、貧民街の少女という感じ。
麦藁帽子とコットンワンピという古典的少女スタイルには違和感はないが、
真面目そうでひたすら地味でダサく少々不潔な感じ。
優等生的な受け答えは、感じがいいようでどこかはなにつく。
異常なほど恥ずかしがるが、だったらなぜグラビアやAVをやるのだろうか。
恥ずかしがるくせにひたすら(この)容姿を換金して生きているのが理解できない。
見せたいのか見せたくないのかハッキリしろ、と言いたい。
気味の悪い少女オタクに絶大な人気があるのかしら・・・そういえばDMMでは
なぜか非常に長期にわたって単品動画のストリーミングが2980円の高値を保っていたわ。
レンタルで失敗した後、これを月額動画で見て、
つくづくセルを購入しなくて良かったと思ったわ・・・
だってプレイ的にうまみがなかったんだもの。

ジュン君のプレイは約40分でトリ。あすかはスク水でベッドに。
ジュン君はマリア・エリヨリのVで着てた気がする緑と黒のボーダーT。
じっとじっとみつめて、唇を合わせるだけのキス。
「今度は目を開けてて」と少し舌を使って2度目のキス。がちがちのあすか。
背中に回っていつものポーズ。胸を触り、
中に手を入れて乳首をくすぐるのをずいぶん長くやってから、
みていい?ときいて胸中央に布を寄せようとするけど、乳房がなさ過ぎてダメwww
左の陥没乳首はひと吸いで出てきたけど、ファックしているうちにまた陥没しました。
前戯はこのあとちょっとクロッチに触って、水着越しにちょっと舐めて、
もう入れてしまいました。直クンニも指入れもフェラもなしですよ・・・
前からゆっくり入れて、動き出すと痛そうに顔をしかめるあすか。
ひいひい半泣きになり、腿が痙攣。
接合部を見せるためお尻を上げさせると、水着がぬれていたから、少しもれたのかもね。
ゆっくり抱き起こして座位。初めて自分から「気持ちいい」ともらすあすか。
そのまま騎乗させると一生懸命腰を前後にゆするのが意外。
下からお手玉のように弾ませるジュン君。ひいひいいうあすか。
背面騎乗にすると顔をしかめつつ恥ずかしさでにやけるあすか。その後バック。
ここで始めて水着を胸下まで下ろす。
激突きされひいひいいいながら腕を踏ん張ってこらえるあすか。
前に直り、水着を脱がされて最後のチャージ。あすか悲鳴。胸に出し掃除なし。半べそで放心。
3プレイ目で慣れた所で、純粋にセックスを楽しんでくださいとか監督は言ってたようだけど
そんな風にはまったく見えなかったわ。慣れない事してアソコもすっかりお疲れだから、
(初プレイのピエールさんに指を使われて泣いたし2番手は笹木さんだったし)
最後はもう最低限のファックだけをしてあっさりさっさと終わりましょう、って感じよ。
でもアソコがお疲れなら、逆にもっと濃厚な全身への愛撫で
癒してあげた方がよかったんじゃないの?
って言ってもこのお肌ではそんなにいろいろしてあげてほしくないんだけどね。
これほどいろいろ痛い目にあっても最後はハキハキと
「今後もがんばるので是非是非応援よろしくお願いします」と言う意図が理解できない。
(結局、恥ずかしがりではないんじゃないの・・・?)

第3回シンデレラオーディショングランプリ きもちぃ~の教えて下さいっ 海老原ひとみ
オープニングの、無邪気さを意図していると思われるまぬけ顔
(ポーっとした目、唇はすぼめて突き出し気味に半開き)に殺意さえわいたけど、
受け答えは意外にも不快ではなかったわ。もちろんぶりっこと言えばぶりっこだけど
ギリギリ許容範囲でした。この受け答えのかわいさで勝ち残ったのかもしれない。
(最近は日本語をまともに話せない手合いが多いからね・・・)
ジュン君と沢井君はオイル3P。ひとみさんは白ビキニ。
ジュン君のパンツは黒地に白の葉っぱ模様。
「海に行ったらいろんなとこガン見されちゃうでしょ」って沢井君にお世辞言われて
「ハイ」だって。(爆)しょってるわ~ありえないから。
これで『受け答えが可愛い』発言は完全撤回ね。
オイルをたらします。あったかいそうです。気が利くADがいたんでしょう。
キスはジュン君から。沢井君とキスしてる間にジュン君は乳首。ヒモをはずして両乳首舐め。
下も脱がせてジュン君が開き、指併用クンニ。沢井君は枕係兼ホールドだけど、
ジュン君のクンニ中、苦しい体勢で上体を傾け乳首を舐めてくれるなど親切。
ジュン君が指を使うと半泣きで、その顔が和田アキ子に似ていたわ。
四つんばいになって今度は沢井君の指をうける。立たされて、片足上げでジュン君がホールド。
沢井君ベッドに寝そべり下から指を入れて潮を受けます。しかも済んでから下からクンニ。
そこまでしますか・・・。ひとみをひざまずかせ、二人で胸にペニスをこすりつける。オイル追加。
乳首を舐めさせるジュン君。沢井君の事も舐めさせ腋でしごくジュン君。沢井君と69。
その体勢でWフェラ。見れば見るほど普通女子。
沢井君をフェラさせたままジュン君バックで入れます。ソロでまた割り。
「おちんちんすごい」とひとみ。そうでしょうとも。ひざをついて片腕とり。
沢井君に交代。両腕とりで立ちバック。ジュン君が寝そべりフェラ参加。
ジュン君に背面騎乗するひとみさん。つくづくお顔が・・・
沢井君ソロで背面騎乗。ジュン君フェラ参加。沢井君ソロで前から。ジュン君フェラ参加。
胸にフィニッシュ、掃除。ジュン君前から。沢井君が退場すると、ひじをつくよう指示。
「いっぱいついて、おねがい」とじっとジュン君を見るひとみさん。
なんですかその書いたような台詞は。ジュン君顔にフィニッシュ。
舌を出して受け、手をそえて掃除するひとみさん。
ジュン君の声かけは猫なで声でやたらに優しかったわ。
でも、オイルを使った意味ってあんまり感じなかった。あんまり頻繁にたらさなかったから
あっという間にオイル吸収しちゃって非常にてかりはハンパ。
って言うか、そもそも、ごく普通の寝室を明るくしてオイルプレイって・・・
監督、何考えてんのかしら・・・暗い内装の部屋で照明にも気を使わないと
オイルプレイの視覚的な意味って全然ない気がするんだけど。
ところでひとみさんて、「お嬢様」なんですって。
紹介文では「厳しい親のしつけのもと、華道・バレエと習い事に励み」とあります。
それでAVに出られた日には親も浮かばれないわね。19歳の短大生なんですって。
受け答えを聞いていると、たしかに育ちは悪くはなさそうだけど
令嬢系ではなく明らかに婢系。10月にデビューリリース、翌年1月にはもう引退。
撮りおろしわずか5本。撮影期間は実質6月から9月?短大1年生ひと夏の思い出って所?
レビュー等の視聴者反応も薄いけど、売れないから引退というほど長くやってないしね。
予定の引退なのかしら。いっぺん、スゴイセックスをやってみたかったのかしらね。
番茶も出花の時期にベタぼれの彼氏もいないから、
そういう思いがよぎっちゃったのかしら・・・でも普通は実行しないわよね。
いくらもらったのかしら。それでプチ整形でもするのかしら。
謎は深まる・・・

バレないように彼女の親友と 3
この不快感をどうすればいいのか。お相手は醜い上に汚い山姥系化粧。
前フリドラマはバカ過ぎてウザ過ぎ。最低。激萎え。
クラスに男子一人だけのジュン君。バカらしい設定。アキノリだから仕方ないのか。
ジュン君のワイシャツにアイロンをあてたい。
山姥ミイはひそかに隣の席のジュン君を思っていたのだが、
前の席のアヤ(山姥ではないが美醜レベルは同等)に抜け駆け告白されショック。
ジュン君の「消しゴム忘れた」との独り言を聞き逃さず、消しゴムを貸そうとするも、
アヤに先手を打たれ歯噛み。
手作りのお弁当をジュン君に渡して盛り上がる二人にイラついて退席。
ここでお弁当を差し出されて「ちょーうれしんだけど。ちょーうまそうじゃん。」てジュン君・・・
言葉使いがバカみたいね・・・(泣)。
ある日一人で屋上に向かうジュン君を追うミイ。
「なにしてんの」「ぼーっとしてる」ってガリガリ君ソーダを食べているジュン君。
うちの下の子もこれが好きです。
「何食べてんの。ちょーうまそう。」乙女は死んでもこんな言葉遣いしませんね好きな人に。
「一口ちょーだい」とずうずうしいミイ。
「え・・・でもコレ一本しかないし口つけちゃったし」って言われたら、
ああイヤなんだなって退きなさいよ!それをずうずうしく「いいから」と押すミイ。
あなたがよくても相手がやだって言ってるでしょ!
こんな人には「汚いからやだ」ってハッキリ言ってやって欲しいわ!
いかにもしぶしぶ差し出され、かじって「ちょーうまい」っていう女子、この世に存在する?
しかも、「食べないの?」と自分のかじりくちに口をつけることを強要するミイ。
「もうそれ、やるわ」とはき捨てて欲しい。しかし従うジュン君(泣)。
その後屋上のコンクリート床にじかにごろりと横になるミイ。ありえない。
「ひなたぼっこだよ。気持ちいいから小田切君もおいでよ」ってバカ!
夏服の時期になにがひなたぼっこなのよ!だいたい最初から日向に立ってたでしょ!
パンツ見せ作戦ならもうちょっと考えたら?!しかし従うジュン君(泣)。
「気持ちいいね」って頭も体も痛いに決まっているし熱いに決まってるし日差しも暑いでしょ。
「いいたいことがある」と思わせぶりにジュン君の腕にからみつくミイ。
アヤがやってきてパッと離れ、「アヤもおいでよ」と悪びれないミイ。
アヤが寝るとまたこっそり手をつなぐミイ。
そのうち、下で誰かが告白をしているところをほかの生徒が見つけキャーキャー野次馬状態に。
野次馬に参加するアヤ。ジュン君に再び絡み付くミイに「言いたいことって何」と囁くジュン君。
「ここでは言えない」と返すミイ。すっかりいちゃついている二人。納得いかなーい!!
そしてアヤの目を盗んで物陰に手をつないで走っていき、告白するミイ。
「こんなこといったらいけないと思うけど」じゃあ言うな。
「小田切君のことが好きなんだ。だからもしよかったらつきあってほしい」いいわけないでしょう。
アヤと別れてくれってこと?二股しろってこと?
もしよかったら、って、どの面下げていっているの!
控えめな振りして、これほど図々しい言い草がありますか!
「でも小田切君にはアヤがいるし、無理だってわかってる。ただ、
自分の気持ちを正直に言いたかったから。早くアヤのところに行ってあげて」
・・・最低ね。何勝手にスッキリしてんのって感じ。
人に汚物を吐きかけて、ああすっきりした、ごめんね、って去っていくのと変わらないわ。
じっとミイを見るジュン君に「あんま女の顔見んなよ~あんたが行かないならあたしが行くよ」
と言うミイ。ほんとに、好きな人にこんな言葉使いする女子っているの?!
で、立ち上がったところで抱きしめられてキスされて。(ガックリと力を落とすわたくし)
「フライングだよ」「そっちが告白したんじゃん」と始めてしまう。
「好き?アヤより好き?」と卑しさMAXのミイ。「好き」と答えるダメ度MAXのジュン君。
まとめて死ね!
今回、鼻は舐めあう。しかし女の歯が黄ばんでいて汚らしい。憑依不可。

SODが地方で見つけた超美巨乳仲居さんを仕事中に職場でAV出演させます!
あいかわらずの「ザ・SOD なんちゃってドキュメンタリー」です。
監督は森上雅也さん。パッケージにはこうあります。
「皆様から頂いた様々な情報を元に、SODが女の子の働く本当の職場に!
それも仕事中に!!勝手に押しかけてAVデビューを口説きます!」
「実際働いている旅館で撮影した、ハラハラドキドキの過激映像満載!」
「SODはあなたの身近にいる「地方で噂の美人」情報をお待ちしています!
 そして全身全霊、AVデビューを口説きます!」
全て嘘です。しかもどこにも「フィクションです」という但し書きはない。
こういうのは単なる厚顔無恥。
だいたい、「全身全霊」でAVに出演するよう説得するってなんですか。
「全身全霊」という言葉を犯してます。
この言葉は、もっと本当に尊いことのために自分の全てをなげうって打ち込む、
というときにだけ、使うことを許される言葉なんです。
自分の全てを投入する、という覚悟もないくせに、
男達の劣情を慰める一時の気晴らしなんかのために作るこんな駄作の中で
女を不必要にさらし者にするような振る舞いに使って良い言葉じゃないんです!
自分達がやっていることがいかに下卑ていることかを
きちんとわきまえて言葉を選びなさい!
間違えないでくださいね。
わたくしは断じて「AVは総じて下卑たものだ」と言っているわけではありません。
このVが下卑た駄作だと言っているだけです。

だいたいなにが全身全霊なわけ?その説得のお粗末極まりなさったらないんですからね。
言葉は足りないわ、拙いわ、熱意はないわ、ただ地味にしつこいだけ。
それで「夢を応援したい」ですって!(嗤)
一応、話の筋はこうです。
仲居歴4年の矢野優子は田舎旅館の一人娘で、武者修行(嗤)のためよその温泉旅館で
仲居として働いている。実家は不況のため潰れる寸前、矢野が仕送りしている状況。
仲居の給料ってものすごく安そうだけど。全部送ったとしても
旅館の維持費にさえならないと思うけど。まあ旅館によるか。
いずれにしろ武者修行というより単に口減らし兼出稼ぎでしょ。で、
「お金をためていつか実家を継ぎたい」んですって。これが「夢」なわけ。
仕送りしてるってだけでもありえないけどそのうえでお金をためるなんて無理ね。
旅館再建のために一体いくらいると思ってるの?仲居をしてたんじゃ一生無理ね。
こんなことどんなおめでたいバカ娘でも考えやしないわよ。下手な作り話だわ。
で、AV出演してくれればたくさんギャラをあげられるから、
矢野さんも助かるでしょ、っていうのが「口説き」の趣旨なわけ。要はおためごかし。
でも金額は絶対言わない。だいたい数百万のオーダーじゃ仕方ないんですからね。
それで旅館の再建のために何ができるのって言うね。
そんなの災害にあって100円寄付されるようなものよね。
でもまあこれで、「じゃあ出ます」ってなるならまだ良かったのよ。
バカみたい、とは思うけど、まあ許せたわけよ。でもそうじゃない。
渋る矢野さんにうんと言わせるため、撮影隊は
隠しカメラで矢野さんがお客を手で射精させてあげる現場を撮って強請るの。
強請って脅して「力になりたい」って理屈はないでしょ!
こんな卑劣なことして「全身全霊で説得した」って嘯いてるのが赦せないの!!!
こういうことするからSODのドキュメンタリー風Vって大っ嫌いなのよ!!!
「無い知恵絞って手段選ばず強要した」って言うべきところでしょ!!!
森下監督、わかった?!言葉には気をつけるように!!

だいたい「不況でお客さんがいなくなって」って言うひとって、
決まって負け犬なのよね。自分で全然、営業努力してないのを認識してないの。
商売人として恥知らずよね。そんなことだからお客さんがいなくなるのよ。
だから矢野さんの実家には全然同情できないわ。はっきり言っていくら資本投下しても無駄よ。
今回の撮影現場になる旅館の旦那も下品で貧乏臭い汚らしいおじさんで、
やっぱり同じこと言うの(嗤)。「SODスタッフ」はこの舞台になる旅館に、
最初、「今タダででPV作ってるんですけど」って売り込んで、
そのPV制作のため、と言う名目でこの旅館に滞在するわけ。でも、
こんなにあからさまに怪しいバカ売り込みをしかけるのも、見る人間をバカにしきってるわよね。
だいたいPVつくりの撮影って普通1日でしょ。それを矢野さんがうんと言うまで
まるで1週間以上も口説き続けました、みたいなプロット入れてるのってバカじゃないの?
そのあいだタダで泊まって飲み食いしてるわけ?迷惑なwww
SODっていっつもそう。ドラマとして見ても矛盾だらけで、
お客が見て「バカじゃないの?」って思うようなのを
平気で作るってどういう神経なの?もしかしてこれを見るような人間は、
このVの話の流れに何の違和感も覚えないだろうと思ってるの?
それほど視聴者をバカにしてるわけ?
それとも作っている側がこの話のありえなさに気付けない人達なわけ?
(あ・・・そういう視点はなかったなあ・・・今まで、
 あくまでも「作っている人の知能は人並み」という前提でいたから憤ってたけど・・・
 でも、商品は出来がすべてだからね。
 馬鹿が作ったからダメでも許されるべきって言うのは変。)
とにかく始めの28分は完全に無駄パート。見ないほうがいい。

狂おしいほどリアルなSEX 原紗央莉
「究極のAV、まさに芸術」という売り込み文句はまさに噴飯モノ。
究極の消化物件よ。

このひとはせっかくぽってりした形のよい唇をしているのにキス受けが悪い。
自分に目力があると思い込んでいるらしく、キス中男の顔をみつめるのも、
こうキス受けが下手だと卑しくばかばかしいだけ。
はじらいの演出と思われる上目遣いも性格の卑しさと下品さしか感じられず、逆効果。
やってる間、一応声は出しているが、表情にまったく動きがなく、
顔(特に眉間)はお面のようにぴんと張っているため、よがっているようには到底思えない。
イクといわれても白々しいだけ。実は相当鈍感なんじゃないの?それくらい顔をピンとさせてる。
社員モノの「北乃めぐみ」ほどではないけど、フェラ中のウンウン声が不快。
フェラ中女にウンウン言わすのはSOD共通のメソッドなの?しかも下手。
勢いだけで、愛が感じられない。終わったとたんに掃除をファック前より勢いよくやる。不快。
バカじゃないの?全然そういうテンションのプレイじゃなかったでしょ!
おなかの脂肪もどうなのよって感じ。ファック中も、二重顎を隠すためなのか
こぶしを顔に添えるという古典的ぶりっ子ポーズを多発、実に不快だったけど。
自分をよほどの美女と勘違いしてるだけの女が、私って綺麗でしょ、と言っているだけのV。
綺麗じゃないし。確かに顔はAV女優としては整っている方かもしれないけど、
プレイ内容がお寒すぎてまったく使えないわ。用のないひと。
波王Dだったけど、ジュン君をちゃんと撮ってくれてないのでこのVはまったく無意味。
(SODが「究極のAV、まさに芸術」なんて大バカな誇大広告を打たなければ、
 わたくしもここまで激怒しなかったと思うわよ・・・
 普通の消化物件という評価ですんでいたことでしょう。)


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
現在の閲覧者数:
これまでにご訪問されたお客様数
プロフィール

箱入り奴隷妻demi

Author:箱入り奴隷妻demi
1965年生まれ。
夫と二人の息子を持つ
専業主婦。
2007年秋にジュン君と出会い
恋に落ちる。
以来ジュン君に逢うため
AV漬けの毎日。
モットーは
「そこにジュン君が出ている
限り、どんなものでも観る。」

カテゴリ
最近の記事(新着順)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア広告
RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。